古の表参道から三峰山へ信仰の道を訪ねて
日 程
2015年1月10日(土) 天気:晴れ
山 名
妙法ヶ岳(1,329m)
コース
大滝神庭交流広場駐車場(7:56)→神庭鍾乳洞(8:03)(8min見学)→大輪鳥居(8:29)→清浄の滝(9:01)→薬師堂跡(9:17)(5min休憩)→奥宮遥拝殿(10:01)→妙法ヶ岳(11:03)(22min休憩)→山鹿亭(12:01)(8min休憩)→三峯神社(12:20)(20min休憩)→大滝神庭交流広場駐車場(14:06)
コース図
駐車場
大滝神庭交流広場駐車場
温泉他

山行記

今年最初の山歩き。
関東随一のパワースポットとして知られる三峰山と妙法ヶ岳に行ってみた。
三峰山とは、本来は三峯神社から続く「妙法ヶ岳」「白岩山」「雲取山」の三山の総称だとされるが、三峯神社のある一帯を呼ぶようにもなっているそうだ。そして、妙法ヶ岳には三峯神社の奥宮が祀られている。

三峯神社の祭神は、伊奘諾尊、伊奘冉尊である。日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の東征の折、雁坂峠の難所で道に迷っていると、白いオオカミが現れ一行を先導し、三峰山の付近で姿を消したという。そこで、日本武尊は、この地に伊奘諾尊、伊奘冉尊の二神を祀り、オオカミを神社のシンボルとにしたという説もある。
また、役行者がしばし三峰山で修行をしたと伝えられる数々の神話や伝説に彩られた神域である。

この三峰山に詣でる三峯講は、関東一円はもとより、甲州、信州などからも通う講中が多かったという。表参道や三峯神社に奉納されているお犬様の狛犬や講碑の数は相当なもので、山岳信仰の盛んなところとして、昔から賑わっていたのだろう。またオオカミ信仰の篤いところとしても有名である。

神社まで観光道路が通り、多くの参拝者が訪れるが、古の人々は麓から標高1,000mを超える三峯神社まで、長い山道を登らなければならなかった。
三峰山は、甲州、信州方面より栃本を経て二瀬から登るのが表参道だったということだが、江戸時代に三峯講が盛んになると、大輪地区が三峰山表参道登山口の門前町として栄えるようになったとのこと。 そして、馬による物資輸送のために、神庭地区から山頂まで裏街道が通じるようになる。以前は毎日5、6頭の馬が米、味噌、日用雑貨などを運搬していたようだ。

そこで、今回は作法に則り?表参道から三峰山へ登り、奥宮が祀られる妙法ヶ岳に向かう。そして三峯神社で御参りをしてから裏街道を下ることにした。
かつては多くの参拝者が行き交ったであろう古の道を歩いてみた。

しかし、今回歩いた表参道、裏街道ともよく整備されていた。段差なども少なく非常に歩きやすい。道標や休憩できるベンチや東屋もあり、歩く人に優しい。 熊が出没するエリアとして注意は必要だが、もっと多くのハイカーに歩かれてもよいのではと感じた。
三峯神社は雲取山へ向かう前線基地として、目的地ではなく出発地点のようなイメージがあったが、表参道、裏街道ともお勧めのコースである。 高尾山、御岳山、宝登山、丹沢の大山など山岳信仰の盛んな山には、ケーブルカーやロープウェイがあり、三峰山もかつてはロープウェイが設置され、大輪から山頂まで通じていたが、10年程前に廃止されてしまった。
高尾山などは登山ブームの影響もあってか、山道が渋滞するほどの盛況ぶりだと聞くが、 ここは山深い山峡の地で、容易ではないアスセスも影響しているのであろう。今は表参道を歩く人も少なく、大輪もすっかり寂れたような感じである。
三峰山も高尾山に引けを取らないパワースポットだと思うが。。
三峰神社は、秩父神社、宝登山神社とともに秩父三大神社のひとつとして、多くの初詣客などで賑わっているのだろうと想像していたが、思いのほか、少ない参拝客でひっそりとしていた。 地域創生のために、もっと栄えてほしいと思いつつも、個人的には人気の少ない秩父の山歩きが今年も続きそうだ。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

R140を走行し、大輪の大きな鳥居を左に見て、しばらく進むと大きく右へ曲がるカーブの左手対岸斜面に、洞窟の大きな看板が目につく。それを過ぎ「大滝神庭交流広場」の看板を左折し橋を渡る。そして左へ進んだ先の大滝神庭交流広場駐車場に車を停める。ここにはトイレが設置されていたが、冬期のためか閉鎖されていた。標識に従い広場から延びる大輪神岡歩道を大輪方面へ歩く。7:56
歩き始めて5分程、見上げるとR140からも見えた看板と洞窟らしき大きな岩盤を目にする。
歩道の分岐からは少し登らなければならないが、折角だから寄ってみた。左が半洞窟遺跡で右側が神庭鍾乳洞。

神庭洞窟遺跡の説明
歩道に復帰し2つの沢を橋で渡ると登りとなる。途中に竜門の滝への分岐がある。分岐から70mとあり、こちらも折角だからと寄ってみた。 大きな滝壺の滝である。この滝壺には竜や大蛇が住んでいるといわれ、昔から釣り人も恐れて近づかなかったそうだ。

竜門の滝から少し登ると石畳の表参道の途中に出た。右へ登ると三峰山へと続くが、表参道の「一の鳥居」から歩きたいので左へ下る。
R140沿いの大輪に建つ一の鳥居に到着。その昔、三峯神社まで車が通じていなかった頃は賑わったのだろう。今は朝早いということもあるが、閑散としていた。
肋骨が浮き出て爪や牙を持つなんとも猛々しいオオカミの狛犬。
8:00 レトロな雰囲気の佇まい。思わず寄ってみたくなる。一の鳥居をくぐり、赤い太鼓橋の登竜橋を渡り歩き始める。

石畳の表参道を歩く。三峯講の講中から奉納された講碑の多さからも、山岳信仰が盛んなことが窺い知れる。

こちらもヤマイヌ型の狛犬。
神の使い御眷属としてのオオカミ信仰も篤い。
5分ほど歩くと、かつてロープウェイの大輪駅のあった跡地に着く。ここから山道が始まる。
8:38 三峯神社まで3.2km。ここから約2時間とある。
斜面を流れる水量の少ない枝沢は氷柱になっていた。
道筋は深い樹林に覆われ、杉の古木の並木が続いている。森閑とした空気に包まれた、いかにも信仰の道といった雰囲気だ。
沢音を聞きながら、大砥沢の右岸を巻いて進む。風はなく穏やかだが、陽は当たらず空気はひんやりとしている。

9:00 参道の古い歴史に思いをはせながら道をたどると清浄の滝にでた。
ここには東屋があり滝を眺めながら休憩できる。信者たちはこの滝に打たれ、禊をして身を清めてから登拝したという。
沢を離れて九十九折に登ると、薬師堂跡に着く。ここにも東屋があり、額の汗を拭い、食事休憩を取った。
ここには二基の施宿供養塔がある。 かつて薬師堂があり、堂主が疲れて難渋している参拝者や、女人禁制として入山を許可されなかった婦人たちを無料で泊めていたとのこと。この供養塔は、女人堂ともよばれた堂に、泊めた人数が3,000人になったのを記念して明和九年に建てられたものだという。
目の前には三峯神社の奥宮のある妙法ヶ岳がよく見える。おにぎりを頬張りながらご来光を迎える(笑)
妙法ヶ岳の山頂あたりからの朝日。ダイヤモンド富士ならぬダイヤモンド妙法ヶ岳を狙ってみたが。。。

表参道には昔の丁目石が設置されている。ここは第三十一丁目。三峯神社の本殿まで五十二丁目とある。残りの距離の目安になる。
陽も当たるようになり、温かくなってきた。
妙法ヶ岳へ続く稜線が間近に見えだすと、やがて民家が現れる。山頂もほど近い。
人が住んでいる気配はないが、以前は神職の家族が住んでいたようだ。この先にもう1軒同じような民家があった。
三峯神社まで300m。あとわずか。標高1,000m辺りから残雪が目立つようになった。滑らないように慎重に進む。
10:01 奥宮遥拝殿に到着。ここは奥宮を参拝するための場所。
ここまで1人のハイカーとすれ違っただけだった。

奥宮遥拝殿から奥宮が祀られている妙法ヶ岳を遥拝した。まるで絵画をみるようだ。
中央左寄りのピークがこれから向かう妙法ヶ岳。

続いて三峯神社境内へと進む。
この鳥居の一対の狛犬。

荘厳な佇まいの随身門
三峯神社への参拝を後にして、まずは妙法ヶ岳へと向かう。

三峯神社正参道に建つ、三つの鳥居が繋がる珍しい三ツ鳥居。
堂々たる風格の御眷属が祀られている。
左画像の右奥に雲取山と左に白岩山が連なる。そして、右画像は和名倉山。

軒先で焼いている”いもでんがく”の香ばしい匂いにそそられる。妙法ヶ岳から戻ったら食べよう。

ここから白岩山、雲取山へと続く稜線が見渡せる。右の尖った雲取山まで約10km。ここからピストンは結構しんどい(^_^;)
奥宮参道入り口。妙法ヶ岳まで2.5km。