常念岳、蝶ヶ岳
日 程
2015年9月22日(火) 天気:晴れ
山 名
常念岳(2,857m)[日本百名山]、蝶ヶ岳(2,625m)
コース
無料駐車場(5:04)→三股登山指導所(5:17)→石室(8:18)(6min休憩)→常念岳(9:16)(20min休憩)→蝶槍(12:11)→蝶ヶ岳→(13:06)→三股登山指導所(15:38)→無料駐車場(15:48)
コース図
駐車場
三股手前無料駐車場
温泉他

山行記

毎年、夏は連泊してアルプス歩きを続けていたが、今年は九州の山歩きとなり、アルプス歩きはしていない。そのためかアルプスのパノラマが見たくなった。シルバーウィークも、連休後半の3日は晴天が期待できそうだ。そこで衝動的に北アルプスに行ってみる気になった。
帰りは確実にUターンラッシュに巻き込まれるだろうけど、出発は夜中なので、渋滞にハマる心配は少ない。
いつものごとく日帰りとしたい。そこで思いついたのが、南アルプスでは黒戸尾根からの甲斐駒ヶ岳、北アルプスでは常念岳だった。黒戸尾根はいずれ歩きたいが甲斐駒ヶ岳は北沢峠から登ったことがある。 しかし、常念岳は行ったことがない。三股から常念岳、蝶ヶ岳の周回が面白そうだ。このコースは歩行距離が20km弱で、単純標高差が1,500mほどあって、歩き甲斐のあるタフなコース。 山と高原地図のコースタイムは13.5時間掛かるとある。ネットで調べると、日帰りをされる多くの方は、朝は4時、あるいは5時頃から歩き始めている。その例に倣って5時過ぎ頃に歩き出す計画とした。

駐車場は70台程度停められようだが、夏のシーズンでは夜中に満車になってしまうようだ。今の時期であれば、そこまでにはならないと思うが、夜中の2時過ぎには着くようにしたい。駐車場は安曇野ICから近く、アクセスは良い。我が家からだと3時間程度で行けそうなので、23時過ぎに出発すればちょうど良い。
ということが出発日の夕方に決まった。3時間程度仮眠できれば問題ないだろう。といっても結局眠れないのだが、横になっているだけでも全然違う。
早速、準備を進め、いつものごとく本日の予定を紙に記し奥さんに渡す。 それから眠りにつくが、結局1時間ほどの睡眠で、予定通り23時過ぎに家を出た。

高速を快調に飛ばし、安曇野ICを出たところのコンビニで食料を調達した。今日は少し長丁場になる。水分は3リットル用意した。 インターを降りると駐車場まで20kmほどの距離だが、そのうち半分は林道の走りとなる。
駐車場に近づくと、路駐の車が多くなるが、これはおそらく泊まりの車で、前日以前に停めているのだろう。駐車場には2時半頃に到着した。7割程度の駐車率で読み通りだった。車を停めて、ひとまずトイレを済ます。ふと見上げると眩いばかりの星空が広がる。天の川が全く素晴らしい。明日の晴天も約束されたような気になる。いつまでも眺めていたい景観だが、寒すぎてじっとしていられない。
4時半ごろから歩き出す準備をすべく、車で仮眠をとる。4時を過ぎると周囲もヘッデンを付けて徐々に歩き始めている。こちらも遅れまいと、外はまだ暗いがヘッデンを付けて歩き出す。すでに駐車場は満車だった。
駐車場で体をほぐしていると先にあるゲートを開いて、1台のランクルが進んで行った。営林関係者なのだろうか。
ここは標高が1,000mを越しており、さすがに肌寒く長袖1枚では耐えられないほどだ。1枚上着を出して着込み林道を歩きだした。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

ゲートを越えて、しばらくは林道を歩く。林道を歩き始めて10分ほどで三股登山相談所に着く。そこには長机が置いてあり、登山届の用紙とペンが置かれている。先ほどのランクルがヘッドライトで照らしており、運転席からおじさんがこちらを凝視している。素通りしにくい雰囲気ではあるが、そのまま通り過ぎようとしたら、登山届を提出するよう呼び止められた。
昨今、長野県で登山届の提出義務化の議論をしていたのを思い出す。その必要性・重要性は理解できるので、ペンを取って登山届に予定コースと連絡先などを書き記した。夜も明けきらないうちから、登山届の提出を監視されているのは、大変な事だと思うが、山岳遭難を少しでも減らそうという活動には、ハイカーとして頭が下がる思いだ。
さて、指導所から山道に入ると、すぐのところで常念岳と蝶ヶ岳の分岐にでた。予定では、常念岳に登り、稜線を縦走して蝶ヶ岳から下るため、常念岳に向かう。常念岳まで7.1kmでコースタイムで7時間とある。さすがにそこまで時間は掛からないだろうと歩き始める。
登り始めるとじきに明るくなり、汗をかき始めたので、早々に上着を脱いだ。
このコースはハイカーも多いだろうと思い、熊鈴は外していたが、低い呻き声のような音を聞いた。
気のせいかもしれないが、やばいと思い、熊鈴を付けた。
じきに山道は傾斜を増し九十九折に登り進める。このような斜面は嫌いではない。休憩も取らずにいいペースで登り進め、3組ほどのハイカーを追い越すと、2,207m標高点の支尾根に乗った。 コースタイムではここまでで3時間半掛かるとあったが、1時間半ほどで着いてしまった。この日は身体の調子もよく、大して疲れていないが、多少の空腹感を覚えたので、リュックを下ろしておにぎりを一つ食べた。

尾根に乗るとなだらかな斜面となる。快調に歩を進めていると、常念岳から蝶ヶ岳に続く稜線が見えた。
遥か彼方に白い建物らしきものが望めるが、地図を当ててみると蝶ヶ岳ヒュッテのようだ。あそこにたどり着けるのは何時間後の事だろうか。

時折、前方に前常念岳も見えるようになる。
しばらく進むと梯子があり、大きな岩に出た。振り返ると見渡す限りの雲海が広がり微かに富士山も望めた。上空は雲もなく最高の天気。
森林限界も突破するとハイマツと岩に覆われた尾根となる。そして左側には穂高連峰も見えるようになった。

ここから前常念岳までは基本的に大きな岩の上を渡りながらの登りとなる。
前日、常念小屋泊りで下ってくる多くのハイカーとすれ違う。

手前の稜線が常念山脈で、常念岳から蝶ヶ岳へと続くこれから歩くルート。中央左寄りの少し尖ったピークが蝶槍、その左端の一番高いピークが蝶ヶ岳。
そして、奥に見える岩山が穂高連峰

所々で岩にマーキングされているので、それに注意しバランスを崩さないように進む。
登り始めて3時間強で石室に到着。そして、その少し上に前常念岳の三角点があった。

尾根の先に、日本百名山で標高2,857mの常念岳の頂が望めるようになった。ここから標高差で200m程度。あと僅かだ。

穂高連峰がその全貌を現した。
左から、前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳が立ち並ぶ。その左の奥には乗鞍岳、そして、蝶槍の後ろで少し雲が繋っているのが御嶽山。

日本の山で3番目の標高を誇る奥穂高岳のアップ。あの山もいずれ登りたいが、冬以外はいつ行っても混んでそうだ(^_^;)
北の方へ目を転じると、雨飾山など上越の山並みが遠望できる。
周辺の山肌は色付き始めている。紅葉にはまだ早いかもしれないが、ここならではの光景かな。

常念岳の肩に出た。この日、初めての槍ヶ岳とご対面(^_^)
左を見上げると常念岳の山頂まであとわずか。ハイカーの数もやたらと多くなった。
登り始めて4時間ほどで常念岳に到着。山頂の祠の写真を並んで順番を待って撮る(笑)

今まで歩いてきた前常念岳からの尾根を振り返る。

奥穂高から槍への迫力のある大パノラマが広がる。皆さん思い思いに食事したり、写真を撮ったり余念がない。かくいう私も写真を撮りまくる(笑)
パノラマを楽しみながら、食事休憩。水分は3L持ってきたが、300mlも飲んでいない。 少しでも荷物を軽くするために500mlほど飲んだ(^_^;)

20分程休憩して蝶ヶ岳へ向かう。前方に延びる稜線を5kmほど歩く。

常念岳から見た北西方面の山々。以前歩いた燕岳剱岳、立山が見渡せる。

北に向くと昨年歩いた白馬岳や鹿島槍ヶ岳が遠望できた。

これから歩く稜線。

右側が穂高連峰。麓には梓川が流れる。

左側の雲が掛かっているのが御嶽山、その右側の尖ったピークが乗鞍岳。その手前が霞沢岳。

そして、雲海に浮かぶ富士山と、日本で2番目に高い北岳が見えた。

いつまでも見飽きないパノラマを満喫しながら、稜線を進む。

ガレ場を慎重に進むと蝶槍や蝶ヶ岳が近づいてきた。画像中央の一番高いピークが蝶ヶ岳。そこから左側の斜面を三股まで下る予定。