中世戦国時代の山城を見に腰越城跡を歩く

小川町から県道11号線を西に向かうと、南北に走る尾根の末端に道が塞がれ大きく迂回する場所がある。その尾根の末端はその昔、腰越城という山城があったところだ。現在は腰越城跡として、県指定史跡として良く整備されている。
腰越城は、松山城主上田氏の家老を仕えた山田伊賀守直定の居城と伝えられ、天然の要害に築かれた典型的な中世の戦国時代の山城として知られている。 この近辺はとにかく城跡が多く、ちょこっと寄ってみては往時を偲ぶのも楽しみの一つである。
それと、城跡から尾根伝いに東北に進んだ先に△249mのピークがある。ネット上で情報の少ないピークには、ひょっとしたら山名板などあるのではないか。未知の山を発見する喜びも密かに期待もしていた。

午前中の歩きに物足りなさを感じて、懸案のひとつであった腰越城に向かった。
城跡の入り口はパトリアおがわの駐車場の目と鼻の先。城跡見学の場合は、車を停めても問題ないようなので、少し遠慮気味に端に車を停めた。駐車場内に城跡への案内標識が立っていたが、尾根の末端の山城跡は目の前に見える。ちょっと行くだけだからと空身で向かった。
県道を渡り案内に従って進むと、じきに当時を再現したような門構えに出た。ここをくぐると山道に変わる。山城というだけあって、多少の登りは覚悟していたが、木段が延々と続く。山の中で階段に出合うと途中で止まるのが癪なので、出来るだけ休まず登り切るという、つまらないこだわりがある。そんなことで、息を切らしながらも休まずに登り詰めた。空身だったのが幸いしたが、本日の登りで一番疲れた(^_^;)
城跡は当時の遺構がコンパクトにまとまっている。遊歩道も整備され、遺構の全てが見て廻れる。周囲は堀切や竪堀で区画されている。
広い本曲輪は南北に長い長方形で、東西の見通しが良い。槻川に三方を囲まれた天然の要害となっており、なるほどここに城を建てる戦略的な意義の大きさも分かる気がする。また、説明も多く親切で、期待通りだった。
城跡を楽しんだ後は、気になるピークに向かったが、こちらは期待したほどではなかったので、さらっと流して、この次に控える遠ノ平山に向かう。

アルバム

パトリアおがわの駐車場に車を停めて、空身で出かけた。気になる△249mのピークもすぐ近くに見て取れる。

駐車場を出た所が県道11号。前方に見えるピークが目指す腰越城跡。
県道11号を渡ると「埼玉県指定史跡 腰越城跡入口」を示す標識があり、それに従う。
石垣や蔵のある古い民家の間を縫って進むと、当時を思わせる木戸が復元されている。 これから入城するような気分になり、テンションもあがる(^_^)

城跡入口を示す木標に以下の説明が記されていた。
「この付近は昔から榎戸と呼ばれ、伝承によると城門大手口として一の木戸があったことから地名となったといわれております。事実木戸があったかは定かではありませんが、城跡保存に際して、往時を偲ぶため、この木戸(想像)を建設いたしました。」
木戸を抜けると、鬱蒼とした雰囲気に変わる。
延々と続く木段。ほどよく疲れたころに山城に続く稜線の鞍部に着く。実際は鞍部というよりも尾根を切り開いた堀切のようだ。
鞍部には、官ノ倉山、石尊山を示す標識があった。え!そんなルートがあるのかと、すぐに地形図で確認する。
なるほど稜線伝いに歩けそうだと興味を覚えたが、こんな寂しいルートを歩く人は年間数人ではなかろうか。
鞍部は二重堀切になっている。とりあえず本廓に向かってみよう。

腰越城跡の配置図。遺構の全てを見学できるように散策路が整備されている。
遺構も説明がないと、正直何だか分からないことが多いが、ここは解説が多く親切である。
先ほどの門構えといい、登城道の木段といい、まったくありがたいことだ。小川町?の熱の入れようが分かるというものだ(^_^)
本廓へは大きく回り込むような形で探索を歩き、竪堀を登ると二の郭にたどり着く。

南北に延びる本廓跡に到着。いたるところに説明板が設置されている。

眺望は素晴らしい。東を見ると小川町の街並みが見渡せる。古くは鎌倉街道上道や秩父往還などが通る交通の要所だったところである。
このエリアは安戸城、小倉城、青山城、高見城、中城、など城跡が集中していることでも有名だ。

腰越城の説明。

笠山堂平山が遠望できる。比企丘陵ではどこからでも見える目立つ存在。
城跡見物の後は、二重堀切まで戻り、気になる△249mのピークを目指して稜線を北に向かう。
何だか用を足さない標識があったが、意外にも踏み跡ははっきりしている。秩父114号の鉄塔横を抜ける。
なだらかな稜線を進み、登り詰めた所に三角点っぽい石標があった。ここが249mのピークだろう。
ピークから先は北西に踏み跡は続く。展望が効かず、山名板の類も何もない。もう少し先に進んでみようかなと考えていたところ、前方から熊鈴の音が聞こえてきた。
え!まさかこんなルートを歩くもの好きなハイカーさんがいたとは。。。
かなり通な方だなと、お会いして少しお話してみたい気にもなった。私を見て驚くかな、と思いつつ少し待ってみた。
こっちに向かってはいるようなのだが、一向に近づいてこない、時間もないので、引き返すことにした。
木戸まで戻ると、木戸の裏には杖があった。往路では気付かなかったが、こんなところにも気を使われている。やるな!小川町といった感じである。
木戸を抜けると地元のおばあちゃんが佇んでいたので、しばしお話をさせていただいた。
なんでも、このあたりは猪が多くて、年中畑を荒らされて困ると仰っていた。こんな所で猪がいるのかと少し意外であった。

さて、次は遠ノ平山に向かう。