九重山
日 程
2015年8月22日(土) 天気:曇り/晴れ
山 名
久住山(1,538.5m)、中岳(1,791m)、沓掛山(1,503m)
コース
牧ノ戸峠駐車場(7:52)→沓掛山(8:23)→扇ヶ鼻分岐(8:59)→久住分れ(9:45)→久住山(9:57)(5min休憩)→中岳(10:54)→久住分れ(11:31)→扇ヶ鼻分岐(12:00)→沓掛山(12:42)→牧ノ戸峠駐車場(12:57)
コース図
駐車場
牧ノ戸峠駐車場
温泉他

山行記

前日は由布岳から下山して湯布院に泊まる。2日目は午前中に九重山を登り、午後は阿蘇山を歩く予定だが、天気予報では崩れる見込みだ。3日目は晴れ予想なので、予定している祖母山は歩けるだろう。 カッパを着てまで歩きたくないから、雨が酷ければ観光でもしようかと話していた。 この日は移動と山登りと疲れが溜まり、温泉に浸かって早々に就寝。 そして、翌日、眼が覚めるとなんと外は晴れているではないか。予想外の展開に喜びは隠せない。またもや晴れ男の効果か(笑)
1泊目は朝食なしプランのため、早速、準備を済ませて宿を出る。コンビニで朝食やら水などを買い込み、九重山の登山口のある牧の戸峠に向けて出発する。

九重山は日本百名山として指定されているが、実は九重山という山は存在しない。九重山塊の数々の山々を総称して九重山という。 その中でも同じ読みを持つ久住山がこの山塊の代表格だろう。そして、この山塊には九州本土で最高峰の中岳も存在する。最高峰といっても1,800mほどだ。中岳という山名は何処にでもありそうな名前で少し残念な気もするが、この二山は外せない。ちなみに九州での最高峰は屋久島の宮ノ浦岳のようだ。

久住山から下山後は阿蘇山を目指す。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム


湯布院から九重山まで、やまなみハイウエイを40kmほど南下する。運転はNさんにお任せする。
やまなみハイウェイを走り続け、標高1,000mほど登ると前方に九重連山が見えた。

登山口のある牧の戸峠の標高は1300m。山間部をぐんぐん登りながら進むと前方に九重連山の山並が見えるようになる。
昨日と同様に山頂部は厚いガスに覆われているが、巨大な山塊は一際存在感を放っている。さすがは百名山というところか。
牧の戸峠の駐車場に車を停める。ここからピストンする予定だ。
九重山には数多くのコースがあるが、標高の高い牧の戸峠から歩くのが一番楽なようだ。
この後は阿蘇山に登る予定もあるので、できるだけ楽したいので、このルートとなった。
牧の戸峠の駐車場にはトイレとレストハウスがある。ソフトクリームの幟に下山後に食べることを誓う(笑)
山頂部は雲に覆われ全貌が見えない。 前日の夜半から未明にかけて降雨があったのだろう、足元は悪そうなので、スパッツを付ける。早速、登山届を提出して歩き始める。
始めは舗装路を進む。舗装路の登りは苦手だが、レストハウスに立ち寄る観光客向けに整備されたものだろう。
しばらく進むと東屋に出た。ここが第一展望所のようだ。久住山から沓掛山に続く稜線まで登ったところが展望台でベンチがある。
道の両サイドでは高山植物が咲いているため、観光客にはおあつらえ向きだ。
しばらくすると木段に変わり少し斜度も増す。登りつめたところで、整備された道も終わる。右画像の右側が展望台。
ここにはベンチもあった。晴れていれば南に阿蘇山が見えるようだ。
気温は14度。陽も出ていないため、暑くはないが少しジメッとする陽気。
稜線を歩き出すと、じきに標柱の立つピークに沓掛山に到着したことに気が付いた。

稜線上はガスが掛かり遠くは見渡せない。なだらかな一本調子の道が続く。道が湿っているくらいで、大したアップダウンもなく、まるでハイキング道だ。
周囲の山肌を占める潅木はミヤマキリシマなのだろう。花咲く時期はピンクに彩られ最高なんだろうなぁ。
道端に咲く高山植物を写真に撮りながら前へ進む。
色とりどりの花々が単調な稜線歩きを忘れさせてくれる。

扇ヶ鼻分岐にたどり着く。周囲はご覧の通り。雨に降られなかっただけでもよかったと考えよう(笑)
西千里浜は真っ平ら道が続く。左手には星生山が見える。
しばらく歩くとゴツゴツした岩場のちょっとした登りとなる。 登り詰めると前方に避難小屋が見下ろせた。

そして前方右手には久住山が姿を現した。ガスも晴れそうな雰囲気だ。

おっと!久住山のガスが晴れたと、騒ぎ出したい気持ちになる(笑)

前方に見下ろせる広場では多くのハイカーが休んでいる。久住山へは真っ直ぐに進む。

完全にガスも消えた。これは山頂からの展望も期待できそうだとテンションも上がる。
久住山避難小屋の横にはバイオトイレが立ち並ぶ。
避難小屋の中を覗きこんでみたが、昔の軍事施設跡のような感じだろうか。少し不気味な室内にできれば使いたくない(^_^;)
避難小屋から「久住分れ」と呼ばれる分岐を過ぎて、先に進むと中岳方面と久住山へ続く分岐にでる。