タツマノ尾根、シャクナゲ尾根を経由して白泰山、小若沢を歩いた
日 程
2015年12月12日(土) 天気:晴れ
山 名
白泰山(1,794.1m)、小若沢(1,560.9m)
コース
大若沢休憩所駐車場(7:53)→タツマノ尾根(9:00)(5min休憩)→1470m地点(10:00)(5min休憩)→白泰山(11:26)(5min休憩)→白泰山避難小屋・のぞき岩(11:48)(50min休憩)→小若沢(13:41)→タツマノ尾根分岐(14:09)→タツマノ尾根下降点(14:38)→大若沢駐車場(15:33)
コース図
駐車場
大若沢休憩所駐車場
温泉他

山行記

奥秩父にはかつて秩父と信州を結ぶ往還道として多くの人が行き交ったいにしえの古道がある。その昔、関所が設置されていた秩父の栃本集落から、県境の十文字峠を経て長野県川上村まで二十里の峠道が今も続く。しかしその山深さから訪れる人は少ない。峠道には、旅人の安全を祈願して一里観音、二里観音。。と五体の里程観音が建立されている。道端にひっそりと佇む観音さまに当時が偲ばれる。

その栃本から十文字峠まで続く稜線上に白泰山という山がある。アクセスが悪く、アプローチも長くなるため、日帰りが可能なルートは限られる。2年程前に栃本から白泰山を目指したことがある。積雪のなか山道を約8km歩いて山頂直下の分岐に到着し、あと50m程登れば白泰山にたどり着けると、喜び勇んで分岐から一歩足を踏み出す。するとズズズっと腰の上まで体が埋もれて身動きが取れなくなり敢え無く断念したことがあった。
それ以来、機会があれば白泰山の山頂に立とうと考えていた。白泰山を日帰りで目指す場合、やはり栃本から向かうのが一般的だが、2012年度版の山と高原地図には白泰山の北に位置する中津川からタツマノ尾根、シャクナゲ尾根を経由して白泰山の稜線に出るルートがある。地図では2つの尾根の西側を巻くように破線が記されている。
しかし2015年度版の山と高原地図では破線すら消えていた。ということは廃道化が進んでいるということか。
ネットでの記録も少なく、最近の記録は見当たらないが、このルートは面白そうだと、密かに歩く機会を伺っていた。

あと白泰山から十文字峠に向かった先に赤沢山があるが、その北側の尾根が気になっていた。その名を大若沢左岸尾根とでも呼ぼうか。その尾根から赤沢山、シャクナゲ尾根、タツマノ尾根と周回を目論んでいた。その下調べのため、シャクナゲ尾根とタツマノ尾根をピストンして、尾根の様子も見ておきたい。
などと動機はいくつか挙げられるが、久しぶりの奥秩父。冬枯れの時季、幽玄な深山の雰囲気を味わいたいと、タツマノ尾根、シャクナゲ尾根を歩いて白泰山を目指すことにした。

このルート、歩き始めは「ふれあいの森埼玉県森林科学館」の遊歩道になっている。その先がタツマノ尾根で東南に向かう。途中から尾根は南南西に向きを変えシャクナゲ尾根と名前が変わる。この2つの尾根を繋げると結構な距離になる。タツマノ尾根とシャクナゲ尾根の間には小若沢という気になる三角点ピークがあるが、こちらの記録は全く見当たらない。
それは過去の記録を見ると、山と高原地図の破線ルートの通り、尾根を歩かず終始トラバースしているためだと思われる。2015年度版の山と高原地図には、この尾根コースは踏み跡薄く通行不可と記されている(下図)。
従って尾根上の様子が分からない。そこで過去の山行例に倣い、往路は尾根の様子を眺めながら巻き道を進み、復路で時間的な余裕と体力が残っていれば、尾根道を歩いて小若沢に寄ってみよう。

今回のルート、歩き始めは遊歩道で高度を稼ぎ、あとは尾根を巻きながら、緩い登りで白泰山にたどり着けるだろうと、簡単に考えていた。しかし、それが甘い考えであったことを後で思い知らされた。
今回の歩きは、今年で一番辛い歩きだったかもしれない。しかし、この日も誰とも会わず静かな山歩きが楽しめた。

さて、朝は予定よりも少し遅れて5時半頃に家を出た。秩父までは1時間強でたどり着く。いい感じ?でお腹の調子も悪くなり、いつものセブンで用を済ますと体調もバッチリ。 さらに1時間ほど進むと優に100m以上はあろう巨大な岩壁に覆われるようになる。中双里の集落を抜けると、目の前に現れる一際目立つ秩父槍ヶ岳の尖った岩峰に、奥秩父にやって来た実感とともに緊張感も高まる。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

中津川の集落を抜けて旧中津川林道へ進み、未舗装路となる手前の橋を渡る。大若沢の左岸の舗装路を走るとじきに駐車場に到着した。すでに7時半過ぎだが案の定、他に車はない。ここはふれあいの森の起点になっており、トイレのある東屋が整備されているが、冬季は使用不可となっていた。
東屋には遊歩道の詳細な地図が掲載されていたので、写真に撮っておく。
昨日は雨だったが気温が高かったため、こちらでも雪にはなっていないようだ。この日は風はなく寒くもないが、フリースを着込んで歩き始める。
大若沢の橋の手前は通行止めにとなっている。これは車の進入を防ぐものか?これでは遊歩道に向かう観光客も諦めてしまうのではないだろうか。
もっとも斜面の崩落で、道が崩壊している部分もあるし、一年通してここを歩く物好きな人は少ないのであろう。
大若沢沿いにも遊歩道が整備されている。5km先の滝が案内板に記されている。そこまで道が続いているということか。 途中から大若沢の左岸尾根に取り付けば、赤沢山まで時間短縮が可能かもしれない。 おそらくそんな記録はないだろうけど、いずれ歩いてみたい。
さて、遊歩道は大若沢を渡り、右岸の斜面に取り付くが、見上げる首が痛くなるほどの急勾配。ここを九十九折に登っていく。
急勾配の九十九折での登りは、高度が稼げるので嫌いではない。タツマノ尾根までの標高差は500mほどだが、白泰山まで単純標高差が1,000mなので、半分ほどの高度が稼げる計算だ。
落ち葉ラッセルが必要な箇所もある。崩落している斜面のトラバースもあって慎重に進む。10分ほど登ると汗が止まらない。
はるか下に見下ろせる駐車場に、かなり登ってきたことが分かる。 しかし、この道は遊歩道という生易しさはない。

先ほど写真を撮った地図を眺めると、遊歩道をこのまま進むとタツマノ尾根から少し遠ざかってしまう。
木段を登り詰めた場所から東南に延びる支尾根が続いていたので、そちらへ進路を変えた。登りきったところがタツマノ尾根である。
途中に昔の林業関係と思われるワイヤーが残置されていた。
所々でピンクテープが貼られているが、下りは分かりづらいなぁと思いながら登り進むと、尾根の手前で突然踏み跡が現れた。

これはラッキーとばかりに薄い踏み跡を追っていくとタツマノ尾根に乗った。地形図を見るとゴチャゴチャと尾根が入り組んでいる。これでは復路で下降点が分からなくなるから、持参したテープを貼っておこう。周囲を見渡すと、野生動物の定点観測用のカメラが木に括り付けられていたので、これを目印にした。
赤外線を感知すると自動的にシャッターが作動するタイプだろう。以前、奥多摩で見たことあるが、埼玉県内では初めて見た。
多分私も撮られたであろう。人間が撮られるのは何年ぶりかもしれない(^_^;)
この手のカメラ、他の場所にも二箇所設置されていた。 ここまでで500mほど登ったことになる。さすがにお腹が空いたので、休憩を取っておにぎりを1つ食べておく。
馬酔木が煩い尾根を進むとじきに痩せ尾根となる。所々に現れる岩場はそのまま進むか巻道がある。巻道も細く落ち葉が堆積しているので、注意しながら進む。

クサリ場もあって小刻みなアップダウンが続く。先日歩いた熊倉山から檜岳に続く尾根に似ている。
左画像に見えるのは、シャクナゲ尾根の終盤のピーク。目に付くピークはとりあえず地形図で確認しておく。

白泰山から十文字峠へ続く稜線が見えた。中央右寄りに双耳峰である赤沢山が認識できた。

前方に顕著なピークが見える。あれが小若沢だろう。150mほどの標高差だろうか。意外と高く感じる。
やはり往路で向かうのはきつそうなのでパスしよう。いつものパターンで復路もあっさりと諦めそうな気もするが、それはその時に考えよう。

こんな調子のヤセ尾根が続く。

タツマノ尾根も終盤に差し掛かると、前方に巨大な岩が現れた。
右下に踏み跡は続く。 おそらくここからシャクナゲ尾根にかけて巻き道を進むことになるのだろう。
尾根の左側をよく見ると切れ落ちているが、岩の途中に微かなルートらしきスペースがある。この先、こんな状況が続くのであろうか。ここを真っ直ぐに進めば小若沢だが、このまま突き進むのはヤバそうだ。地形図ではそれほどの傾斜ではなさそうだが、巻き道を進みながら登りやすそうな斜面も探しておこう。
巻き道には所々でピンクテープが貼られているが、序盤は分かりやすい踏み跡を歩く。
小さな尾根を乗っ越したり、谷というか崩落しているような箇所を巻きながら進む。危なそうなところにはロープが渡してあった。
1546mの標高点を過ぎた先のコルとなっている1470m辺りはカラマツと思しき針葉樹林に覆われた緩やかな斜面だ。ここでひとまず休憩を取る。小若沢に登りやすそうな手頃な斜面はなかった。小若沢へは、このコルから尾根をそのまま進むのが一番楽そうだ。下りのルート取りが心配でもあるが。。。
この後も踏み跡を追うと、1589mの標高点の手前のピークから延びる支尾根を乗っ越す辺りで踏み跡が消えた。テープもない。斜面も荒れている。支尾根を登るのが正解なのか。しかし尾根は高い位置にあり、登り返すのも面倒だ。そのまま手足を使い慎重にトラバースしながら1589m標高点の先にあるコルまで進んだ。
コルに出ると踏み跡が現れた。そして白泰山避難小屋を示す案内板があった。
しかし、途上何箇所か案内標識があったが、ほとんど朽ち果てて文字の一部が欠けて読めない。

あとは栃本から十文字峠へ続く稜線に出ればよい。
次第に周囲は苔むしてきた。まさに奥秩父の森といった感じである。

稜線も見えてきた。
あとは200mほどの登りを残すのみ。 お腹も空いてきたが力を振り絞って登る。後ろを振り返ったみたのが右画像。

目的の稜線に出た。踏み跡は見当たらない。樹林で見晴らしの利かない中で目を凝らして見ると、テープの巻かれた朽ち果てた標柱が立っていた。ここには元々付けられていたであろう標識の欠片も落ちていなかったが、よく見るとマジックで避難小屋の方向が記されていた。
ここから西に向かうと避難小屋、東に向かうと白泰山がある。
避難小屋に荷物をデポして、それから白泰山を、目指そうかと考えたがそれも面倒だ。
まずは長年の課題である白泰山を登っておこうと、東に進路を取った。 枯れたスズタケを掻き分けて、栃本から十文字峠まで続く登山道に出た。
道は白泰山の北側を巻いている。そのまま進めば以前ギブアップした分岐に出る。本来であれば、そこから山頂を目指してもよかった。

しかし疲れて何だか面倒になって尾根を進んでしまった。じきに白泰山に到着。 お腹が空いてしょうがないので、とりあえず三角点に腰掛けて、おにぎりを食べる。
樹林に囲まれた山頂からの見晴らしはよくない。目の前にはネットで目にする欠けた山名標識があるだけ。あまりパッとしない。
2年越しの白泰山、やっとのことで辿り着いたわけだが感慨深いものは何もなかった(^_^;)
まあ、それでも課題のひとつが達成できたので良しとしよう。 日陰でじっとしてると肌寒い。避難小屋に向けて早々に歩き出す。尾根道を少し進むと避難小屋に出た。

その手前には二里観音様が祀られていた。一里観音は2年前に見ている、五里観音は以前甲武信ヶ岳を歩いた時に見ている。
あと残すは三里観音と四里観音のみ。これを見るためには日帰りでは無理だろうから、いつになることやら。
避難小屋を覗くときちんと整理されていた。