丹沢山,塔ノ岳
Mt.Tanzawa , Mt.Tonotake
たんざわさん、とうのだけ
標 高
1567.1m, 1,491m
所在地
神奈川県
日 程
2014年10月19日(日) 天気:晴れ
コース
塩水橋駐車スペース(6:02)→本谷橋(6:28)→雨量観測所分岐(7:00)(8min休憩)→札掛分岐(7:14)(5min休憩)→新大日(9:07)(16min休憩)→塔ノ岳(9:58)(60min休憩)→丹沢山(11:44)(25min休憩)→天王寺峠(13:43)→本谷橋(14:08)→塩水橋駐車スペース(14:30)
コース図
駐車場
路肩駐車スペース
温泉他

山行記

先日、白馬岳をご一緒したNさんと山に行こうということになった。どこがいいだろうかと、近場で検討したところ、なんとなく丹沢山地に決まった。
丹沢山域は距離的には我が家から近いが、なんだか遠いイメージが付きまとい、なかなか足が向かないエリアであった。また、この山域は山ヒルが現れるところでもあり、夏場を敬遠していたが、そんなことからも行きそびれていた。
最近、圏央道が東名まで繋がり、アクセスも楽になり、いずれは訪れてみようと考えていたが、今回、実現する運びとなった。
それでは丹沢のどこに行こうか? ケーブルカーを使っての大山にしようか、個人的には鍋割山での鍋焼きうどんが興味をそそる。全くといっていいほど土地勘がないところだが、地図を眺めながら大体のメジャーどころの山々の位置関係が分かってきた。
車の駐車位置を気にしながら、眺めていると塩水橋に車を止めて、長尾尾根を経由して塔ノ岳と日本百名山である丹沢山を周回できるコースを見つけた。本谷橋から長尾尾根への巻き道が破線ルートとなっているのが気になったが、ネットで調べてみると道ははっきりしているようだ。それに埼玉方面からのアクセスも近いので、思い切って??初の丹沢山域を歩いてきた。

紅葉には少しばかり早かったが、間近には富士の眺望が楽しめた。
そして鍋割山の鍋焼きうどんは、次の楽しみとしておこう(笑)

紫色のログが辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

N氏とは現地に5時半頃待合せとした。 丹沢山は日本百名山、しかも塩水峠からは短時間でピストンできるため、年間を通してハイカーは多いようだ。駐車スペースに限りがあるので、出来るだけ早く到着したい。そこで少し早めのAM3時過ぎに自宅を出発。圏央道、中央道と順調に進み相模湖ICから南下し、1時間半も掛からず宮ヶ瀬湖を通過。 あとは峠道を15分程度進むだけだが、いつもの如く?お腹の調子が悪くなる。しかたがないので3km程手前にあったコンビニまで戻って用を済ます。
タイムロスしたので、急いで戻り峠道を進むと、他府県ナンバーの2台の対向車とすれ違う。いやな予感が。。。
まさか、すでに車を駐車するスペースはないのか。 心配しつつ塩水橋にたどり着くと、すでに10台程度路肩に並んでいたが、少し狭いが縦列駐車出来そうなところへ車を突っ込みなんとか確保。とりあえずホッとした。
明るくなってきたので、ゲートの脇をくぐり先へ進み、塩水林道と本谷林道の分岐を真っ直ぐ本谷林道へ進む。
法面が崩落している箇所があり、通行停めとなっている箇所を先に進むと、じきに本谷橋にたどり着き対岸へ渡る。
ここは山と高原地図では破線ルートとなっており、歩く人は少なそうだが、道は整備されている。札掛方面を目指して巻きながら進む。
雨量観測所との分岐で少し休憩。このあたりはヒルが現れやすいエリアとのこと。この時期はそれほど心配は不要かもしれないが、足元を注意しながら歩く。。
結局、この日は遭遇しないで済んだ(^_^;)
本谷橋から45分程歩くと長尾尾根との分岐に到着。
長尾尾根に乗った。食害防止のゲートを抜けて先へ進む。

しばらく進むとなだらかになり、左側には大山や相模湾が遠望できるようになる。
長尾尾根は歩き易く気持ちのよい稜線。カエデが多かったが、この辺りは11月頃に見頃を向えるのであろうか。

一部分、土嚢が敷かれた箇所があった。紅葉は少しばかり早そうだ。
札掛方面への分岐までやって来た。ここから新大日まで500m。
9:07 新大日に到着。休業中の大日茶屋がある。
ヤビツ峠からの表尾根コースと合流。本谷橋から長尾尾根では誰とも会わなかったが、ヤビツ峠から次々とハイカーが登って来られた。

西に目を向けると雲一つない富士山の山頂部が現れた。

先日、初冠雪した山頂部のアップ。うっすらと雪化粧。
塔ノ岳まで40分程度。塔ノ岳山頂では素晴らしい展望が楽しめそうだと先へ急ぐ(^_^)
木ノ又小屋を通過。

こちらは箱根方面の山々。

塔ノ岳の尊仏山荘が見えてきた。山頂も近い。