浦山大日堂からグミの滝、そしてシャクナン尾根から三つドッケへ
日 程
2015年5月2日(土) 天気:晴れ
山 名
三つドッケ(1,576m)
コース
浦山駐車地(6:57)→細久保橋(7:35)→シゴー平(7:41)→取付き(7:58)→廃屋(8:52)(6min休憩)→グミの滝(9:02)(3min休憩)→廃屋(9:10)→シャクナン尾根(10:27)(8min休憩)→三つドッケ(11:07)(15min休憩)→仙元峠(12:27)(7min休憩)→浦山大日堂(14:08)(7min休憩)→浦山駐車地(14:18)
コース図
駐車場
浦山駐車地
温泉他
武甲温泉

山行記

今日はかねてからの懸案であったグミの滝を浦山大日堂から向かい、その後、シャクナン尾根に上り詰め、尾根伝いにミつドッケを目指した。
その昔、埼玉県の浦山から長沢背稜へ繋がる山道があったようだ。今や訪れる人も稀で、ルートも廃道化しつつあるらしい。そこにはかつて山葵田だったことを思わせる苔むした石垣と崩壊した作業小屋が残るのみで、かすかに往時を偲ばせる。
近くには蕎麦粒山や天目山など長沢背稜に位置したハイカーに人気の山々があるが、基本的に東京都の奥多摩からのアクセスがほとんどで、この周辺で埼玉側から長沢背稜に向かうハイカーはほとんどいないようだ。埼玉側には登山道として整備された道は少なく、このような半ば廃道化している道や林業関係者の踏み跡やらけもの道など、まともなルートではないため、非常に迷いやすいと言われている。そんなエリアにグミの滝という名の知る人ぞ知る滝がある。まさに秩父の秘境ともいえる山域であり、いつかは歩いてみたいと考えていたが、近寄りがたさもあって、なんとなく躊躇していた。
最近、ぶなじろうさんが歩かれた記事を拝見し、またコメントもいただいた。この機を逃しては、いつになるか分からない。この時期は雪もなくなり、暑くなる前でもあり、歩いてみることにした。
浦山から天目山林道を1時間ほど進み、山道に取り付く。ぶなじろうさんから教えていただいた地図を忍ばせていたが、それが役に立つ。山道は斜面を巻いて進む。踏み跡ははっきりしているが、所々で崩落箇所があり、緊張を強いられる場面があった。グミの滝まで2時間ほど歩いた。グミの滝手前の廃屋のそばで休憩していると、ときおり鹿の鳴き声が聞こえてくる他は、沢や風の音くらいしか聞こえてこない。歩いている分にはクマ鈴がうるさく、疲れもあって、周りを顧みる余裕はあまりない。しかし、歩を止めてじっとしていると、突然、別世界にぽつんと置き去りにされたような寂しさも覚えたりする。特に今日はその思いが強いのだが、それはそれで一人歩きの醍醐味かもしれない。
さて、グミの滝までは林道歩きと斜面を巻いただけで、それほど標高も稼いでおらず大して疲れていない。ここからシャクナン尾根を経由して、三つドッケへと向かうが、久しぶりのキツイ登りで、今日はバテバテの歩きとなってしまった。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

いつもの浦山大日堂バス停の駐車スペースに車を停める。先客はいない。細久保の集落を抜けて天目山林道を淡々と進む。
シゴー平を通過。その先に分岐があった。直進が正解。
林道を1時間ほど歩くと、2つ目のヘアピンカーブに「一杯水・三つドッケ」を示す道標があった。熊に遭遇しないように、熊鈴を3つ付けて山道に入る。

標高は750m程度。左を見ると右手に帰路として歩く予定の仙元尾根が見渡せる。奥に見えるずんぐりしたピークは大持山だろう。
沢の右岸を高巻いて道は続く。道型ははっきりしているが、所々で崩落個所があり通過に緊張が強いられる場面もある。
左側を見下ろすと遥か下方に沢が見える。落差があってこんなところで滑落したらただでは済まない。この後も何カ所か崩落個所が続く。

山道に入ってから40分ほどで沢の高巻から沢へ下る箇所に到達したが、ここにも崩落個所があり、一番やばいというか怖かった。
このルートは地すべりの箇所が多く、廃道化が進むと、歩けなくる日が来るだろうか。

沢に下りると踏み跡はなくなった。目を凝らして上流部を眺めると廃屋が見えた。右岸は歩けそうではないので、左岸を進み廃屋を目指す。
左岸にはそこかしこでニリンソウが群生しており、踏みつけないように注意して進む。
山道に入り1時間程歩いて、やっと廃屋までたどり着いた。駐車地から2時間程経過しているが、山奥に来ていることをつくづくと感じる。

ここから上流部にあるグミの滝までピストンする予定だが、お腹も空いてきたので、ひとまず休憩。
沢はグミの滝で行き止まりとなる。沢の上流に抜けるには、左岸から高巻が必要なようだが、どこを見ても急斜面で複雑な地形。
一見しただけでは、どこを進めばよいのか見当が付かない。1/25000の地形図では大ざっぱ過ぎるようだ。早速、教えていただいたグミの滝周辺略図を引っ張り出して眺めてみるも、記載のルートは判断付かない。とりあえず先に進んで確かめるしかないようだ。
まずはここから5分程度、沢を登りグミの滝を目指す。重い荷物はデポしたいが、ここは熊の生息地で、過去に熊の出没事例もある。
熊に荷物を持ち去られたくないので、背負っていくしかない(^_^;)

右岸から沢を渡り、群生しているニリンソウに気を付けながら左岸を登る。道は大して荒れておらず、すんなりとグミの滝に到着した。
長年の懸案であったグミの滝を見ることができた。
グミの滝の見物も終わり、いよいよその先へ進む。ここから500m程登り詰めて、シャクナン尾根を目指すつもりだ。
地形図を見るとシャクナン尾根からの派生尾根が右手と左手の2つある。どちらもここから視認できない。
まずはグミの滝周辺略図の通り、右手にテープが続いているので、そちらに向かい斜面をよじ登る。

右手にはこんな伐採された斜面が広がる。よく見ると踏み跡が九十九折に続いている。
この斜面をそのまま登り進めれば、シャクナン尾根へ繋がる派生尾根に乗れるだが、先がよく分からない。
途中で行き詰る可能性もあるが、とりあえず踏み跡を追う。
50mほど登ったであろうか、踏み跡は左へそれたので、追従すると小さい尾根に乗った。
尾根の少し先に分岐があり左へそれる踏み跡が続く。沢を登り詰めて都県境尾根を目指す場合は、左へ進むのだろう。
なるほど、グミの滝周辺略図の通りだ。地形図を見ただけだとこんなルートは思い付かない。
私はシャクナン尾根を目指すため、そのまま直進したが、直進方向もなんとなく踏み跡が続いている。

左側の踏み跡は、先で崩落している。その先の涸れ沢に下りるのは確かに危ない。
よく見るとぶなじろうさんがおっしゃっていた通り真正面のペイントされた木にトラロープが渡してあった。
さて、こちらはシャクナン尾根を目指して小尾根を進む。この先、急斜面が続きそうだ。
地形図を見る限り等高線の幅が狭くて怪しい箇所があるのだが、なんと、こんな所にも踏み跡が続いていた。
上方には岩がせり出しているところもあるが、なんとかなりそうだ。
こんな急斜面の直登は避けたいところであったが、九十九折に続く踏み跡があり、大変助かった。
廃屋から150mほど登り詰めると、シャクナン尾根へ続く派生尾根に乗った。ここまで来れば一安心だが、ここからも延々と急登が続く。
天目山林道から派生した林道に出た。ここが林道の終点のようだ。周りには桜も咲いていた。
派生尾根は林道で分断されているが、左側に踏み跡が続いており、それをたどって尾根に復帰。
廃屋から標高差500m程の急登が続き、さすがに後半はバテバテ。。。
それにしても暑い。都合のよさそうな切り株を見つけると、ついつい座って休みがちとなる。
シャクナン尾根に近づくと、やがて倒木や枯れ枝が道を塞ぐようになる。前方を見ながら歩くと、いちいちルートを考えながらの歩きとなるが、疲れて考えるのもおっくうになる。 そのため前方は見ずに足元だけを見て、微かな踏み跡なのか、けもの道なのか分からないが、それを追うようにしたら、ルートを考えるという行為がなくなった分だけ精神的にかなり楽になった(笑)

やっとのことでシャクナン尾根に到着。廃屋から1時間以上も掛かってしまった。
こんなシンドイ思いをしたのは久しぶり。もう二度と歩きたくないルートだ(^_^;)
しかも、この後、三つドッケまではコブのようなピークがいくつも続く。。。

ここがシャクナン尾根に出てからの最初のピーク。
前方に次のピークが見えるが、あの先にも別のピークがあって、三つドッケはさらにその先に有る筈。まだ三つドッケまで、3つほどピークが続く。
すでに疲れ切っている体には辛すぎる(笑)
シャクナン尾根は所々でヤセ尾根となっているため、下りでは慎重に歩かないといけない。