阿蘇山の周辺を散歩した
日 程
2015年8月22日(土) 天気:晴れ
山 名
阿蘇山
コース
コース図
駐車場
温泉他

山行記

この日、午前中は久住山を歩き、牧の戸峠に戻ったのがお昼過ぎ。牧の戸峠のレストハウスで楽しみにしていたソフトクリームを食べる。この後は、阿蘇山に向かう予定だ。やまなみハイウエイを走り途中のレストランに立ち寄り、地元料理を舌鼓を打つ。すでに一山歩いた満足感からか、まったりムードに浸る。あまりノンビリしていると歩く気も失せてくるが、阿蘇山をパスするわけにはいかない。気を引き締め直して阿蘇へ向かう。

ちなみに深田久弥氏の「日本百名山」によると、阿蘇山は陥没火口として、世界一であるらしい。
一般的に阿蘇山は、カルデラの中の火丘群にある根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳の五岳を指すようだ。しかし、その周囲には東西四里、南北六里という広大な旧火口にあたる外輪山が取り囲む。この旧火口の中に町があり電車が走っている。外輪山の外側の裾野の大きさは九重山や祖母山の下まで延び、阿蘇山を外輪山の裾野まで含めると日本一巨大な山になるとあった。なんと壮大な話だろう。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム


阿蘇の外輪山あたりから、次第に周囲は草原に変わりだす。関東では見ることのない雄大な風景に眼を奪われる。

山頂部は火口から噴煙が立ち上がるくらいで他に雲ひとつない。
なるほど、左の根子岳が頭とすると仏様が上向きで寝ているようにも見える。

阿蘇市街に入ると、いつの間にか首を回さないと見渡すことの出来ないほど東西に連なる長大な阿蘇山が眼前に迫ってくる。

阿蘇山は火山規制がされて火口までは行くことは出来ない。当初は仙酔峡から規制ラインに最も近い高岳を登る予定でいた。しかし標高差は700mほどあり、すでに時間的な余裕もない。それに午前中の久住山でそれなりに疲れている。代替コースとして草千里から烏帽子岳を歩くことも考えていた。そこで、ひとまず草千里へ向かった。

麓から草千里までは見渡す限り草原の広がる裾野を車で登る。馬や牛が放牧された牧歌的な風景に目は釘付けとなる。

そして阿蘇山を取り囲む外輪山が一枚の壁のように見事に立ち並ぶ。その先には先ほど歩いた九重連山が見える。

そんな景色を眺めながら、草千里に到着する。前方に見えるのが烏帽子岳。

阿蘇山の火口が見えた。ここから2kmほど離れているが、噴煙の立ち込める山頂はなかなかの迫力がある。

そして目の前には有名な草千里が広がる。中央には小高い丘があり、多くの観光客が行き交っている。

観光用の乗馬もできるようだ。その向こうにはひっそりと烏帽子岳が佇む。標高差は200mほど、草千里をぐるっと周回して登るルートがある。見た感じでは2時間は掛からずに山頂までたどり着けそうだが、時間はすでに15時を過ぎ、周りに登山客など一人もいない。 今さら登る気にもなれない。 火口に近づけない阿蘇山の場合、どの山を登れば、阿蘇山を登頂したことになるのだろうか。
草千里の中央のある丘まで散歩して、阿蘇山を登ったことにはならないだろうか。こんなに楽過ぎる百名山はないだろうなぁ。決して登ったとは言い難いけど、阿蘇山をクリアしたことにしようか。
草千里の案内図を見ると、中央にある丘のようなこじんまりとした台地に、なんと駒立山と名前が記されていた。

先ほどの九重山を始め、八ヶ岳も同じ山群を称した総称である。だから、久住山を登らず星生山でも九重山、そして、赤岳ではなく、権現岳や編笠山でも八ヶ岳を登ったと公言してもおかしくはないだろう(^_^;)
と勝手に解釈して、駒立山という、誰も知らないような山でも、阿蘇山に登ったことになるのではないだろうか(笑)
そのように考えると、丘に向かう観光客が百名山を目指す登山者に見えてくる(^_^;)
そんな訳はないか(笑)
しかし、せっかくなので駒立山まで散歩してきた。

左手に見える火山博物館が見える。右側手前の山は杵島岳。杵島岳は前方のドライブインから1時間強で歩けるようだった。折角だから歩いてもよかったかもしれない。

その後、今は火山規制のために動いていないロープウェイ乗り場まで車で移動する。
お土産屋さんは営業しているが、ロープウェイが動いていないのは寂しい限りだ。

裏には神社の奥社とお寺があり、お守りなど販売されていたが、観光客も少なくやはりうら寂しさが漂っていた。

歩いても大した距離ではないが、これ以上近づけない火口部。

阿蘇山上神社

阿蘇山上神社由緒記

規制が解除され火口まで行けるようになれば、また違うのだろうか。何れにしても、阿蘇山の五岳(根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳)のいずれかを歩かなければ阿蘇山は登ったことにはならないだろう。
百名山完登を目指している訳ではないが、もし機会があればミヤマキリシマの咲く頃に歩いてみたい。