九州の山々を歩いてきた(由布岳,九重山,阿蘇山,祖母山)
日 程
2015年8月21日(金)〜23日(日) 天気:晴れ
コース
1日目
由布岳登山口駐車場(13:06)→日向岳分岐(13:23)→合野越(13:46)(6min休憩)→マタエ(14:59)→由布岳西峰(15:22)(28min休憩)→(御鉢巡り)→東登山口分岐(16:35)→東峰(16:45)(3min休憩)→マタエ(17:02)→合野越(17:42)→由布岳登山口駐車場(18:17)
2日目
牧ノ戸峠駐車場(7:52)→沓掛山(8:23)→扇ヶ鼻分岐(8:59)→久住分れ(9:45)→久住山(9:57)(5min休憩)→中岳(10:54)→久住分れ(11:31)→扇ヶ鼻分岐(12:00)→沓掛山(12:42)→牧ノ戸峠駐車場(12:57)

阿蘇山草千里を散歩(15:00−16:10)
3日目
北谷登山口(9:12)→千間平(10:04)→三県境(10:20)→国見峠(10:44)→九合目小屋(11:18)→祖母山(11:36)(38min休憩)→風穴(13:02)→北谷登山口(13:54)

山行記

今年もいつものメンバーで夏休み山行に行ってきた。すでに恒例化しており、毎年待ち遠しい行事のひとつとなっている。
今回は、初めて本州を飛び出して九州の山々を歩きまわってきた。二泊三日で四座を歩くという計画である。
目指した山は、日本百名山の九重山、阿蘇山、祖母山の三座と日本二百名山の由布岳、 ひとつも前菜はない。全てがメインディシュと言って良い豪華なラインナップ(笑)
実際には、九州の山を登るといっても、百名山以外はほとんど知らないから、このような選定になるのだが、九州に六座あるの百名山のうち、三座を歩くことになる。由布岳については、以前、大分に出かけた時に間近で見た草原の中で独立して聳える姿に、畏敬の念を抱き、いつかは登ってみたいと思っていたので、記憶に残っていた。

今回の行程は大分空港に到着後、レンタカーで熊本まで移動する間に、個々の山に立ち寄るという予定だ。かなり慌ただしいが、九州の百名山を登る場合の定番コースではないだろうか。
今年は本州以外の山に行こうと、九州行きの構想は昨年から温めていた。本来であればミヤマキリシマの咲き誇る時季がよいのだろうが、こちらは夏休みにスケジュールを合わせての山行のため調整が難しく、8月の歩きとなった。
九州の山は、それほど標高は高いわけでもなく、地元埼玉の奥秩父の山々とさほど変わらない。秩父の山と同様に暑苦しいのかもしれない。ネットの記事でも8月の山行は少ないが、時季はともかくとして初めての九州遠征を楽しみにしていた。

九州へ出発するのは金曜日。この時期、あまり天候は安定しておらず、関東では週中は雨が続いていた。 さらに大型の台風が15号、16号と2つ同時発生しており、その影響も気になるところだ。 しかし、この毎年恒例の山遠征において、いつものメンバーで未だかつて雨に降られたことはない。私自身もこれまでの山行のなかで雨によりレインコートを着込んだことは1〜2回ほどしかない。
それでも週末が近づくにつれ、天気予報を見る回数も増える。それによると予報はころころと変わるが1日目が雨降るとか、2日目が崩れるとか三日間通して晴れはないと出ている。しかし全く心配していないわけではないが、さほど気にはならなかった。なんの根拠もないが、自称晴れ男として、雨には降られないだろうと漠然とした自信はあった(笑)

今回はツアー旅行だったため、ホテルで朝食を済ましてからの山行だったりしたため、時間的に少し無理がでて、三座プラス散歩?となってしまったが、それはそれで十分に楽しい山行となった。しかも3日間とも天候に恵まれ、雨には降られなかった。晴れ男軍団の本領発揮か(笑)
やはり土地が変われば山の雰囲気もまた違ったものになる。どの山も魅力があって、しかも個性的で期待以上の山歩きを存分に楽しむことができた。たまには全く知らない土地での山歩きもよいものである。

しかし、いい加減なO型気質からか、今回もコース設定からツアーの段取りなど、何から何まで几帳面なMさんとNさんに任せきりとなってしまった。ろくに車の運転もしないで、只々楽をさせていただいたお二人には感謝しかない(^_^;)

来年はどちらに行こうかと今から悩ましい(笑)。

アルバム

由布岳 編
2015.08.21
九重山 編
2015.08.22
阿蘇山 編
2015.08.22
祖母山 編
2015.08.23



©2010熊本県くまモン