皇海山
Mt.Sukai
すかいさん
標 高
2143m
所在地
群馬県/栃木
日 程
2014年9月14日(日) 天気:晴れ
コース
銀山平駐車場(4:00)→一の鳥居(4:45)→鏡岩(5:11)(3min休憩)→庚申山荘(5:48)(10min休憩)→庚申山(7:01)(5min休憩)→鋸山(9:06)(5min休憩)→不動沢のコル(9:41)→皇海山(10:30)(12min休憩)→不動沢のコル(11:07)→鋸山(11:44)→六林班峠(13:00)→庚申山荘(15:27)→一の鳥居(16:20)→銀山平駐車場(17:12)
コース図
駐車場
銀山平駐車場
温泉他

山行記

9月の下旬に毎年恒例?のアルプス縦走を控えているので、少し体を鍛えておかないといけない。
今年はロングコースを歩いておらず、北アルプスに備えて、少しスパルタンな歩きをしてみたい。そんな思いに駆られていた。候補はいろいろとあるのだが、今回のコースは今年中に歩きたかった。
その山は以前より憧れを抱いていた山深い足尾山塊の盟主といわれる日本百名山でもある皇海山。
アクセス的には群馬県側から20kmほど栗原川林道を進み、皇海橋から不動沢をさかのぼるコースが一般的で、歩き始めて6時間程度で往復できる。それ以外のルートによる日帰りは厳しいとされるため、ほとんどのハイカーが不動沢コースを歩かれるようだが、この栗原川林道は悪名高きというか、とんでもない悪路らしく、ろくな噂しか聞かない。車を傷つけたくないし、人が多いのは苦手なので、このコースは選択肢にはなかった。
私が狙うは栃木県側からのコースで深田久弥氏も歩いた庚申山から鋸山を経て皇海山に向かうルートである。
こちらのコースは庚申山荘に一泊するのが一般的で、日帰りするには 長い林道歩きがあり、総距離は25kmを超すうえに、アップダウンや岩場が続き、さらに長い笹薮歩きがあり、タフさが要求されるコースで、今まで二の足を踏んでいた。本来であれば日の長い6月くらいに歩くべきなのだろうが、益々日が短くなるので、歩くのであれば早めにしないといけない。

3連休の初日、天気も終日持ちそうなので、思い切ってこのロングコースをチャレンジしてみることにした。
14〜15時間は歩くことになるだろうと想定すると、日が短くなっているこの時期、AM3時か4時頃から歩き始めても、後半で暗くなることが予想される。 しかし、このコースは駐車場から登山口まで1時間以上の林道歩きとなるので、林道まで戻れれば暗くなったとしても何とかなるだろう。

前夜は23時過ぎまで眠れず、結局、1時間も寝れなかったのが少し心配だったが、歩けるところまで歩いてみようと、AM4時前からは歩き出せるように、家を1時半頃に出た。
高崎JCTから北関東自動車道へ進む。栃木・群馬の山に行くのは久しぶりである。 波志江PAでトイレ休憩を取り、伊勢崎ICから足尾を目指す。ICを下りてから長いが、渡良瀬渓谷沿いのR122を走っていると眠気も覚めた。予定通り2時間半ほどで駐車場に到着すると、先客がいて、その後にも車がやって来た。この時間に来るということは、皇海山の日帰り狙いなのだろうと、お聞きすると果たしてそうであった。

駐車場に戻ってくるまで、どれほど時間が掛かるか予想できなかったが、脚の調子も良く何とか暗くなる前に下山することが出来た。しかし、厳しいコースだった。特に鋸山から六林班峠を経て庚申山荘に戻るルートはなかなかハード。
この日は終日晴れていたが、途中で天気が暗転した場合、とてもではないが日帰りは厳しかったと思う。

あちこちと打ち身だらけになってしまったけれど、初めての足尾山塊、山深い雰囲気に触れることが出来た。

アルバム

AM4時前に15台程度は停められそうな駐車場に到着した。先客は2台。そのうちの1台はご年配の単独ハイカーさんで、ちょうど出発の準備をされていた。1時間程前に北関東自動車道の波志江PAで同じカラーと地名の車を見かけ、高速を下りた後もしばらく後ろについていたので、お聞きしたらその通りであった。するともう1台やって来た。こちらはお二人で若いご夫婦のようであった。
皆さん、皇海山の日帰りを狙われているようだ。 こんな時間にハイカーさんに会うとは思わなかったのでびっくりしたが、始めのうちは真っ暗闇の中での歩きとなるので、前後に人がいると少し安心する。
駐車場から庚申山の登山口となる一の鳥居までは4km程度の長い林道歩きである。 ヘッデンを点けて歩き始める。しばらくはご年配の方とおしゃべりしながら進む。日帰りできなかった場合は庚申山荘に泊まることを想定し、食料を多めに持ってきていると仰っていた。本日は長丁場。こちらも明るいうちになんとか林道まで戻りたいものである。 しばらくすると、ご年配の方に先に行くよう促されたので、それではと少しペースを上げて先へ進む。
林道を45分ほど歩くと庚申山への登山道となる一の鳥居に到着した。次に目指す庚申山荘までは2.3kmほどの緩やかな登りとなる。ここから漆黒の山道歩きが始まる。
久しぶりの夜間歩き。始めのうちは少し戸惑い、道を外れたところで、え!人骨?(多分、鹿の骨)があり、道間違いに気づいた(^_^;)
とはいえ庚申山荘まで参道になっているので道が分かり易い。そして、ルート上には赤と黄の標識が所々で木に取り付けられているが、特にこの区間の標識はヘッデンの光に反射するので、実は昼よりも分かり易かったりする。
右写真の左側の赤っぽい小さな点もその標識だが、遠くから認識できるので安心である。
40分も歩いていると空も急に明るくなりだす。
一の鳥居から1時間ほどで猿田彦神社の跡地に到着。ここから庚申山荘は200mほど。
庚申山荘に到着。中を少し覗いてみたが、誰も居ないようだった。ここにはチップ制のバイオトイレがあるので、早速使わせていただいた。なかなか快適(^_^)
次は庚申山を目指すが、傾斜もきつくなるようなので、バテないようにおにぎり休憩。
今日は25km超の長い歩きになる。ここに水場があるようなので、少しでも軽くしようと思い、水は3Lしか持ってこなかった。 早速、トイレの横にある蛇口から水を汲み出すと砂利が多く、これは飲めないなと諦めた。。。
ここで補給することを考え、以前の乾徳山のこともあったので、すでに1L近く飲んでしまっている。あと20kmほど残っているし、これからは本格的に汗もかくのに、2L強で足りるだろうかと考えると、急にテンションが下がってきたが、先にも水場ポイントはあるようなので、気を取り直して先へ進む。体の調子しだいでは鋸山で諦めるかどうかするか庚申山まで進んで考えよう。
歩き始めていきなり道を間違えた。道っぽいところに入り込むが怪しくなり、周りに見渡すと、上部にピンクのリボンが微かに見えたので、よじ登りルートに復帰。
しばらくは、このルートの見所でもある奇岩群が続く。

高度もかなり上がってきた。開けた所では袈裟丸山方面が綺麗に見渡せる。
このような梯子などを使って急登を進み、山巡りコースとの分岐を庚申山方面へ進む。
前方を歩くご年配のご夫婦に追いつく。庚申山荘に前泊されたとの事で、皇海山へは進まず、鋸山から六林班峠を周回するとおっしゃっていた。そして、山荘にて銀山平から皇海山の日帰りを目指すハイカーとお会いしたとのこと。その方は2時半に出発されたらしい。おそらく私の先行者はこの1名だけだと思われる。

歩き始めて3時間。7時に庚申山に到着。ここは展望が効かないため、そのまま通過。

庚申山から2〜3分程度のところに開けた所があり、北に広がる展望が最高!鋸山、皇海山がバッチリ見える。ここでおにぎり休憩していると、先ほどのご夫婦がやって来られた。以前、ご夫婦は皇海山を登ろうとして、買ったばかりの新車であの栗原川林道を登っている途中で、道端に落ちている石でタイヤを裂いてしまい、登山どころではなく散々な目にあったとの話をお聞きした。やはりこちらのルートを選択して正解だったかもしれない(^_^;)
ここから見た鋸山と皇海山は予想に反し近くに感じた。鋸山までの稜線はそれほど厳しくなさそう。そして、鋸山から皇海山の往復は標準タイムで3時間強となっているが、その程度の時間であれば往復できそうだ。ここで皇海山へ向かうことが決定した(笑)

写真右側に関東以北で最高峰の日光白根山が遠望できる。

東の方で真正面に見える山は太郎山だろうか。男体山は木の枝で隠れている。
次は鋸山を目指して稜線上を進む。この稜線は鋸十一峰といって、良く聞くような山名が続く。
所々で笹薮が続くが後半戦の六林班峠の周辺に比べれば、大したことはないと思う。
所々で鋸十一峰が続く。

南側の袈裟丸山が良く見える。300名山であるあの山にもいつか登ってみたい。
次の目的地である鋸山が見えてきた。鋸山に近づくと急なアップダウンが続き足に堪える。。。(泣)
歩き始めて4時間経過。踏ん張らないと。。。
白山の山頂。ここは開けていて、男体山が姿を現した。あの山もいつか登らねば。。。

そして、皇海山の巨大な山容が目前に迫る。足尾山塊の盟主といわれるだけに迫力がある。

男体山のアップ。手前に見えるのは山々の重厚感がすごい! 見慣れた秩父の山々とはスケールが違う感じである。

こちらは太郎山だろうか。手前の尾根は複雑に入り組んでいて、玄人以外はお断り的な雰囲気が漂う。

手前に見える庚申山から続く稜線の先にかの有名な中倉山があるはずだが確認できず。標高の関係でここからは見えないのだろうか。見たかったのだが残念。
さて、進行方向に目を転じると、最後の難関・鋸山の岩峰が聳え立つ。ひとまず観察する。写真中央の岩肌の左下に梯子が見える。そして、その横に鎖が渡してある。なるほど、岩肌の下部をトラバースして、岩肌の左端を登っていくようだ。今までとは道の雰囲気が変わり気合を入れる。
鋸山へはまず下らなければならない。足元を見るとこんな感じ。10m程の鎖が渡してある。
左写真は下から見た所。そして、右写真は岩肌のトラバース部。濡れていなければ特に問題はなさそう。
先ほど下った岩場を振り返る。そして、引き続き岩肌の左端を登っていく。

下ってきた岩場のアップ。岩場の右側に鎖が垂れているのが分かる。

今まで歩いてきた庚申山からの稜線を振り返る。
そして岩場を登り切って下を見下ろしたところ。斜面は急だがロープが渡してある。

岩場を登り切って前方を見るとまだまだ急登が続く(^_^;)
こんなハシゴを使い、際どい稜線を進み。。。
そして、一度下る。