紅葉に淡い期待を抱いて秩父の宝登山へ
日 程
2015年11月7日(土) 天気:晴れ/曇り
山 名
宝登山(497.1m)
コース
長瀞駐車場(9:06)→宝登山神社(9:25)(10分お参り)→宝登山(10:45)(途中休憩有り)(44分休憩)→ナラ沢峠(11:52)→氷池分岐(12:08)→長瀞駐車場(12:53)→長瀞探索
コース図
駐車場
温泉他

山行記

今年も早いもので、すでに11月を迎えてしまった。秋らしさを味わう間もなく、最近の陽気に冬の訪れさえ感じるようになった。それでもここ数日は快晴で暖かい日が続いた。毎年、秋も進むにつれて紅葉が気になり始める。紅葉の進み具合は場所により異なるので、あれやこれやと悩むうちにシーズンが終わってしまうのがいつものパターンだ。今日が一番という絶好の機会になかなか恵まれたことがない。
今回はYHさんと8年ぶりの山歩き。ブランク期間が半端ではない(笑)
リハビリも兼ねて歩きましょうということで、紅葉に淡い期待を抱きつつ、場合によってはロープウェイも使える秩父の宝登山に決まった。
先週に引き続き、我が家に迎えに来ていただき、7時半過ぎに出発する。関越道を花園で降りると1時間半も掛からず、長瀞に着いた。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

駐車場には一台しか停まっていない。この日の天候は曇りの予報だが、陽も出て暖かい陽気だ。
駐車料500円を払い、早速、宝登山の麓にある宝登山神社の参道を進む。宝登山神社は秩父の三大神社の一つとして知られる。
まずは神社に立ち寄りお参りする。神社周辺の紅葉はイマイチだった。

宝登山神社拝殿でお参り。
神社の狛犬たち。

立派な竜の彫刻。
続いて山頂を目指して山道を進む。山道とはいえ、車が通れる広い林道といった感じでのんびりと歩く。
歩いてると汗ばんできた。上着を脱いで休憩を取る。

途中、見晴らしの良い場所で振り返ると、美の山や、

不動山、陣見山の稜線が見える。遠くの山々は霞んでいて見えない。
しばらくすると右前方に小動物園の三角屋根が見えた。ここまで来れば山頂まで目と鼻の先。
ツツジに覆われた宝登山神社の奥社へと続く階段を登り、鳥居を抜けると宝登山神社の奥宮に到着。
こちらはお犬様の狛犬。ここでもお参りを済ませて、宝登山山頂を目指す。
目指すといっても裏の小高いところが山頂である。
広い山頂は樹間の中で展望は利かないが、西方面は開けて見晴らしが良く、ベンチが並んでいる。

しかし遠くは霞んで見えない。秩父の山で判別つくのは武甲山くらいか。下には秩父の街並みが広がる。

その奥の山々は全く見えなかった。

斜面を見下ろすと寒桜が咲いていた。ここは蝋梅でも有名なところ。開花する1月頃には独特の甘い香りに包まれて、多くの観光客で賑わうのだろう。
さて、休憩できそうな場所を探すが、どのベンチもハイカーで満席。そのため、三角点の周りの岩に腰掛けた。休憩していると、長瀞アルプスから来るハイカー、ロープウェイ方面から上がってくるハイカーや観光客がのべつまくなしにやってくる。目の前の山名板のところで、皆さん、スマホで記念撮影をされていく。中には初めて登山したという御婦人がいた。

さぁ、復路はロープウェイで下るか、長瀞アルプスを歩くか?
時間もあることだしYHさんの調子も悪くないとのことで、長瀞アルプスを歩き、途中からショートカットして長瀞に戻ることにした。 宝登山からしばらくは急な木段が続く。雲が出て陽も少し陰ってきた。風も多少出てきたようだ。樹間の道は少し肌寒い。下っているとSLの汽笛が聞こえてきた。SLは1日1便、熊谷から三峰口へ1往復している。熊谷からの便が長瀞あたりを通過しているのだろう。
前方からは家族連れやハイカーのグループがしきりにやって来る。野上駅から歩かれるハイカーが多い。一方で、我々のように長瀞側から歩く人は少なそうだ。来月にはここ長瀞アルプスを舞台としたトレラン大会があるのだが、それを知らせる案内が其処彼処に貼られていた。そういえば先週ご一緒したinoueさんも出場されると聞いていた。12月13日(日)はゆっくりとハイキングを楽しむという訳にはいかないだろうから、一般ハイカーは避けたほうが良いかもしれない。さて、宝登山から急坂を下ると林道に出る。林道から10分ほどの野上峠から下る予定。
ブランクのあるYHさんは、山頂からの急坂に、少しお疲れのご様子。これから山頂に向かう山ガール3人組に、余計?なプレッシャーを掛けていた(笑)
林道をしばらく進むとナラ沢峠から山道に入る。 しっかりと踏み固められた足元と適度なアップダウンは歩きやすい。
間もなく、野上峠手前の小鳥峠の分岐に差し掛かるが、通行止めとなっていた。
さらに進むと野上峠に到着したが、ここも通行止めとなっている。山と高原地図2015年版では実線だが、先を見ると少し藪のようだった。
初心者のハイカーが、むやみに迷い込まないように徹底している。
少し遠回りになるが、先の分岐まで歩き始める。 やがて氷池分岐にたどり着いた。
氷池とは沢の水を引いて天然水の氷を作るための人工池である。
分岐からは明らかに道の状態も悪くなる。ここから長瀞アルプスを離れる。
踏み跡も減り、 15分ほどで先の野上峠からの道との合流点に着いたようだ。
野上峠からの道は藪が生い茂り、見た感じでは廃道化しているようだ。 ここからは作動道のようになる。
しばらくすると右側に氷池とおぼしき人工池が見えた。深さは50cmほどだろうか。
町の喧騒が聞こえてくると、じきに国道に出た。あとは駐車場に戻るだけ。R140を歩いていると、YHさんの靴底のゴムが両方とも剥がれかけだした。
8年ぶりの登山靴ではこのようなことも起こりうるのだろう。しかし山道じゃなくてよかった。

駐車場に到着しYHさんは靴を履き替えた。その後、長瀞は初めてということで、岩畳に立ち寄った。
長瀞は相変わらずの賑わいだった。

岩畳も多くの観光客が訪れていた。

長瀞の紅葉は少し時期尚早かなとの懸念もあったが、まさにその通りだった。
長瀞メインストリートで五平餅を食し、駐車場に戻り、その足で芦ヶ久保の道の駅に移動して新そばをいただき帰路についた。

今回はマッタリ系の山歩き。そろそろ訪れる人の少ない寂しい山歩きが恋しくなってきた。
次はどこに行こうかなぁ