奥武蔵の山々を縦走(芦ヶ久保駅→二子山→武川岳→伊豆ヶ岳→子の権現→吾野駅)
日 程
2015年7月12日(日) 天気:晴れ
山 名
二子山(882.8m)、焼山(850m)、蔦岩山(1006m)、武川岳(1052m)、前武川岳(1003m)、伊豆ヶ岳(850.9m)、古御岳(830m)、高畑山(695m)、中ノ沢ノ頭(622.7m)、愛宕山(695m)
コース
芦ヶ久保第二駐車場(8:12)→二子山・雌岳(9:17)→二子山・雄岳(9:28)(8min休憩)→焼山(10:08)(10min休憩)→蔦岩山(10:57)→武川岳(11:14)(20min食事休憩)→前武川岳(11:44)→山伏峠(12:20)→伊豆ヶ岳(13:02)(13min休憩)→古御岳(13:32)→高畑山(13:58)→中ノ沢ノ頭(14:12)→天目指峠(14:25)(10min休憩)→愛宕山(15:15)→子の権現(15:23)(20min休憩)→吾野駅(16:52)
コース図
駐車場
芦ヶ久保第二駐車場
温泉他

山行記

しばらく山を歩けない日々が続いていた。気が付く1ヶ月以上、間が空いてしまった。野暮用や芳しくない天候が続くなど、あれよという間に季節は夏山シーズンを迎えてしまった。
日曜日は快晴の予報。久しぶりに遠出して涼しい山に行こうかと考えていたが、すっかり寝坊して、起きたのが6時頃。前日に準備を済ましているので、折角だから出かけたい。今の時期、地元の低山は暑苦しいから気が進まないが、近場を選ぶしかない。
私の場合、1ヶ月歩かないと確実に身体が鈍る。近場で歩いてみたい尾根道はいくつかあるが、道なき尾根歩きは体力の消耗が激しいのと、暑さで熱中症の心配がある。そこで登山道のある歩きやすいルートで未踏の山を歩くことにした。基本的にハイカーが多いハイキングコースは避ける傾向があり、比較的によく訪れる奥武蔵の中でも歩いたことのないコースや未踏の山が多い。
横瀬の二子山と竹川岳は稜線で繋がっており、その途中にある蔦岩山という山もそんな一つだ。そんなことでこの近辺における個人的な空白地帯を埋めよう。そこで考えたコースは芦ヶ久保を起点に、二子山、焼山、そして未踏の蔦岩山、武川岳まで一気に歩いて、山伏峠へ下る。それから伊豆が岳まで登り返す。これだけでも十分な歩きになるはずだが、ここで体力的に余裕があれば、子の権現まで縦走する。伊豆が岳から子の権現までの縦走路にも未踏の山があるので、折角なら歩いてみようと考えた。
ただし、歩き通すと20kmほどになるのか。このルートは距離もさることながら、ピークが多くてアップダウンがきつそうだ。序盤でバテるかもしれないが、その時には諦めようと気楽な気持ちで歩き始めた。結局、後半は拷問のような歩きになってしまったが、久しぶりの山歩き、終わってみるとなかなか満足だった。

今年の夏山シリーズは九州遠征を予定しているが、結構過密なスケジュール。足手まといにならないように、少し鍛えておかないといけないようだ。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

7時頃に出発して1時間ほどで芦ヶ久保の道の駅に到着。道の駅の第二駐車場に駐車する。入れ違いで隣の車の親子三人組と思われるハイカーが丸山方面に向かった。その隣で準備をしていた単独のハイカーさんは、丸山のハイキングコースを歩かれるようだ。この駐車場を起点にした日帰り登山の場合は、丸山か二子山のどちらかだろう。
すでに日差しは強く蒸し暑い陽気。じっとしているだけでも汗が流れる。最初は二子山を目指す。二子山は雌岳、雄岳と呼ばれる2つのピークが立ち並ぶ双耳峰であり、まずは雌岳に向かう。間もなく西武線の下を通る暗い隧道を抜けると、単独の女性ハイカーに追いついた。追い抜きざまに一言お話をする。

しばらくすると沢沿いのルートとなるが、二人組のハイカーさんが休まれていた。
お一人はトレランをやられているような佇まいだが、もうひとかたはすでにバテているようなご様子。
まだまだ登りですかと聞かれ、「あと300mほどです」とお答えして通り過ぎる。

蒸し暑くて汗が止まらないが、体の調子は悪くない。良いペースで高度を稼ぐと50分ほどで稜線に出た。
ここまでくれば、二子山の山頂まではあとわずか。立ち止まってタオルで汗を拭く。
今のところ喉は乾かないが、昨年の二の舞になりたくないので、二口ほど飲んで喉を潤す。
稜線をしばらく進むと、山頂直下の急坂に差し掛かる。ご年配の夫婦と思われるハイカーさんを抜かして先に進む。
ここは滑りやすくロープも渡してある。ロープを掴みながら一気に登る。
ほどなくして二子山の雌岳に到着。本日の一座目の山。今日は10以上のピークを歩くことになる。
ここまでで全行程の1/10程度。一日にこれほどのピークを踏むことは記憶にない。期待に胸膨らむというか、歩ききれるかが心配になってきた。。
次は二子山のもう一つのピークである雄岳に向かう。山頂直下の急斜面を慎重に下る。
雌岳から10分弱で雄岳に到着。汗を拭いて、少し休憩。まだまだ先は長い。
シャリバテを起こさないように、おにぎりを一つ頬張っていると反対方向から単独のハイカーが来られたが、休むことなく通り過ぎて行った。

ここからの武甲山の眺めがよい。

秩父の市街地。霞んでいるので、遠方にあるはずの両神山などは見ることができない。
この先は南に進路をとり武川岳まで続く稜線を進む。雄岳を下ると、しばらくはなだらかな道が続く。
ロープの張られた急斜面に差し掛かると次の目的地である焼山もあとわずか。

雄岳から30分ほど歩くと焼山に辿り着いた。すでに先客がお一人休まれていた。芦ヶ久保からのピストンで、芦ヶ久保に戻るとおっしゃっていた。
こちらは武川岳から伊豆ヶ岳に抜けるとお伝えすると呆れられてしまった(^_^;)
武川岳まで約1時間15分とある。アップダウンが多いというのが気になる。。。

後を振り向くと、双耳峰である二子山が遠望できる。奥のピークが雌岳で、手前が雄岳。

ここは武甲山のナイスビューが堪能できるスポットでもある。展望に優れた場所で個人的に好きな山の一つ。
日差しを遮るものがなく、汗もかいているので、水分補給しなければならないが、考えてみると1.5リットルのアクエリアスとカップラーメン用の0.5リットルの水しかない。
20km歩くのに明らかに少ない。本当であれば4リットルほど持ちたいくらいだが、それだけ重量がかさむのが辛いところ。 これは水を節約しなければと気を引き締める。
焼山から先は未踏の稜線。楽しみながら歩きたい。この辺りで少し空模様か怪しくなってきたが、すぐに回復。前方に武川岳が見えてきた。
歩き易い稜線を悠々と歩くと、真新しい林道に尾根が分断されていた。
林道を200m程進むと案内に従って登山道(稜線)に復帰。
自然林に囲まれた感じの良い稜線を進む。相変わらずの暑さでだんだん辛くなってきた。。
未踏の山である蔦岩山に到着。このあたりで標高1,000mを突破したが暑さは変わらない(^_^;)
歩き始めて3時間ほどで武川岳に到着。1/3程度の工程は歩いたようだ。

ここは奥武蔵でも人気のある山のひとつ。広い山頂にはすでに多くのハイカーが休まれている。
ちょうどベンチが空いたので、お湯を沸かして食事休憩。この時点で水分を1リットル消費。あと1リットルしか残っていない。
ここから山伏峠に下って、伊豆ヶ岳への登り返しが正念場。伊豆ヶ岳への登りでバテたら、子の権現までの縦走は諦めるしかない。
武川岳から10分ほどで前武川岳に到着。この辺りから一気に下りとなるので、ストックをセットして歩き始める。
前方に次の目的地である伊豆ヶ岳と古御岳の二座が見えた。左側の平らな山頂が伊豆ヶ岳で、右側の尖ったピークがその次に向かう古御岳である。
伊豆ヶ岳と古御岳の間も登り返しが辛そう。。

コースを遮る林道を渡ると開けた場所から真正面に伊豆ヶ岳が見えるようになる。