滝入ノ頭,ウノタワ
Mt.Takiirinokashira , Unotawa
たきいりのかしら,ウノタワ
標 高
1,163m
所在地
埼玉県
日 程
2014年11月8日(土) 天気:晴れ/曇り
コース
名郷駐車場(7:39)→横倉林道分岐(8:15)→ウノタワ登山口(8:39)(3min休憩)→ウノタワ(9:23)(20min休憩)→鳥首峠(10:13)→滝入ノ頭(10:45)(5min休憩)→しょうじくぼの頭(10:52)→橋小屋の頭(11:13)→逆川乗越(11:27)→蕨山最高点(11:38)→林道終点(12:46)→名郷駐車場(12:59)
コース図
駐車場
名郷駐車場(700円/日)
温泉他

山行記

今年は紅葉の訪れも早く、奥武蔵の山々は峠を越えたようだが、それでも淡い期待を抱いて、ウノタワに向かった。
今回はウノタワをメインとして、そこを絡めたコース取りとしたい。
名郷から妻坂峠に向かったウノタワ登山口近くに車を停めて、ウノタワから大持山、妻坂峠と周回するコースは、短距離で歩くことが出来る。また距離は長くなるが、名郷に車を停めて、ウノタワから蕨山まで周回するのもいいかもしれない。しかし今回は紅葉をゆっくりと楽しみたいので、ウノタワの傍まで車を乗り入れ、短距離コースを歩くこととした。
そこで名郷から林道を車で登る。途中、山中の分岐を左に曲がり、あと少しで駐車位置というところで、斜面が崩落して岩が道を覆っていた。

えっ!まじで?

どうするか。ここまで来て戻るか?
一瞬状況判断が出来なくなる。しかし、ここまで来たのに。。。
少し石をどかせば、通れないこともなさそうだけど。。。
1週間前に車で行かれた人のネットの記事には、ここの事は記載されていなかった気もするが、この1週間での出来事か?
う〜む!困った。どうしようか?
後続車が来ると困るので、とりあえず山中の分岐まで戻ろう。しかし道が狭くUターンできるスペースもないため、しかたなくバックで戻る。そしてヘアピンカーブもバックで下る。。。(^_^;)
一体こんな山のなかで何をしているのだろうか(笑)
確か妻坂峠の登山口も広かったからそちらに停めようかと、分岐から続く別の道へ進もうとしたが、工事中の看板が立っていた。やむを得ない、少し距離は長くなるが名郷の駐車場に車を停めて、蕨山方面を周回するとしよう。
そこで名郷まで戻り、有料駐車場に車を停める。ここはこの近辺の山歩きの起点になるポイントでトイレも整備されている。早速、トイレも済まして歩き始める。ここから先ほどの崩落場所まで歩いて1時間半ほどの距離か。かなり時間をロスしてしまった。今日は昼から曇りの予報。なんとか晴れ間が持ってくれれば良いが、と期待を込めて歩を進める。
結局、余計に時間は掛かったが、なんとか晴れているうちに、ウノタワにたどり着いた。やはり紅葉はピークを過ぎているようだったが、広く気持ちの良い空間で、秋の清々しい空気に触れながら、部分的に残る紅葉を楽しむことが出来たのは収穫であった。
冷たい風が吹きずさむウノタワから蕨山へと続く稜線では、冬を感じさせる肌寒さであったが、いつものさわらびの湯に寄って疲れを癒した。

紫色のログが辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

今回は楽ちん山歩きとするべく、名郷からウノタワの登山口を目指し、細い林道を車で進む。この長い林道は歩くとしんどいから、車は楽でいいな〜などと呑気に考えながら、山中の分岐から横倉沢の林道を進むと、目の前が右写真の状況になっていた。。。
え、まじか!!!ここまで来たのに。。。
どうするかと、しばらく茫然自失となる(^_^;)
石をどかせば左側が通れないことはなさそうだけど。。。そこまでやるかと自問する。
前述のとおり、この先の状況が全く分からないし、この林道は先で行き止まりとなる。ここを通過した後に崩落がさらに進んだら、動けなくなってしまうので、やむなく名郷まで撤退することにした(^_^;)
名郷の集落まで戻ってきた。有料駐車場に車を停めて、ウノタワの登山口まで進む。登山口まで1時間半程度の舗装路の登りとなる。
歩き始めのもみじはこんな感じ。途中の分岐を右に曲がり山中方面を目指す。
舗装路の登りは辛い(^_^;)。途中でハイカーと思われる2台の車が通り過ぎていく。おそらくウノタワの紅葉狙いだと思われるが、車が停められずに戻ってくるのだろうか。

周囲には色づき始めた紅葉が見られるようになる。
山中の分岐に到着。ここの分岐を左に進む。 分岐の直ぐ上の広いスペースに先ほど抜いていったSUV車が止まっていた。
件の箇所まで戻ってきた。ここから山中の分岐までUターンできる箇所がなく、延々とバックして下ったのが、1時間半ほど前の出来事。
何だかすごく時間を無駄にした気分(^_^;)
しかし、よく見ると先ほどは認識できなかった車が通過したような跡があった。
徐々に周りの雰囲気も良い感じになってきた。濡れた路面に新しいタイヤの跡が付いているので、さきほどの崩落現場を抜けて進んだ車があるということだ。
標高700mあたりでも紅葉が進んでいた。これでは標高1,100m近いウノタワでは期待できないかな。。。
ウノタワ登山口に到着。先ほど見かけた車が停まっていたが、崩落個所はあそこだけだったし、通って通れないこともなかったかもしれない。ここまでちょうど1時間の歩きで体も温まり、フリースを脱いで少し休憩。

ここから山道に入る。しばらくは横倉沢沿いに進む。
自然林に覆われたよい雰囲気のなかを進むと、熱心に写真を撮られている方がいらした。先ほどの車のオーナーの方で入間川流域の写真を撮られているとのこと。なんでもこの沢が入間川の源流部にあたるとのことだ。件の崩落現場はさして気にせず、そのまま通過されたとのこと。
沢が左右に分かれる。道標もあるが、ここは左へ進む。先ほどの方はここを右に進んでみるとおっしゃっていた。
分岐の道標。ここからウノタワまで45分とある。

高度もかなり稼いだ。ルートは落ち葉に覆われて少々分かりづらい。とりあえず水が枯れるまで沢を進む。
途中、小尾根に乗ったりと、険しい斜面を登っていく。途中、赤テープが多く、それに気をつけていれば迷うことはないだろう。

苔むした感じのなんとも幻想的な風景。
前方に稜線が望めるようになる。踏み跡をたどりながら右側の小尾根を進むと、じきにウノタワにたどり着いた。 この日は昼前から曇り予報だが、なんとか天気も持ってくれた。
ウノタワの伝説。ここは独特な雰囲気のあるちょっと不思議な空間。

紅葉の別天地を期待していたが、やはりピークは過ぎていた。

晩秋というか、初冬を迎えた寂れた感があるが、広い空間を独り占め。軽く食事をして、落ち葉の絨毯に寝っ転がったりと、のんびりとした贅沢な時を過ごした。
周りの紅葉をとりあえず写真に撮る(^_^)

紅葉1
紅葉2

紅葉3

紅葉4

しつこいけど、紅葉5
さらにしつこいけど、紅葉6

カラマツ林越しに見るウノタワ。
次は鳥首峠を目指して、稜線を進む。
ウノタワから15分ほどで鉄塔を過ぎる。稜線上は結構風が強くて肌寒い。
鉄塔を過ぎると急斜面の下りとなり、下りきったところで鳥首峠に到着。峠では親子のハイカーが休まれていた。