冬枯れの東松山市民の森を散歩した
日 程
2015年12月20日(日) 天気:晴れ
山 名
物見山(135m)
コース
岩殿観音見学→物見山→市民の森周遊
コース図
駐車場
温泉他

山行記

いつもお邪魔させていただいているぶなじろうさんのブログで、我が家からほど近い物見山周辺を歩かれた記事を拝見した。すでに2週間前の記事ではあるが、物見山は見事な紅葉に包まれていた。ツツジの名所として有名だが紅葉は知らなかった。それと物見山に隣接する岩殿観音の大イチョウ。すでに落葉が始まり境内は黄色い絨毯に覆われていた。 そんな風景を見てしまうと気になって仕方がない(^_^;)
この日はお昼に2時間程の時間的な余裕ができた。時は12月半ば、さすがに紅葉は期待できないだろう。しかし近くには市民の森という名の森があるとお聞きした。その存在は知らなかったが、冬枯れの時季、落ち葉に埋めつくされた森を歩いてみるのも楽しそうだ。どんな雰囲気なのか興味がある。そして何よりも申し分のない天気。折角なので久しぶりの比企丘陵を歩いてみることにした。
車で我が家から10分強で岩殿観音の駐車場にたどり着いた。近隣には埼玉県こども動物自然公園がある。広大な敷地にはコアラを始め様々な動物がいる。昔はよく来たものだが、この日の駐車場はいっぱいだった。

さて、まずは駐車場からトンネルを潜って岩殿観音を目指す。
短いトンネルを抜けると厳かな空気に包まれた境内に出る。ここに来ると気持ちも引き締まる。
寺院の正式名を正法寺といい、山号を岩殿山と呼ぶ。山の斜面を削ったような岩壁に囲まれた様は山寺のような趣がある。歴史は古くは約1300年前の建立と伝わる。 このあたりは昔から戦乱に巻き込まれた土地柄で、古刹は戦乱の拠点とされてきた。当時の兵火などによりお堂も焼失し、何度か建て直されているようだ。 ここの鐘楼は無数の傷があるが、豊臣秀吉による関東征伐の際に、引き回された時に付けられたものだと伝わる。そんな歴史的価値のある史跡に触れられるのもこの寺の魅力のひとつではないだろうか。

アルバム

岩殿観音の駐車場に車を停めて、まずは坂東十番霊場として知られる岩殿観音に寄ってみる。

観音堂の横に聳える大イチョウ。樹齢300年、樹高20m、幹周13.5mと記された東松山市指定天然記念物である。
イチョウが黄色に染まる時期、黄色の絨毯を敷き詰めたような落葉が地面を埋めつくす様は圧巻だが、すでに時遅しであった。。。

正法寺(岩殿観音)観音堂。
観音堂は養老年間(717〜724年)僧逸海の創立と伝えられ、正法庵と称し、鎌倉時代に坂東十番の札所となった。
千手観音が祭られており、西国三十三番、坂東三十三番、秩父三十四番とセットされる札所の一つ。

物見山は比企丘陵の最高峰で、坂上田村麻が東征のときにこの山に登り、四囲をながめたことが山名の由来とした伝説が語り継がれている。
正法寺は養老二年(714年)に開山されたと伝わる。

真言宗智山派の寺院で、岩殿山修善院といい、また、岩殿寺ともいう。 源頼朝の命により、比企能員が復興した古刹であり、天正2年(1574年)僧栄俊が中興開山となっている。 天正19年(1591年)徳川家康より寺領25石の朱印地を与えられた。 源頼朝の妻、政子の守本尊として信仰が厚かったといわれている。 延暦10年(791年)坂上田村麻呂が桓武天皇の勅命によって奥州征伐に向かう途中、 この観音堂に通夜し悪龍を退治した伝説がある。   

本堂の横にある切り立った岩壁に石仏が並ぶ。

坂東三十三ヶ所観音霊場の十番霊場を示す石柱。関東地方に広く点在しているが、埼玉県では四山あるうちの一山。

境内から見下ろすと仁王門の先に真っ直ぐに表参道が続く。両側には家が立ち並び、当時の門前町の面影を感じさせる。個人的に好きな景観の一つ。

今は住宅が並ぶばかりであるが、昔は坂東札所として信仰を集め門前市として栄えたのだろうか。
右側の山間には大東文化大学の近代的なキャンパスが広がるが、その裏側は静かな別世界。

石段の途中には制札(高札)のレプリカが展示されている。

仁王門に建つ仁王像。

元は運慶作といわれる像は焼失し、江戸・文化年間に再造されたとのこと。

仁王像が睨みを利かせている山門には、「巌殿山」と「施無畏」の扁額が掲げられている。
施無畏(せむい)とは、仏・菩薩(ぼさつ)が衆生の恐れの心を取り去って救うこととあった。
他にも鐘楼や六面幢、百地蔵堂、薬師堂など見所も多く、ゆっくり探索したあとは、物見山へ行ってみよう。
ここは比企丘陵の一端。アップダウンの多い丘陵であるが、比高が低く道は整備されているため、この時期に限らずサイクリストが多い。
道を渡って2〜3分で物見山にたどり着いてしまう。冬枯れの時期は特に見るべきものはないが、別名をつつじ山といわれるだけあって、その時期には、全く違った様相になる。

物見山から東を眺める。真正面には大東文化大学の広大なキャンパスがあり、その先には埼玉こども動物自然公園が広がる。
右に見えるのは埼玉県平和資料館の展望塔。関東平野が一望できる。展望室に設置されている望遠鏡はなかなかの高倍率で、我が家の窓から顔を出すと、それがはっきり認識できたのでびっくりしたほど(笑)
さぁ、次は市民の森を歩いてみよう。市民の森兼岩殿観音の駐車場に移る。

市民の森を歩くのは初めて。地図を眺めると、市民の森と石坂の森と2つに分かれている。
市民の森が東松山市で、石坂の森が鳩山町と行政地区で分かれているようだが、かなり広い。

市境の林道を進む。林道脇には並行して山道もある。時折り地元の方とすれ違う。

今日はスニーカーを履いている。スニーカーで山道を歩くと往々にして足を挫くので、できるだけ舗装路を歩くが、静かでひっそりとして気持ちが良い。
バイオトイレが設置された立派な休憩処もあった。
ここは奥武蔵の森を再生している場でもあり、アカマツが生い茂り、しっかりと整備されている。
道は平坦だが周囲はアップダウンが多く複雑な地形。道から外れると迷いそうである。

少し小高い場所に見晴らしの丘がある。道から一登りして行ってみた。
北には日光連山らしき山並みが見えた。ご年配の夫婦と思しき方が、一番高いのが日光白根山だろうと話されていた。
なるほどそんな感じかもしれないと聞き耳を立てていた。

西から南にかけて奥武蔵の山並みが広がる。

比企丘陵の先には、比企三山といわれる笠山と堂平山が遠望できる。特に右側に聳える笠山は、この辺りではどこからでもそれと分る山容で、別名としておっぱい山としても知られる。見る角度によっては、その通りに見えるのだが、東から見るとそれほどでもない。西側の大霧山あたりからも見るとそれらしく見える(笑)
稜線上には、富士山と書かれた標識があった。どれどれと標識のところから眺めてみると。

確かに奥多摩の大岳山の右側に微かに頭を出している富士山が見えた。

しゃれた看板が掲げられていた。ここから眺める夕日も格別なのだろう。
市民の森を抜けて少し先へ進むと、地球観測センターにたどり着いた。
見学できる施設があり、何度か来たことがあるが、それなりに楽しめる場所である。
この先30分ほど歩いた先に笛吹峠がある。その昔、鎌倉街道上道の要所として知られた峠で、岩殿観音と慈光寺を結ぶ巡礼の道としても所縁のある場所ということで、是非、行ってみたいのだが、残念ながら時間がない。次の機会に歩いてみよう。

市民の森に戻って駐車場に向かう。冬枯れの陽だまりのなかをただ歩くのも気持ちがよい。

今回は市民の森を横断するだけであったが、四季折々の自然が楽しめるこの森を別の季節に改めて歩いてみよう。