橋立堂から高ワラビ尾根で武甲山を周回した
日 程
2015年2月28日(土) 天気:晴れ
山 名
城山(705.5m)、小持山(1273m)、武甲山(1304m)
コース
橋立堂駐車場(7:00)→高ワラビ尾根取付(7:10)→城山(7:56)(5min休憩)→タワ尾根分岐(9:41)(5min休憩)→見晴台休憩(10min休憩)→小持山(10:38)→シラジクボ(11:15)(5min休憩)→武甲山(11:43)(40min休憩)→長者屋敷ノ頭(12:49)→長者屋敷ノ頭登山口(13:18)→橋立堂駐車場(13:49)
コース図
駐車場
橋立堂駐車場
温泉他
武甲温泉

山行記

橋立堂から武甲山へ向かうルートは、昨年、一度歩いてみようと思ったことがあった。しかし、2月の大雪の影響で、途中の橋立川を渡る橋が倒壊し、しばらく通行止めとなり、歩く機会を失っていた。 それと浦山口から小持山へと続く長い高ワラビ尾根も歩いてみたかった。
秩父の山々からはおろか、我が家からも遠望できる武甲山は、いつも眺めるばかりなので、二つのルートを使って久しぶりの武甲山を周回してみようかと考えていた。ここ最近、みー猫さんやたそがれオヤジさんがたて続けに武甲山を歩かれた。 たそがれオヤジさんのコースが、まさに歩きたかったルートで、レポを拝見すると、ますますのその思いは強くなっていた。
積雪が気掛かりだが、ここのところ降雪はないようだ。たまには足に負荷を掛けないと鈍るので、かなりきついだろうなと思いつつも、久しぶりの長い尾根を歩いてきた。予想通り高ワラビ尾根はきつかったが、それでも小持山までは、ほとんど残雪がなかったことは助かった。 小持山からシラジクボまでの急斜面の下りは雪に覆われており、所々凍結していた。さすがにここはアイゼンを付けないと危ない。
埼玉県警の山岳情報は、まめに閲覧する情報源の一つだが、それによると先月、武甲山で「急斜面の狭い登山道で靴紐を結んでいたところ、バランスを崩して滑落」で重傷とあった。そのニュースは知っていたので、この辺りで起きたのかなと思いつつ、雪のない急斜面は避けて、平坦な場所を探してアイゼンをセットし、慣れない雪の斜面をおっかなびっくり下った(^_^;)
シラジクボからの登り返しは、辛かったけれども、久しぶりの武甲山でのんびりと休んで、橋立堂まで戻った。ここには土津園という蕎麦屋さんがあり、ソフトクリームの看板が気になっていたので、帰りに寄ってみた。すると店のおばちゃんから、先月、斜面でアイゼンを取り付けようとして、バランスを崩し滑落したハイカーが、骨折に添え木をした状態で、自力で下ってきたとの事をお聞きした。
埼玉県警の山岳情報の件なのかなと思いつつ、気を付けないとダメだよと、注意をいただいた。
おばちゃんからはしきりに登山道の様子を聞かれた。なんでも登山者からよく聞かれるらしく、なるべく正確な事を教えてあげたいからとおっしゃっていた。ハイカー想いの優しいおばちゃんだった。

さて、少し時間もあるからと欲をだし、この近辺で福寿草や節分草が見れないかなと、淡い期待を抱いて弟富士山に向かったのだが。。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

橋立堂の無料駐車場に車を停めて、高ワラビ尾根の末端を目指す。

橋立川の上に架かる橋からみた長大な高ワラビ尾根。右から左奥まで延々と続いている。眺めているだけで戦意喪失してきた(^_^;)
橋を渡ると擁壁に1ヶ所階段が設置されており、ここから取り付く。まずは尾根に取り付くために前方に見える鞍部を目指す。
城山まで標高差450mほど急登が続く。斜面は画像での見た目よりも急である。
整備された登山道であれば、九十九折でコースが付いているのだろうけど、急斜面の直登は辛い。。。
1時間程登り詰めてやっと城山に到着。
ここまででかなりバテてしまったが、まだ高ワラビ尾根の1/5程度を歩いたのみ。まだ先は長いので少し休憩を取る。
城山からは少しなだらかな尾根となる。右側には秩父さくら湖や矢岳に続く稜線が見渡せるようになる。
稜線を抜ける風も冷たくなってきた。785mの標高点の手前から岩が多くなる。
尾根上に大きな岩が現れ出すと踏み跡は左側に続く。そのまま踏み跡に従って進むと、どんどん尾根から離れていくので、急斜面をよじ登り尾根上に復帰した。
ここは尾根をそのまま進んだ方がよいかもしれない。

前方に巨大な岩が現れるが、ここは右に巻いたが、左のほうが歩き易いのではないか。

左側が開けたところから秩父盆地を見下ろす。画像左下に見える橋あたりから登り始めているが、高ワラビ尾根の半分も歩いていない。
標高1,000mに近づくと尾根上にも所々で残雪が散見されるようになるが、歩くのに支障はない。
ここ最近の踏み跡は全く見られない。少なくとも1週間程度は歩かれていないのではないか。

伐採地から武甲山。秩父市街からみるのと全く違った山容。画像だけ見てもこれが武甲山と気付かない。
1,055mの標高点を越えると、高ワラビ尾根のハイライト?が始まる。
前方に岩場の斜面が立ち塞がる。登る分にはそんなに危険さは感じなかったが、ここまで歩いての、この斜面は足に堪える(^_^;)
足だけで登るのはつらいので、木の根などに捉まりながら、まさによじ登るようだった。
上から見下ろした斜面。残雪がなくてよかった。この急斜面を登り詰めるとタワ尾根との分岐に出た。
風が吹いて肌寒いため、大して汗はかいていないが、ここで休憩を取り、軽く栄養補給する。
尾根上は植林に囲まれたと思うと、自然林に変わったり、馬酔木に覆われたりと変化があるため、長く歩いても飽きることはない。

途中の見晴の良い岩棚に座り、展望を楽しむ。ここは高ワラビ尾根でのセールスポイントのひとつ。本日の楽しみでもあった。
長沢背稜をはじめ、中央に見える大ドッケや大平山など秩父の秘境が見渡せる。

大反山から矢岳、坊主山へと続く稜線や、手前にはタワ尾根の急斜面が見渡せる。
見晴台からしばらく進むと武甲山への分岐にたどり着き、長かった高ワラビ尾根も終わった。分岐から右を見上げると小持山が見える。
ここまで雪はほとんどなかったが、小持山への稜線はすっかり残雪に覆われ、所々凍結している。
凍結している斜面に気を付けながら、小持山に到着。山頂では、二名のハイカーさんが休まれていた。
本日、初めて人と出会った。座る場所もないので、早々に武甲山へ向かう。
これから向かう武甲山。小持山から200mほど下って、200mほど登り返さなければならない。尾根を境に右側が植林、左側が自然林なのがよく分かる。
下りの急斜面、所々凍結しており、危ないので軽アイゼンをセットする。
ストックがあれば、歩き易いのだが、こんな日に限って忘れる。。。(^_^;)
急斜面を時間を掛けて慎重に下る。武甲山も間近に迫ってきた。