久しぶりの八ヶ岳、観音平から編笠山、権現岳を歩いた
日 程
2015年7月22日(月) 天気:晴れ
山 名
編笠山(882.8m)、権現岳(850m)
コース
観音平(5:19)→雲海展望台(5:53)→押手川分岐(6:22)→青年小屋(7:26)→編笠山(7:47)(10min食事休憩)→青年小屋(8:12)(8min食事休憩)→キボシ(9:10)→権現岳(9:33)(3min食事休憩)→三ツ頭(10:21)(10min休憩)→下降点(10:34)→木戸口公園(11:09)→八ヶ岳横断歩道分岐(12:11)→観音平(12:37)
コース図
駐車場
観音平駐車場
温泉他
延命の湯

山行記

本日、関東甲信地方の梅雨明けが発表された。このところぐずついた日が続いていたが、本格的な夏山のシーズンを迎えた。この3連休の最終日に山に行こうと決めていた。梅雨明けで月曜日はさらに暑くなることが予想されるので、先週のような低山ハイクは避けたい。
どうせなら標高の高い涼しいところを歩いてみたい。そこで前々から気になっていた北関東や新潟方面が思い浮かんだが、どうやら天候が怪しい。午後から崩れそうな気配。その一方で山梨方面は降雨はなさそうなので、山梨あたりで標高の高い山を検討する。
そこで、過去に行きそびれた八ヶ岳の編笠山と権現岳を歩いてみることにした。今年初めての2,000m以上の山。どちらも標高が高いので、涼しい山歩きが期待できる。赤岳に続く五年ぶりの八ヶ岳。南北中央アルプスや富士山の眺望が期待できる。また、この時期、高山植物も楽しめそうだ。
コースは駐車場のある観音平から編笠山、権現岳、三ツ頭を周回する予定。ネットで調べてみると駐車場は早いうちからいっぱいになってしまうとのこと。周回する場合は時間が掛かるため、早めに歩き出したい。そこで5時過ぎごろに歩き出すことを目標に3時頃家を出発することにした。
ただ、3連休の最終日、午後になると高速道路の渋滞にはまる可能性があるが、このコースはよっぽど早い時間から歩き出さなければ、午前中での下山は難しい。下山後の温泉なども考えると、無理してもしょうがない。最近、週末の高速に乗ることが少ないので、どの程度の渋滞になるのか予想がつかないが、渋滞回避は諦めよう。

さて、ナビに駐車場のある観音平をセットして、3時過ぎに出発。現地に5時10分頃に到着と出た。圏央道から中央道を軽快に走っていると、甲府あたりで明るくなりだした。空はどんよりした曇り空。前方に見える八ヶ岳は、完璧に雲を覆われている。あ〜あ、これでは期待していた展望は望めそうにない。しかし天気予報は午前中は晴れマーク。山に登り始めれば回復するのではないか。小渕沢ICを下りると、その山名の通り、編笠のようななだらかな山容の編笠山の山頂部が見えた。自称晴れ男の本領発揮ではないか(笑)
インターを下りてから10分ほど走ると、ナビの予測通り、5時10分に駐車場に到着したが、すでに駐車するスペースはなかった。ギリギリ間に合わなかったようなタイミング。他の車にならって路駐する。周りには多くのハイカーが入念に準備されている。こちらはいつもの調子で、軽く屈伸して、アキレス腱を伸ばして即出発する。

この日は高山植物も展望にも恵まれた。森林限界を突破すると、風が強く吹いていたが、それでもほどよい涼しさで、下界の暑さをひととき忘れさせてくれた。久しぶりの八ヶ岳、十分に楽しめた。

下山後は、駐車場からほど近い道の駅にある延命の湯に立ち寄った。 ゆっくりと温泉に浸かり汗を流し、その後、運転中の眠気防止のために、15分ほど横になる。あまり遅くなると中央道の渋滞に巻き込まれるので、14時前には出発したが、結局、20km以上の渋滞に捕まってしまった。久しぶりの大渋滞で山歩きよりも疲れてしまった。しかし、夏が来るたびに、暑さが増しているように感じられるが、それと同じように、渋滞の列も年々延びているのではなかろうか。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

駐車場に入るもすでに満車状態だったが、駐車場から近い場所に路駐する。準備している間にも路駐の列はどんどん長くなる。
駐車場の登山口からは笹に覆われたカラマツ林のなだらかな斜面を歩く。
ニッコウキスゲが一輪咲いていた。

歩き始めて30分ほどで、雲海展望台に到着。展望台というだけあって、開けた場所から頭を出した富士山が遠望出来た。今日は展望が期待出来そうだ。

良いペースで何組かのハイカーさんを抜いていると、次第に周りの植生がシラビソなどの高山のそれに変わってきた。
キバナノヤマオダマキやヤマホタルブクロがお出迎え。素通りする訳にはいかない(笑)
写真の撮影でついつい足が止まる。
身体の調子も良く、特に休憩も挟まずに、雲海展望台、押手川とマイルストーンを通過する。押手川分岐で少し迷った。青年小屋の標識を見つけ、それに誘導されるように進んでしまった。本当は分岐を青年小屋ではなく、編笠山方面に向かわないといけなかったのだが、それは後で気付く。

苔むした雰囲気のある山道を歩いていると、たまに開けた場所に出る。開けた先には、雲のかかっていない富士山が姿を現わす。
高い位置から見る富士山もなかなか乙なもの。眺望を楽しみながら、汗を拭う。

こちらは南アルプスの鳳凰三山。一番高いところが観音岳。右端に地蔵岳のオベリスクが見えた。

前日、降雨があったのか、湿度が高く、すぐに汗ばんでくる陽気。足元は所々でぬかるんで滑りやすい。先日、トレッキングシューズを新調したので、その試しばきでもあった。スパッツを付ければ良かったが、そんな時に限って忘れる。汚れないように気を付けていたが、途中からバカバカしくなったので、汚れ放題となってしまった(^_^;)
シャクナゲなどの低木に覆われた樹林のなかを快調に進む。多くのハイカーとすれ違う。
しばらくすると前方に雲の切れ間が見えてきた。
それほど疲れることもなく編笠山に辿り着いてしまったのかとも思ったが、まだ森林限界を越していない。すると目の前に青年小屋が現れた。 え!何で?編笠山に真っ直ぐ向かったはずなのに、なぜ青年小屋に着く?としばらく状況判断が付かなかった。青年小屋は編笠山と権現岳のコルに位置し、本来の予定では、編笠山の後の目的地だったはずなのに。 ここで押手川分岐でのルートミスに気付く。メジャーなコースなので、地図は見ていなかったが、それでも間違えるとは。。。
休憩時は基本的に地図を確認するのだが甘く考えていた。 ミスルートは悔しいが、いまさら、戻るわけにもいかない。編笠山をカットしようかとも考えたが、ここまで来てカットするものもったいない。編笠山を見上げると、ここを登るのかと、げんなりするがしょうがない。折角だから登っておこう。
荷物はデポして空身で登れば楽なのだが、どうもデポするのは気が進まず、結局そのまま担いで編笠山を目指すことにした。
編笠山山頂にたどり着くと、押手川分岐の手前で追い越した方達が、ちょうど登ってこられた。ペースはこちらの方が早かったはずなので、少し遠回りとなってしまったようだ。 岩で覆われた広い山頂部からの展望は期待していた通りだ。登った甲斐があったというものだ。富士山を始め、南アルプス、中央アルプス、北アルプスが眺望出来た。見渡す限り標高の高い山は富士山を除き、全て雲が掛かっていた。八ヶ岳の最高峰の赤岳も山頂部は雲の中。風が強く少し肌寒いくらいだが、景色を楽しみながら、食事休憩。山頂での飯は何を食べても美味い。

標識の向こうには、これから向かう権現岳が近くに見えるが山頂部は雲の中。

南南東には言わずと知れた霊峰富士。見事な山容に見飽きることがない。

こちらは南アルプス。

これから目指すキボシと権現岳。山頂を覆う雲も晴れてきたが、左手に見えるはずの赤岳は雲の中。

奥に見えるのが中央アルプス。

こちらは北アルプス。雲が掛かって識別出来ないが、真ん中に見えるのが、奥穂高あたりか?右手に見える湖は諏訪湖。

そして、富士山。堂々たる佇まいに神々しさすら感じられる。これはへたな写真では伝わらない(^_^;)
休憩もそこそこに、次の目的地である権現岳を目指す。青年小屋までは一直線。
ガレた岩場を踏み跡を頼りに慎重に下るとすぐに青年小屋に到着。ここから権現岳まで400mほどの登り。
エネルギー充電のため、ここでもおにぎりを食べて、プチ休憩。
この小屋にはバイオトイレが設置されていた。庭先に咲いていたクルマユリを観賞し歩き始める。
歩き始めはなだらか。

途中で振り返って見た編笠山。まさに編笠のような山容。
ノロシバから見る西キボシ。その先に権現岳が見える。
西キボシへとむき出しの岩場が続く。最初はザレ場を九十九折に登るが、次第に細い踏み跡を巻きながら高度を上げる。