杓子山、鹿止山、高座山
Mt.Syakushi、Mt.Shishidome、Mt.Takazasu
しゃくしやま、ししどめやま、たかざすやま
標 高
1,597.6m、1,632m、1,304m
所在地
山梨県
日 程
2014年5月31日(土) 天気:晴れ
コース
駐車地(7:40)→立ノ塚峠(8:40)→鹿留山(9:47)→杓子山(10:23)(昼食休憩)→高座山(12:08)→駐車地(13:05)
コース図
駐車場
忍野村内野コミュニティセンター
温泉他

山行記

昨年、茅ヶ岳でご一緒させていただいたinoueさんからお誘いいただき、富士山の展望が楽しめる杓子山に行ってきた。
正直なところ、始めに山名をお聞きした時にどこの山だか分からなかった。そこでネットで調べてみると、山梨県の富士吉田市、都留市、忍野村の境界に位置する標高1,500mほどの山で、富士山の眺めが良いらしい。
山歩きの途中で富士山が見えたりすると何故だか心が躍る。それだけでも得した気分になるが、今回は富士山の全景が間近に拝めるコース。
しかし、富士山を見て心躍るのは、あの威厳溢れる美しさから神聖なものを感じ取るからなのだろうか。自宅からも見えるが全く見飽きることがない。

さて、朝は5時半ごろに出発し圏央道、中央道と乗り継ぎ、大月ジャンクションから河口湖に向かう路上で、雲のない富士山が目の前に現れるとテンションも上がる。 本日のコースはinoueさんにお任せ。ルートをお聞きすると3つの山を稜線伝いに歩く周回コースとのことで、歩き応えがありそうだ。しかも初めての山域で期待も膨らむ。
雄大な富士山の景観を飽きるほど堪能しようではないか。ということで歩き始める。
今回はのんびりとしたハイキングコースと思いきや、急勾配の岩場もあるバラエティに富んだ歩き応えのあるコースだった。全般的に稜線歩きが多いが、イヌブナなどの広葉樹の新緑に覆われ、ツツジや足元にはスミレなどの花々が咲き誇り飽きることがなかった。
杓子山から見た富士山は雲に覆われてしまったが、それでも威風堂々とした富士山の雰囲気は充分に感じることができた。次は空気の澄んだ秋から冬にかけて再訪したい場所である。
inoueさん、今回はありがとうございました。また、行きましょう!

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

駐車場として利用させていただく忍野村内野コミュニティセンターに到着。
左写真に写る山が今回の目標。左側のピークが杓子山で、右側のピークの向こう側が鹿留山のようだ。

本日、歩く予定の稜線が見渡せる。右側に写る手前の電信柱の向こう側あたりが立ノ塚峠。そこから左へ稜線上に進む予定である。
立ノ塚峠を目指し、しばらくは村内を進む。

後を振り返ると雲のない綺麗な富士山が見渡せる。杓子山の山頂から見る富士山の展望が本日の目的のひとつ。
山頂に辿り着くまで、この状態がもってくれればよいのだが。
案内板に従って、まずは立ノ塚峠へと向かう。

このあたりは標高も高く清々しい。庭先には花々が咲き、里山の雰囲気もあり気持ちが良い。
少しずつ標高を上げながら進むと、未舗装の林道に切り替わる。
カラマツに覆われた林道を40分も進むと立ノ塚峠に到着。ここから稜線歩きとなる。
この峠には、テントのある休憩所と仮設トイレが整備されていた。
何とも登山者に優しいコースだな〜と思っていたら、明日(6/1)、この稜線上でトレラン大会が開催されるための給水所ということらしい。
歩くのが明日でなくても良かった(^_^;)
ここからは杓子山方面に向かい、立ノ塚峠を左に曲がり、稜線上を進む。
峠の目立たぬ場所には古そうな石仏が祀られていた。

時おり心地よい風が吹く、新緑に覆われた気持ちの良い稜線である。
なだらかな稜線を30分も進むと、しだい斜度が増し岩場も多くなり様相が変わる。

開けた岩場からの富士山。山頂付近で徐々に雲が発生し始めている。
杓子山の山頂にたどり着くころには、富士山は雲に覆われているかもしれない。
岩場の急登を300m程度登り詰めると、子ノ神と呼ばれる鹿留山と杓子山の分岐に到着。
まずは鹿留山を目指すため、この分岐を右に進む。

稜線上はブナの大木や足元には小さな花々が咲き乱れ飽きることがない。

ミツバツツジや山ツツジも所々で咲いていた。
三角点のある鹿留山に到着。山頂は広いが展望は効かない。本日の最高地点。ここで少し休憩。
次は杓子山を目指して、来た道を引き返し、子ノ神を通過。
なだらかな稜線上を進むが、展望の効く岩場もあり、なかなか楽しいコースである。
これから目指す杓子山が目の前に見えてきた。左写真の真ん中のピークが杓子山(1,597m)、左下に下ったところに写る尖ったピークが、その次に向かう高座山(1,304m)。

杓子山がの山頂が見えてきた。