午後から近場の日和田山を歩いた
日 程
2015年11月15日(日) 天気:晴れ/曇り
山 名
日和田山(305m)
コース
駐車場(14:36)→金毘羅神社(14:56)(7分休憩)→日和田山(15:07)(10分休憩)→駐車場(15:36)
コース図
駐車場
温泉他

山行記

昨日、エベレスト3Dを見た。これは史実に基づいた話で、どんな内容なのか大筋分かっていたが、この手の映画の楽しみとしては、その場の臨場感を味わい、追体験をすることではないだろうか。酸素や気圧が地上の三分の一しかない8,000mを越える高度。デスゾーンとも呼ばれ人間が生存出来ない世界。現実的に体験出来るわけもなく、想像することすら叶わない。そんな世界を少しでも垣間見ることが出来た。
しかし最近の3D技術はなかなかよくできている。3Dの効果なのか、極限状況の描写はその場にいるようなリアルな緊迫感が伝わってくる。
ただ惜しむらくは映像では山で感じる様々な事を表現するには限界がある?ところか。 おそらくヒマラヤで感じるであろう、心が震える雄大なパノラマ、圧倒的な存在感を放つ山々の息を飲むほどの迫力、そして一歩踏み出すのさえ辛いであろう登攀の厳しさなど映像で伝えきれない。
映画のワンシーンでのやりとり、
「なぜエベレストに登るのか?」
「そこにエベレストがあるから」
エベレストに初登頂した人の言葉でもあるのだが、このありきたりな言葉に山登りのなんたるかが集約されているのでしょう。

さて、余談が長くなったが、この日は朝から降り出した雨も、昼にはすっかりとあがって晴れ間が顔出した。特に山歩きの予定はなかったが、なんとなく岩登りの真似がしたくなった。大した練習にはならないかもしれないが、近場の日和田山を軽く歩いてみようと、トレッキングシューズを車に積んで家を出た。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

駐車場には14時半頃に到着した。久しぶりに二代目HIDEJI号でやってきた(笑)
風もなく穏やかな陽気。この山はファミリーハイカーが多く訪れ、ハイキングとして有名な場所。こんな時間から登るハイカーもいないだろう。駐車場で準備していると、2組、3組と下山してくる。
早速、歩き始める。登山口から山道は右に迂回しているが、直登のルートがあるので、トイレのある広場を右手に見て進む。

なだらかなピークを越えると、前方に立派な鳥居が現れる。

周囲は針葉樹林に変わる。金比羅神社の鳥居を抜けると、男坂と女坂の分岐になる。ここはもちろん岩場のある男坂へ進む。
踏み固められた平坦な道を行くと、水場のある分岐に出る。ここまでなんともあっけない。
低山とはいえ、晩秋になると15時くらいでも樹間はかなり暗くなる。左の画像が実際の暗さで、右は露出補正が掛かった画像。
日和田山、見晴らしの丘、男岩女岩へ向かう道標が立っていた。男岩女岩はロッククライミングの聖地。プロトレックを壊した因縁の岩場(^_^;)
今も多くのクライマーがチャレンジされているのだろう。 ここから日和田山まで大した距離はないが岩場が続く。

岩場の練習も兼ねてゆっくり進もうと考えていたが、今朝方まで降り続いた雨で、岩肌の湿っており、ここはと思う箇所では練習にならなかった。
それでも何度か登り下りして、上からハイカーが下りてきたのを潮に山頂に向かう。

なんともあっけなく鳥居のある金比羅神社にたどり着いた。 疲れてはいないが、汗が止まらない。

風はなくじっとしていると汗がにじむ陽気に、シャツを脱いで半袖になる。

ここから見下ろす巾着田はお気に入りの風景の一つ。岩場に腰を下ろして休憩していると、日和田山方面から家族連れのハイカーが下りてこられた。
こんな時間でも歩いている人も結構いるものだ。周りを見渡しても紅葉の気配もない。下界ではまだ15時という感覚だが、山ではもう遅い時間帯の範疇になる。
日も陰ってきた。 とりあえず少し先の日和田山へ行って写真だけでも撮っておこう。

金比羅神社の裏に続く緩やかな尾根を進むと、高差山と日和田山を分ける分岐に出た。
分岐といってもその向こう側にある小高いピークが日和田山で残り10mもない。

ひと登りで日和田山に着いた。久しぶりの山頂にはご夫婦と思しきご年配のハイカーがいらした。
歌碑には「万物を 等しく照す 初日の出 世の陽土(ひと)を 背負う径(みち)なり 人の道」とあった。
ピッカピカに磨かれた歌碑の表面には、撮影している私が鏡のように写っている(笑)

ベンチに腰を下ろして汗を拭い、コンビニで買ったパンを頬張る。ここからは北東から南東方面がよく見渡せる。
少し霞んでいるようだが、スカイツリーは辛うじて認識できた。

奥に筑波山が見えた。この山頂周辺にも紅葉はない。もう少し先へ進んでみようかとも考えたが、時間も遅くなってしまった。紅葉を期待して麓の高麗神社にでも寄ってみようかと、このまま引き返すことにした。

金比羅神社まで戻ってみると、見晴らしのよい岩場に何組かのハイカー達が休まれていた。

それにまだ下から登ってこられるハイカーもいた。

ここで写真を撮っていると、引っ切り無しにテントウムシが集ってくる。よくよく見ると周りには無数のテントウムシが飛び回っていた。
珍しい現象だと思うが、非常に鬱陶しいので、早々に立ち去ることにしょう。

夕暮れが迫るひと時。少し靄が掛かっている



巾着田の全景。文字通り巾着の形をした畑。

奥武蔵の山々。一番奥に見える稜線は長沢背稜だろうか。
さて復路は女坂を進んでみよう。
始めは右斜面を巻きながら進み、小尾根に乗るとすぐに、大きな鳥居がある男坂と女坂の分岐に出た。
下から女性の単独ハイカーとすれ違った。これから登られるとはなかなか渋い。
鳥居からは5分ほどで駐車場に戻った。 歩き始めてちょうど1時間経過した。物足りない山歩きだった。

この後は、近くにある高麗神社に寄ってみた。

ここの紅葉もいまひとつ。

高麗神社もいつのまにか拝殿が新しくなっていた。