武川岳
Mt.Takekawa
たけかわだけ
標 高
1051.7m
所在地
埼玉県
日 程
2014年9月23日(日) 天気:晴れ
コース
名栗元気プラザ第2駐車場(12:26)→見晴台(13:04)→分岐(13:15)→武川岳(13:33)(22min休憩)→前武川岳(14:03)→名栗元気プラザ第2駐車場(14:44)
コース図
駐車場
名栗元気プラザ第2駐車場
温泉他

山行記

今日は祝日。朝のうちに所用をこなすと、すでに10時過ぎだが、なんだか無性に歩きたくなった。昼から歩くとして近場で短時間で済む山はどこがいいだろうか?
西武秩父線沿線辺りが狙い目だが、この沿線は駐車場が少ない。有料駐車場を持つ駅もあるのだが、短時間歩くだけなのにお金を払うものもったいない。
そこで、無料で停められそうな駐車場があるという基準で検索すると、名栗げんきプラザがヒットした(^_^;)
ここを起点にすると、一番近い山は伊豆ヶ岳だけど、ここは人が多そうなのでパス。次に武川岳がある。ここは往復で3〜4時間程度、しかもハイカーも少なそうで静かに歩けそうだ。
ということで、飯能市名栗に位置する武川岳に決まった。実に 7年ぶりの山である。

出発が遅れたので、急いで向かうが、日高の巾着田の手前で渋滞に捉まる。
この時期は曼珠沙華のシーズンだった。
全然、車が動かない。しまったな〜。 そういえば、10年程前にもこの時期に通行して大変な目にあったが、さらに人や車が増えているような感じがする。
車も全然進まないし、巾着田の曼珠沙華を見て、日和田山でも歩こうかと本気で考えた。しかし、いつもはガラガラの駐車場がどこも満車。車が停められないのであれば諦めるしかない。回り道に抜けてその先へ向う。渋滞を抜けるとR299はスムーズに流れ、正丸トンネルを過ぎて左へ曲がり、しばらく進むと名栗げんきプラザに到着。事前に調べたところ名栗げんきプラザには2つの駐車場があり、第2駐車場が武川岳の登山口に近いとあった。第1駐車場は名栗げんきプラザの正面に当たるため、少し遠慮してガラガラの第2駐車場に車を停めた。

げんきプラザから歩き始め、しばらくは山と高原地図では破線ルートとなっているルートを進むが、荒廃しているということもなく、道ははっきりしていた。
今回は2時間ちょっとの歩きで、前回の山行と比べると非常にあっさりしたもので、この時期、花もなく、紅葉もなく、これといった見所はなかったが、気持ちの良い尾根歩きや、ちょっとした岩場もあり、なかなか歩きごたえがあった。

紫色のログが辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

第2駐車場に停車すると、入り口には駐車利用規則があり、登山利用の場合は、事務室に要連絡とあった。
そこで電話を入れてみると、名前、車のナンバー、目的地、戻り時間などを聞かれ、17:00には閉めてしまうので、それまでに戻って連絡を下さいとのこと。
そして、11月に登山講習会があるから、よかったら参加してみてはいかがと勧められた(^_^)
どれどれと駐車場に掲示された講習会の案内を見てみると、1泊2日で講義・座学・実践(周辺の山と武川岳登山)と内容が充実しており、なかなか面白そうでそそられた。(^_^;)
コース(往路)は山と高原地図では破線ルートになっており、登山口が分かりづらいというか登山口の標識はない。何の前知識もなかったから、とりあえず駐車場から武川岳方面を見渡すと谷筋に道が見えた。しめたとばかりに駐車場から元気プラザへ向かう途中の左側から山へ入る。
とりあえず尾根に出たいのだが、整備された道が続いているのでそのまま進んでみる。この辺りの道は名栗元気プラザでのオリエンテーションなどで利用しているようだ。
難なく尾根に乗ることが出来たというか道ははっきりしている。コース上にはオリエンテーションで利用されるであろうクイズなどが張り付けられていた。

10分も歩くと展望台に到着。伊豆ヶ岳と古御岳が間近に見える。
破線ルートのわりには道はしっかりしており、荒廃はしていないようである。
15分ほど歩くと林道を通過。
林道を越えてから、しばらく植林帯の急登が続く。
途中から岩場が多くなり、コースは左側を巻きながら進む。ここは直登しても面白いかもしれない。この辺りで単独のハイカーとすれ違った。
30分ほどで、こんどは見晴台に到着。武川岳まであと2.2km。
見晴台から見えるピークは蕨山だろう。

奥武蔵の雰囲気溢れる樹林帯を進む。

破線ルートはここまで。この分岐の左側はげんきプラザまで実線ルートが続く。武川岳はこのまま真っ直ぐに進む。
往路は始めに急登が続くが、中盤からはなだらかな斜面となる。
13:30 登り始めて1時間ほどで、7年ぶりの武川岳の山頂部が見えてきた。何とも懐かしい。
前回の山行と比べるとかなりお手軽(^_^;)
良いロケーションにいるので、時間的な余裕があれば、武甲山、大持山、蕨山など、いろいろな所へ向かえるのだが。。。
この辺りはハイキングのメッカ。やはり山頂にはハイカーさんが休まれている。
さぁ、こちらも今日の楽しみのひとつ山飯(カップラーメン?)にしよう!山頂で食べるこいつはうまい!

山頂からは南側で一部の展望が開けている
山頂で20分程休んでいると、風も出てきて肌寒くなってきたので、そろそろげんきプラザに戻ろう。復路は前武川岳を抜けて、山伏峠を目指す。

10分も歩くと前武川岳に到着。先ほどの武川岳と同様にここも細長いピークで、展望も効かず山名板がなければ分からないようなところだ。
ここは分岐になっており、引き続き山伏峠を目指す。
山頂から歩き始めて13分ほどで山頂でお会いしたハイカーさんに追いついた。こちらが山頂に到着したころに、出発されているので、ずいぶん慎重に歩かれている。
復路は1度ほど登り返すが、あとは植林帯のなかを、単調に下っていく。
目の前が開け、伊豆ヶ岳から子の権現へ続く稜線が見渡せるようになる。
整備途上の林道を通過するが、こんなところで、2車線は取れるであろう立派な林道が必要なのだろうか。しかし、この界隈は林道が多いな〜

伊豆ヶ岳の山頂部。あそこは人が多そうだ。

バイクや車の音が近くなってきた。すぐ目の前が道路のようだ。前方には左に曲がる分岐がある。
げんきプラザへは左に進む。
すぐに開けた「駿大の森」と呼ばれる場所に出た。ここは駿河台大学が所有し森林を保全する活動を行う拠点のようだ。
大学の所有地を遠慮しながら進むと県道53号線に出た。ここは左に進路を取り、げんきプラザを目指す。
14:30過ぎ げんきプラザに戻れた。さっそく管理事務室に連絡を入れて無事に帰還したことを連絡する。
登り始めて2時間少々。物足りない気もするが、それでも楽しめた。