宗四郎山
Mt.Soshiro
そうしろうやま
標 高
1,510m
所在地
埼玉県/群馬県
日 程
2014年5月17日(土) 天気:晴れ
コース
小倉沢駐車地(7:32)→赤岩峠(8:24)→雁掛峠(8:52)→六助ノ頭(9:32)→宗四郎山(9:59-10:25)→六助ノ頭(10:42)→雁掛ノ頭(11:00)→雁掛峠(11:20)→赤岩峠(11:54)→小倉沢駐車地(12:35)
コース図
駐車場
小倉沢林道脇
温泉他

山行記

5月となり山は風薫る新緑の季節を迎える。私にとっては本格的なシーズン到来といったところだ。
そこで2月の大雪で足が遠くなっていた秩父の滝谷山に行ってみたい。その名もほとんど知られぬ埼玉県(武州)と群馬県(上州)の県境尾根、上武国境稜線とも呼ばれる稜線上に位置する訪れる人もほとんどいない埼玉でも最奥の寂峰である。
アクセスの面で、この山を日帰りするのは簡単ではない。また、熊の出没も聞かれ、容易に人を寄せ付けない危険なオーラが漂う。だから行ってみたくもなるのだが、このような山深いところは今のような暑くなる前か、見通しの効く晩秋の時期くらいしか歩く気が起こらない。
埼玉からの日帰りルートは鎌倉沢から南天山に登り、そこから尾根伝いに滝谷山まで目指すくらいしかないだろう。
南天山までは道も整備されており、そこから尾根伝いに滝谷山を目指す。以前、南天山を歩いた時の感じから、歩き始めて駐車場まで戻ってくるのに少なくとも7〜8時間は掛かりそうでタフな歩きになりそうだ。

出来るだけ早く歩き始めるために、早朝から現地に向かう。
登山口である鎌倉橋へ向かい中津川林道を走るが途中から未舗装路に変わる。落石を注意しながらのガタガタ道での走行はいつもながら疲れる。隣を流れる中津川渓谷に残る雪渓を眺めながら、車を走らせるとじきに鎌倉橋に到着。この日は風が強く肌寒くて少し冷えるが、歩き出せばすぐに暑くなるだろう。準備運動して登山口へ向かうと、なんと登山道が通行止めで封鎖されている。大雪の影響で道が崩壊しているとの事。
う〜む、どうしようか、しかし通行止を無視して進む気などは更々ない。このルート以外では三国峠から滝谷山をピストンできるが、中津川林道も先で通行止なので残念だが諦めよう。
もっとも中津川林道が開通していたとしても自家用車で三国峠まで登る気もないが。。。(^_^;)

しかし、ここまで来て、むざむざとは帰れない。代わりに違う山へ行こう。実は以前から懸案になっていた白泰山へ向かうルートの登山口がここからすぐのところにある。 前回、片道8km程歩いて山頂まであと50mの所で雪のためにリタイアした忘れられない山だ。いつかリベンジを果たそうと考えていた。
そこで、早速、車で向かうがなんとこちらも封鎖されていた。。。
大雪の影響は想像以上だ。折角ここまで来たのだからと、地図を眺めてどうしたものかと考えあぐねていると、以前、南天山から見えたピラミッドのような秀麗な山が思い浮かんだ。宗四郎山という名の埼玉県と群馬県の県境に位置する訪れる人の少ない寂峰である。 昨年、赤岩岳と大ナゲシに行った時に行きそびれた山である。前回は小雨がぱらついたが、本日は天気もいいし展望が楽しめそうだ。
そうと決まれば、時間がもったいない。一刻も早く登山口のある小倉沢へと向かうが、その道すがら擁壁に掛かる落石防護用のワイヤーネットはクシャクシャになっているし、大木は倒れているし、谷筋には残雪がうず高く積もっている。大雪の傷痕が至る所で見られる。

さて、昨年大ナゲシに登った時と同じ所に車を停めて登り始める。こちらは雪の心配もなく、新緑のなか、小一時間も登ると赤岩峠に到着。
ここは埼玉県と群馬県の県境。ここから県境尾根を西に向かい宗四郎山を目指す。 ここまでくると独特な岩峰の赤岩岳、大ナゲシは近いが今回はパス。 宗四郎山まではアップダウンが続く痩せ尾根。時折、岩場も現れ群馬県側は切れ落ちており気が抜けない。稜線上は風が強く長袖1枚では寒いくらいだった。
そんな肌寒いなかを1時間半程歩くと宗四郎山の基部にたどり着く。突然、周りが開けて奥秩父の山々が一望のもとに見渡せるようになる。基部から山頂まではちょっとした岩場が続くが、それ程の傾斜ではなく登り始めると、すぐに山頂にたどり着いた。

なんとも爽快な展望が目の前に広がる。思わず、おぉと声を上げる。
四方を山に囲まれた山頂はひっそりと静かで、ポツンと忘れ去られたような佇まいは寂峰の名がふさわしい。
咲き遅れたアカヤシオや展望を楽しみながらゆったりとした時間を過ごす。何故だか山頂ではお香の香りが漂う。この匂いには何とも言えず癒される。下るのが嫌になるくらい気持ちのいい山頂である。それにしてもこの匂いの元は何なのだろうか。

さて、時間的、体力的に余裕があれば、さらに県境尾根を西に進んでみたい気もするが、ここまでアップダウンの繰り返しで、復路のことを考えると先に進む気も起こらずそのまま引き返すことにした。 少しばかりのブランクのせいなのか、久しぶりに筋肉痛になってしまったが、上武国境稜線ならばこそであろうか。
なかなか歩き甲斐のあるコースだった。
今日、歩き損ねた鎌倉沢からの滝谷山はしばらくは無理だろう。
次は東京側の県境尾根でも歩こうかな。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

当初予定していた鎌倉沢から南天山へ向かうルートは歩道崩壊のため当分の間、通行禁止とのこと。無理してもしょうがないのでここは諦める。
代わりに宗四郎山を登るべく日窒鉱山を抜け小倉沢林道(金山志賀坂線)の空いたスペースに駐車する。まずはここから赤岩峠を目指す。
廃墟となったニッチツ鉱山の従業員用の住居跡を抜けて登山口へ向かう。

登山口に到着。風は強いが晴天にも恵まれ、右側に赤岩岳もはっきり見える。
始めは涸沢沿いを緩やかに登っていく。去年は存在していた東屋が完全に潰れているが、これも大雪の影響だろう。
植林の中を20分も登ると広葉樹の新緑が広がりだし、ツツジも目につくようになる。

新緑

植林を抜けると少しだけ支尾根の上を進む。
しばらく進むと支尾根の前に巨大な岩壁が現れ、そこを右に巻くように進む。続いて赤岩峠まで広い谷間を九十九折にひたすら登る。
下を見ると単独のハイカーさんが登っている。ヘルメットを背負っているから赤岩尾根に向かうのだろう。
程々に汗をかき始めた頃に赤岩峠に到着。ここは埼玉県(武州)と群馬県(上州)の県境。
ここから東方面は赤岩尾根から両神山へ続くエキスパートコース。本日は県境稜線(上武国境稜線)を西へ歩いて宗四郎山を目指す。

赤岩峠からいきなりの急登。この稜線は岩場もありヤセ尾根で気が抜けない。
宗四郎山までキツイ傾斜のピークが連続する。稜線の右側が群馬県、左側が埼玉県
所々で咲き遅れたアカヤシオを見れたので少し得した気分である。ミツバツツジはこれからが見頃だろうか。
稜線を登り詰めた所が大ナゲシへ向かう稜線との分岐。大ナゲシはパスするので、そのまま県境稜線を進む。

大ナゲシとの分岐から下ったコルが雁掛峠。
この峠には石祠がある。昔はここを通り上州と武州を行き来していたのだろうか。
雁掛峠を抜けたところに唯一枯れたスズタケが現れたが歩行には全く問題ない。
大ナゲシとの分岐から先は訪れる人も少ないと思われ、テープの類もほとんど目に付かなくなるが、トレースははっきりしている。
稜線の右側(群馬県側)は切れ落ちており、木の根も露出しているので、足元を注意しながら慎重に歩く。

この稜線は急斜面のアップダウンが連続するが結構辛い。

樹間から宗四郎山の独特なピラミダルな山頂部が見えてきた。
いくつかピークを越えて六助ノ頭へ続くキツイ登りが始まる。
コルから150m程度の登りであるが、ここが一番辛かった(^_^;)
斜面で止まっているだけで、足が攣りそうになる(泣)

六助ノ頭でしばし休憩。

折角登ったのに、また急斜面の下りとなる。六助ノ頭から下ってすぐに行く手が2つ分かれるが右手へ進む。
左側(写真正面)のほうが防火帯のように刈り込まれて開けているので、紛らわしいが気を付けないといけない。
帰りが辛いな〜、などと考えながら斜面を慎重に下る。宗四郎山とのコルから食害防止のネットが張られている。

ここが宗四郎山の山頂部の基部。山頂まで真っ直ぐに岩場が続くが、写真左側に巻き道もある。

巻き道は正面の岩とネットの間を進む。

岩場はそれほど急ではなく足場もしっかりしているので、そのまま岩場を進んでみた。
見た目よりも登りやすい。
基部から山頂までは50m程度。岩場を楽しみながら慎重に進む。なるべく下は見ないように。。。(^_^;)
それにしても基部にいた時からお香のような匂いが漂っており、なんとも心地よい。

周りも開けてきた。歩きてきた方向に目を向けると、大ナゲシや赤岩岳の独特な山容が目に付く。
山頂が見えてきた。トラロープがぶら下がっている。