秩父の毘沙門山(白石山)へ長合沢左岸尾根から歩いた
日 程
2015年8月8日(土) 天気:曇り
山 名
毘沙門山(997m)
コース
駐車地(6:50)→林道終点(7:09)→鉄塔(154号)(7:33)(5min休憩)→ラストコル(8:21)→(仮称)長合沢ノ頭(8:45)(4min休憩)→毘沙門山(9:00)(12min食事休憩)→(仮称)長合沢ノ頭(9:26)→ラストコル(9:43)→壊れた作業小屋(10:11)→鉄塔(154号)(10:22)(6min休憩)→林道終点(10:51)→駐車地(11:04)
コース図
駐車場
新要トンネル付近に路駐
温泉他
両神温泉薬師の湯

山行記

先日、山と渓谷2015年8月号を眺めていたら、埼玉県小鹿野町の毘沙門山が紹介されていた。
近くには両神山や岩峰で知られる二子山が聳える。毘沙門山はまたの名で地形図では白石山と記されている。
南側には毘沙門神社があり、山の東麓には「平成の名水百選」にも選ばれた毘沙門水が湧く。そのため地元では毘沙門山という名で親しまれているのではないだろうか。 白石山の山名が示す通り石灰岩の山で、1970年代から1980年代にかけて石灰岩採掘のため、登山が禁止されたようだ。今も削られた南面からの登山は禁止されているとのこと。
以前から地形図を見ては気になっていたので、興味深く記事を見た。コースは北側に流れる長合沢の左岸尾根をピストンする内容であった。 この山の魅力はなんといっても、視界を遮ることのない岩峰の頂からの展望だと思う。アプローチとして整備された登山道はなく、訪れる人も稀で、ひっそりと佇む頂は秘峰の名に相応しい。俄然気になってしまったので、記事の通りトレースしてみることにした。

しかし、この暑いさなかに、1,000mに満たない秩父の低山を歩くのは、拷問のようで少し気が引けたが、樹林の尾根は思いの外、涼しいということはなかったが、多少暑さが緩和されたのか、あるいは曇り空の影響なのか分からないが、殺人的な暑さではなかった(笑)
しかし、暑いことには変わりがなく、この時期に近づいてはいけない山だったかもしれない(^_^;)

下山後は尋常ではないほどの汗をかきビショビショになった服を着替える。ついつい隣に流れる吉田川に飛び込みたくなる。早く温泉に入りたい(^_^;)
しかし、この時期になぜこの山にしたんだろう?他に選択肢はなかったのか(笑)
もっと涼しい山にすれば良かったかなと後悔しつつ、時計の針はまだ11時過ぎでお昼にもなっていない。
冷房を効かせた車内で人心地つくと、もう一山くらいは歩けるかなと、性懲りも無く地図を眺めている(^_^;)
そして、父不見山に向かうのであった。。


この後歩いた  父不見山

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

行きがけに平成の名水百選に選ばれた「毘沙門水」を汲むために水スタンドに立ち寄り1リットル補給して、粉状のアクエリアスを溶かし込む。協賛金として100円以上寄付とあったので、100円を入れた。 山渓の記事の通り、広いスペースに車を停める。そして要トンネルの手前、長合沢林道を歩く。
林道は朝露に濡れた草が生い茂る。この先も尾根の取付きでビショビショになりそうなので、スパッツを装着。 緩やかな林道を歩いているだけだが、汗が止まらない。というか立っているだけで汗が滴り落ちる。これは歩く山を間違えたか、後悔の念がふつふつと湧い起こる。引き返して別の山に行こうかとも思ったがそれも面倒だ。取り敢えず行けるところまで行ってみようと歩き続ける。 しばらくすると林道が途切れた。この辺りから鉄塔154号線の案内標が、所々で見られるようになる。当面の目標は鉄塔に出ることなので、しばらくはこの案内標を確認しながらの歩きとなる。

林道の先には朽ち果てた怪しい橋がかかっていた。
おかっなびっくり橋を渡り、長合沢の右岸を進む。

じきに鉄パイプの橋が現れる。橋は倒木が道をふさぎ渡れない。橋の先の斜面は下草で覆われている。

踏み跡などは見た限りでは確認できない。山渓の記事には崩落した巡視路があるとあったが、それってないってことではないか(^_^;)
見た感じでは右上に続く支尾根が登れそう。記事の地図もどうやら支尾根を進むようだ。 橋は渡れないため、少し上流を渡渉して斜面に取り付いた。

この斜面を取り敢えず直登してみた。

2〜3分ほど登って振り返って見下ろした風景。真ん中右寄りに鉄パイプの橋が見える。
沢の右岸の道は上流まで続いているようだが、どこまで続いているのか。。
顕著な踏み跡に気が付いた。どうやら巡視路のようだ。九十九折に続く巡視路を辿ると長合沢左岸尾根に出た。
尾根も踏み跡はしっかりしており、程なくして154号鉄塔に到着。鉄塔の基礎に腰を下ろし、プチ食事休憩を取る。
タオルで汗を拭い歩き始める。
しばらくはなだらかな尾根の南面を巻きながら進む。じきに崩壊した作業小屋の横を抜ける。

どうやらここの分岐を間違え、左に進んでしまったようだ。
沢の音が近付き、尾根も離れている。地図に記載のあった破線路に入り込んだようだ。とりあえず尾根に戻った。
なだらかな尾根道から次第に斜度が上がり始めた。
登りつめると尾根は左に続く。右にも支尾根が続いている。これは下りで間違えそうだが、分かりやすい目印があった。これは覚えておこう。
この尾根、途中で紛らわしい支尾根が多いので注意が必要。ここは要所々々でテープなどの目印を貼り付けるなどの対策が必要だろう。ただこのコース、終始赤テープが貼られており、それが役に立った。 途中で馬酔木の藪っぽい箇所もあるが距離は短い。概ね踏み跡はしっかりとあり、歩きやすい。
空は曇り空、時折陽が差すが、樹間で陽が当たらない分、幾分暑さも和らいでいるのか。それほど喉も乾かない。
右側の画像のピークが836mの標高点のようだ。
左手に毘沙門山を見ながら、山渓にラストコルと記載された場所に付く。目の前には壁のような斜面が立ちふさがる。

泥ザレの急登とあったがその通りである。木の根がむき出しになっているが、歩きにくそうだ。
おそらく前日は降雨があったと思われるが、湿ってて踏ん張りも効きそうもない、いやらしい斜面。

それにしてもすごい斜度。ここまでの傾斜はあまり経験したことがない。立ち木を利用しながら、一歩一歩確実に歩を進める。

振り返って見下ろした斜面。画像では大したことなさそうに見えるが実際はもっと斜度がある。下りが憂鬱。

途中で岩場もあり直登したが、ここもなかなかの傾斜である。右側から巻きながら登ることも出来るようだ。
この時期は仕方のないのことではあるが、ずっとアブなどにまとわり付かれ、おちおち休む事も出来ない。
この直登も休む事かなわず 200mほど踏ん張って登り続ける。
毘沙門山から続く稜線に出た。山渓では「長合沢の頭」と仮称している箇所だ。
お腹も空いてきたので、ここで一休み。標高も毘沙門山とほぼ変わらない。
毘沙門山に向けてなだらかな稜線を進む。

やがて平坦な場所に出た。途中に大きな窪地があったが、これが山渓で「大きな蟻地獄」と形容されている場所のようだ。なるほど上手い例えだと感心する。
深さは5mほどであろうか。アリというよりは人間サイズ。ここに落ちたら、巨大な蟻地獄が出てきそうだ(笑)
しかしこの広い稜線。クマが出没しそうな雰囲気が漂う。長居は無用と先に進むと前方に岩場が見えた。いよいよ毘沙門山の核心部か。

樹間の向こうに南面がむき出しになった山頂部が現れた。