越生から四寸道を辿って高山不動尊まで歩いた
日 程
2015年1月24日(土) 天気:晴れ
山 名
越生駒ケ岳(369m)、関八州見晴台(771.1m)、虚空蔵山(618.8m)
コース
越生町営無料駐車場(8:39)→横吹峠(8:56)→越生駒ケ岳(9:17)→御岳山・御岳神社(9:25)(5min休憩)→七曲り峠(10:39)→関八州見晴台(10:52)(50min休憩)→高山不動尊(11:55)(12min休憩)→虚空蔵山(12:21)(8min休憩)→花立松ノ峠(12:48)→黒山三滝(13:35)→越生町営無料駐車場(13:51)
コース図
駐車場
越生町営無料駐車場
温泉他
-

山行記

旺文社の山と高原地図「奥武蔵」には、越生から関八州見晴台へ続く四寸道という名の破線ルートが記載されている。以前から越生近辺を歩く度に気になっていた。
四寸道とは、越生から高山不動尊へ続く信仰の道だったようだ。その昔は高山街道とも呼ばれ、修験者が多く行き交ったのだろう。道中にある大岩の間に四寸の隙間があり、それが名の由来と伝えられている。

高山不動尊は関東三大不動尊として、成田山新勝寺、高幡山金剛寺と肩を並べる由緒ある寺院である。本堂は高貴山常楽院といい、白雉5(654)年、藤原鎌足の第二子長覚坊上人が東国鎮護のため創建したと伝えられる。山伏の修験場として栄え、36坊を数える大規模な寺院であったという。
関東三大不動とはいえ、他を知らないので、比較のしようがないが、今は往時を思い起こすようなものは目に付かず、よい意味で少し寂れた感じであった。
ここは巨大な大イチョウで知られるが、本堂も目を見張るほどの大きさで迫力がある。本堂全体を写真に収めようとすると、撮影ポイントが限られ、どの写真を見ても大体同じ場所からである。そんなところも関東三大不動尊たる所以だろうか。

高山不動尊には奥の院があり、高山不動尊から北に登った先にある。関八州見晴台として知られる高山不動尊に負けず劣らず有名なところである。関八州とは、相模、武蔵、上野、下野、安房、上総、下総、常陸、をいい、関東八州、つまりは関東全域が一望できるというだけあって眺望はすばらしい。
前回に続く?古の道シリーズとして、今回は越生から四寸道を辿って高山不動尊と関八州見晴台を歩いてきた。古道を感じさせる名残は少ないが、このエリアとしては誰とも会わず静かな歩きが楽しめた。
四寸道は破線といえども道は終始分かりやすい。ただ道標の類はあまり整備されておらず、紛らわしい分岐なども何ヶ所かあるので、注意が必要かもしれない。

この日は風もない穏やな陽気で、歩いていると汗がにじむほどであった。
残雪は少ないだろうと、今回のコースをチョイスして正解だった訳だが、なんだか少し物足りなかったのが正直なところ。この時期、富士山が間近に見え、ほどほどの雪が楽しめる山に行ってみたい。どかっと積もった雪は敬遠したいが、積もり具合は行ってみないと分からない。去年の大雪のイメージが強く、雪の積もった山域は避けてしまう。そうなると、やはり、次もこの近辺か。

しかし登山は下りでの事故が多いと聞くが、全くその通りであった。復路も終盤に差し掛かった林道の下りで、滑ってアスファルトで膝を擦ってしまった。
すでに終わった気になり地図を眺めながら歩いていたため、ピンポイントで凍結していた路面に気付かなかった。あまりの痛さにしばらく動けず、パンツの膝も擦り切れ、ダブルで痛い目に遭ってしまった(^_^;)
血が止まらず、リュックに忍ばせている救急セットを引っ張り出して手当てした。何年も使ったことのない消毒液、果たして効果があるのかなと思いつつ。
林道歩きですっかり気が緩んでしまった。足元が不安定な山道では、動きながらのよそ見は気を付けてはいるのだが、全く油断していた。
いつなんどきに何が起きるのか分からないのが山だから、里山とはいえ気をつけなければ。。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

いつもの越生町営無料駐車場に車を停める。県道61号を越生方面へ戻り、火の見下バスから横吹峠に向かう。
横吹峠に到着。ここから四寸道を進む。御嶽山・御嶽神社を示す道標があった。昨年設置されたようだ。まずは越生駒ケ岳を目指す。
しばらくすると右手のピークを巻いて四寸道は進む。ピークは越生駒ケ岳だろう。四寸道から登り口を示す標識は、西側の尾根の突端にあった。
四寸道から20mほど登ると三角点のある越生駒ケ岳に到着。真っ赤な山頂標識が印象的。留め方が少し雑な気もするが(^_^;)
駒ケ岳ファンクラブとは、全国の駒ケ岳を巡るグループのようだ。駒ケ岳の名を冠する山をいくつか登ったことはあるが、果たして全国にどのくらいあるのだろうか。
四寸道を先に進むと前方のピークを左側に巻いて道を続く(左画像)が、ピークを目指す踏み跡もある。
位置的にはこの先に御嶽山があると思われる。ピークを登り詰めると道は左右に分岐する。地形図を見て右に進むと踏み跡が荒れだした。
方向的には間違いないのだが少々不安になる。すると御嶽山・御嶽神社を示す真新しい道標が現れ、右前方に見ると社殿があった。
しかし、この道標は先ほどの四寸道の分岐に設置した方が分かり易いのではと思ったりもする。。。
御嶽神社の由来。東側の急斜面を見下ろすと御嶽講から奉納された石碑があった。
よくよく見ると道がある。地形図を見ると麓まで破線が続くので、こちらが参道なのだろう。
そして一鳥居もあるのだろう。この先に進んでみたくもなったが、それでは終わってしまうので、四寸道へ引き返す。

右手前のピークが越生駒ケ岳。奥に見える稜線が、桂木観音から大高取山へ続く稜線だろう。
四寸道は所々で掘割状の道が続く。雨など降ったあとは、ドロドロになりそうだ。北側の斜面を巻くようになると、左側に十手の鉤のような枝を持つ杉の大木が見えた。奥多摩の御岳山では天狗の腰かけなんて言われているが、杉の巨木にはあの手の枝をよく見かける。
林道猿岩線に出た。ここを右へ進む。
200mほど進むと、標識はないが赤テープの垂れ下がった登り口を見つけた。ここから先へ進む。

突然、南側が開けた場所にでた。中央のピークが奥武蔵グリーンラインの683mピークだろう。中央右寄り林道の走る鞍部が花立松ノ峠。まだまだ登りは続く。
こんな荒れた場所もあった。林道を越えると右側には529mのピークがある。何もないかもしれないが、気になるので、寄ってみたが案の定何もなかった(^_^;)
再度、林道に出た。ここは左へ進路を取りしばらく進む。左へ回るヘヤピンカーブの先に右画像のような登り口がある。
少々分かりづらいが、案内板を設置されていた。
林道から巨岩の露出している谷間を登る。四寸道は道中、大岩の隙間が四寸だったことから、そう呼ばれているということだが、この辺りがその名の由来の場所なのだろうか。

斜面の途中で、寛政○と刻まれた馬頭観音様(○は不明)。大きな岩の上に祀られていた。江戸中期、200年以上前のものだが、信仰の道だったことが伺える。
植林に覆われた急な斜面を九十九折に登り、ほどよく汗をかき始めた頃に七曲り峠にたどり着いた。
七曲り峠からさらに稜線を息を切らしながら登り詰めると高山不動尊の奥の院でもある関八州見晴台に到着。

多くのハイカーで賑わっていた。ここはベンチも多く日当たりの良いベンチが空いたので、眺めを楽しみながら昼食を取る。
空は青く澄み渡り、素晴らしい展望が広がる。関八州見晴台と言われることはある。
展望図も設置されており、登ったことのない山はどこだろうと、山を確認しながら、ついつい長いこと見入ってしまった。
お馴染みの奥武蔵の盟主・武甲山。削られた痛々しい斜面はピラミッドの斜面を思わせる。近いうちに登りたい山である。

武甲山から小持山、大持山へと続く稜線。

中央右寄りに丸い山頂の大平山が見える。

蕎麦粒山から天目山へと続く長沢背稜

霊峰・富士が御前山の奥にその頭を出している。手前中央の山が棒ノ折山