表妙義の岩稜コースを歩いてきた
日 程
2015年11月23日(月) 天気:曇り
山 名
相馬岳(1,103.8m)、妙義山、白雲山
コース
妙義神社登山者用駐車場(6:22)→妙義神社(6:34)→大の字(7:16)(20min休憩)→辻(7:47)(15min休憩)→奥の院(8:10)→見晴(8:31)→大のぞき(9:04)(8min休憩)→相馬岳(10:11)(20min休憩)→堀切(11:41)→鷹戻し(12:17-12:41)→中間道分岐(13:57)(石門コース探索)→妙義神社(16:00)→(みちの駅妙義にて休憩)→妙義神社登山者用駐車場(16:32)
コース図
駐車場
富岡市営登山者用無料駐車場
温泉他

山行記

上信越道の富岡ICから碓氷軽井沢IC間を車で走らせていると、中国の水墨画を思わせるような岩峰や奇岩がいくつも目に付くようになる。車窓から眺めるその光景には目を見張るものがあるが、そこを歩きたいなどと考えたことはなかった。目にする岩峰の名前は分からない。しかしその中に妙義山が含まれていることだけは分かる。おそらく一際目に付くのが妙義山ではなかろうか。ゴジラの背を思わせる岩稜には畏敬の念すら感じる。

そんな妙義山の表妙義縦走コースを歩いてみないかと、N氏から提案をいただいた。
それを聞いた時には一瞬我が耳を疑った。え!まさか、そうきましたか(^_^;)
単独で歩こうなどと思ったこともないが、表妙義の縦走コースがどんなところなのかは、なんとなくわかる。
妙義山を調べてみると。。。

険しい岩峰の尖った姿が特徴的で、その景観は日本三大奇勝の一つでもあり、国の名勝に指定され日本百景に選定されている。
妙義山というのは白雲山・金洞山・金鶏山・相馬岳・御岳・丁須ノ頭・谷急山などを合わせた総称で、南側の表妙義と北側の裏妙義に分かれている。
表妙義には、気軽に登れる「石門めぐり」と自然を満喫できる「関東ふれあいの道(中間道)」、そしてもっとも難易度が高く体力と経験と度胸が必要な「表妙義山縦走」コースがなどがある。

表妙義縦走路は岩稜帯が連続し、こぶ岩・鷹戻し・奥の院の鎖場等で多数の死亡・重傷 等遭難が繰り返し起こっている。山と高原地図では難路の登山道(初級・中級・上級の分類の中で分類外の最上級に分類)として記載されていて、妙義山登山まっぷでは上級登山道、国土地理院の地図には登山道として記載されていない。その通過の難しさは北アルプスの大キレットや剱岳の比ではなく、一般登山道最難関として知られる西穂高岳−奥穂高岳間の縦走路にも匹敵する。とくに、他の山系と異なり、岩の性質上スタンス(足がかり)が乏しく、鎖を全力で握り腕力で身体を引き上げることを強いられる箇所や、ヤセ尾根で両側がともに100m以上切れ落ちているような危険箇所がしばしば現れ、腕の力が尽きたり、ほんの一度躓いたりしただけで、命を落とす最悪の帰結につながる。

なんとも恐ろしい。調べているだけで身が縮む思いだ。
鷹戻しくらいは知っていたが、youtubeで動画を見ると目も眩むような高度感。高所恐怖症にはキツそうだ。こんな危険な所を安易に歩いてはいけない。安全性を考慮してハーネスに2組のシリングとカラビナを繋げ、クサリ場で疲れたらセルフビレイしようということにした。
あとは準備を済ませて当日を待つだけだが、週間天気予報では雨模様。それが2〜3日前になっても予報は変わらない。今までN氏との山行で雨に降られたことはないのだが、これは、危険だから行くな!という暗示なのだろうか(^_^;)
山行は三連休の最後の月曜日に予定していたが、N氏は忙しくてその日しか都合が付かない。
結局、天候がはっきりしないので、前日の15頃の予報で決めようということになった。 場所が場所なだけに、小雨だったら歩こうかというわけにはいかない。雨の日に挑むなんて滑落しに行くようなものだと半ば諦めていた。

しかし、こちらは三連休は基本的にフリーなので、どこにも行かないのはもったいない。月曜日は中止を覚悟して、晴れ予報の土曜日に酉谷山へ行ったわけである。翌日の日曜日に目を覚ますと久しぶりのバリエーションルート歩きで足は張っている。おまけに岩場を一箇所通過しただけなのに上腕二頭筋が筋肉痛になっていた。こんな状況では岩場は厳しい。とりあえず天気予想を確認すると相変わらずの雨模様。やはり中止かとホッとしていた。
そして、15時過ぎにN氏から連絡が入った。

明日、雨予報ではなくなっているけど行く?

え!マジで?

慌てて天気予想を確認すると、確かに雨のふり出しは翌日未明に変わり、終日曇り予報になっていた。
正直なところ、行きたい気持ちと、そうじゃない気持ちは半々だった。 でもこの機会を逃すと二度目はないかもしれない。そう考えると行きたくなる。
天候も怪しいけど、とりあえず行ってみてヤバそうだったら戻りましょうということで、予定は決行となった。

紫色のログが私の辿ったルート

前編


後編


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

朝は4時半頃に迎えに来ていただき、そのままN氏の車で妙義へ向かうべく関越道から上信越道と車を走らせると1時間ほどで松井田妙義ICに到着した。途中で雨がぱらついたがすぐに止んだ。辺りはまだ真っ暗だが、かなりガスっている様子は分かる。コンビニに立ち寄り登山者用の駐車場に駐車した。広い駐車場には1台停まっていた。先行者だろうか。
準備をしていると、次第に明るくなってきた。しかし明るいとはいえ周囲はガスっており、空はどんよりしている。いつ降り出してもおかしくない天候。目の前に聳え立つであろう白雲山もぼんやりしている。特に風もなく寒くもない。まずは妙義神社を目指して歩き始める。
拝殿に向かう長い石段の手前の右側に登山口があり、上級者コースの案内がある。 石段を少し登ると山道になった。
序盤から急勾配で息がきれる。足下は前夜に雨でも降ったのか濡れて滑りやすくなっている。しばらく進むと長い鎖場に差し掛かる。

クサリ場を登りきると肩のようなところに出た。左の方から話し声が聞こえた。そちらを見ると大きな大の字が見える。どうやら大の字に到達したらしい。
荷物を降ろして休んでいると2人組と単独のハイカーさんがそれぞれ大の字から降りて先に進んで行った。
ハーネス、ヘルメットを装着し、ガチャガチャ類をセットして、岩山登攀モードに切り替わる(笑)
荷物をデポして大の字に寄ってみた。 ネットなどで見ると、ここからの見晴らしも素晴らしいはずなのだが、相変わらずガスってはっきりしない。
「大」の字は白雲山の中腹に江戸時代建立され、妙義神社の妙義大権現を省略し、「大」としたものであり、妙義神社にお参り出来ない人のため中仙道の安中、松井田宿から大の字にお参りしたといわれている。当時の大の字はワラ製だったらしい。
救急車のサイレンがひっきりなしに聞こえた。何か事故でもあったのだろうか。大の字で写真を撮って先に向かう。 相変わらず湿って滑りやすい急斜面を登ると大きな岩に辻と書かれた場所に出た。 ここが破線ルートの上級者コースと一般ルートである中間道を分ける分岐である。 休憩していると、伊勢崎からお越しのご年配の単独ハイカーさんと出会った。半袖シャツ、ジャージ、スニーカー、普通の白い軍手といったいでたち。相当慣れた方かとお見受けしたが岩場はほとんど歩いた事がないとおっしゃる。鎖場や岩場の歩き方を聞かれる。こちらも偉そうに語れるほどの経験も知識もないけどいろいろとお話した。とりあえず伊勢崎の方は、出来れば相馬岳まで行きたいとのこと。自分のことはさておき少し心配になったが、ご一緒しましょうということになった。
上級者コースへ進むとじきに奥の院に辿り着いた。
奥の院の右側には、山と高原地図に危険マークとともに「滑落死亡事故数件あり」と記されたルンゼ内直立4連30m鎖という鎖場がある。
見上げる斜面は垂直に近い。一瞬登るのをためらってしまう様な岩壁。この鎖場で怖いと感じたら先には進まない方がよいといわれている。伊勢崎の方は、昨日も来られたようだが、ハイカーが多く、この鎖場で渋滞が発生し諦めて帰られたとのこと。しかしこの日は人が全然少ないとおっしゃっていた。
確かにいつ降り出してもおかしくないような日に歩かれる人は少ないのだろう。

まずN氏が軽快に登っていく。次は私の番。別段恐怖は感じないが、やはり体が重い。鎖があるとついつい鎖に頼った歩き方をしてしまう。普段使うことのないそれらしい手袋をしてきたが、鎖はともかく岩場は指が出ていた方が良かったかもしれない。ここの岩場は手袋をしていると掴みづらい。結果論だが今後の反省点としよう。
伊勢崎の方は、途中で戻るからとリュックをデポして空身で登られてきた。 岩場を登りきったところで、左へトラバースすると、お二人が下山待ちされていた。確か大の字のところで先行された方たちだった。伊勢崎の方がお聞きしたところ、この先のビビリ岩だったか、あるいはビビリ岩手前のチムニーだったかが怖くて進めず、引き返すとのことだった。 引き返すのも勇気がいることだし、賢明な判断だと思う。ここは岩場のエキスパートだけが歩いているわけでもなく、滑落や死亡事故が起きるのは、不思議ではないと感じた。

はるか下方に駐車場が見える。全体的にガスが掛かり周りもうっすらとしか見えない。

先ほどの大の字が遥か下に見える。すでに周りは断崖絶壁。見晴らしが良くない分、身がすくむような恐怖は薄れるから助かる。おかげで高度感からくる恐怖心は思ったほどではなかった。それでも怖いところはいくらでもあるのだが。 しかし高所恐怖症にとって、このルートにおける高度感は大きなハンデになる(^_^;)
見晴に到着。ここからはナイフリッジなども現れる危険な岩陵歩きとなる。
N氏は平気で見晴の突端に行ってしまう。ここも滑ったらただでは済まない。いくら曇っていても私には無理(^_^;)
時折り、ヘリコプターの音も聞こえるが、伊勢崎の方が、昨日近くにヘリコプターが墜落したので、その関係ではないかとおっしゃっていた。

さぁ、気を入れ直して先に進むと、すぐにビビリ岩と呼ばれるクサリ場に到着した。ここはクサリに掴まり、トラバースしながら登る。。
周囲は曇っているが、なかなかの高度感。
伊勢崎の方も軍手で付いてこられる。クサリ場や、岩場が連続している。岩場、鎖場は下りの方が難しい。引き返すにしても何処まで歩かれるのか心配になってきた。こちらの懸念をお伝えすると、先の玉石と呼ばれる岩峰で引き返すとのこと。伊勢崎の方とは玉石で別れた。
容赦ないアップダウンが続く。まだルートの1/5も歩いていない。

両サイドが切れ落ちたナイフリッジの岩稜なども時折り登場する。一歩間違えるだけで取り返しの付かない状況にもなり得る。危険と思われる箇所には鎖が設置されているが、鎖のない危険個所も随所にあるので気が抜けない。

大のぞきに到着。お腹も空いてきたので、休憩がてら、おにぎりを頂く。

御嶽三社大神の石碑の向こうには裏妙義の岩峰とともにトンカチを立たせたような奇岩「丁須の頭」が見えた。遠目ではアンテナのように見える。

目の前に見える岩峰は次に目指す天狗岩というところらしい。一旦大きく下って登り返さないといけないが、どこを歩くのか見当もつかない。
こんなアップダウンがひっきりなしに続く。目を見張るほどの切落ち度は半端ではない。

手前に見えるゴツゴツした岩陵は登山禁止とされる金鶏山。その向こうには山水画のような光景が広がる。

後に見える岩峰も、そこを通ったのがどうか定かではない。とにかくアップダウンが多い(^_^;)
大のぞきからは危険マークが記されている「滑り台状10m2本と30m鎖」のクサリ場の下りとなる。
顕著な足場が少ないので、トレッキングシューズのフリクションを効かせながら慎重に下る。濡れたりしているとヤバい斜面。

滑り台状の鎖場を下から見上げた画像。斜度がいまいち分かり難い。

そこでN氏をモデルに横から撮ってみた。ここの登り下りは腕力勝負。
先ほど大のぞきから見た岩峰のピークにあたる天狗岩に到着。天狗岩から下るとタルワキ沢のコルに出る。ここは中間道との分岐にあたるため、間違って登ってくるハイカーもいるので、右画像のような注意標識が設置されている。この後、単独の若いハイカーとすれ違う。
タルワキ沢のコルから登っていると、先行していた単独ハイカーさんが下りてこられた。表妙義縦走ではなく相馬岳をピストンされるのだろう。
登り詰めると表妙義の最高峰である相馬岳に到着。カップルのハイカーさんとすれ違った。
まだ縦走路の半分しか歩いていない。アップダウンの連続でペースが上がらず、結構時間が掛かってしまったが、ひとまず食事休憩を取る。

前方には次に目指す金洞山の山並みが見えるようになった。手前に延びる茨尾根の先には、左から東岳、中ノ岳、星穴岳といった険悪なピークが聳え立つ。
東岳には、表妙義最難関といわれる鷹戻しと呼ばれるポイントが控えている。
どこの辺が鷹戻しなのかは分らないが、遠目ではまともに登れるような感じには見えない(^_^;)
鷹戻しとは、鷹も留まれぬほど急峻で戻ってしまうということから言われている。
ハシゴも含めて60mほどの垂直に近いということで、見ているだけで武者震いする(笑)
相馬岳からは急勾配の岩場の下りとなる。岩場も濡れており、登り以上に慎重に下らなければならず時間が掛かる。
個人的な印象としては、クサリ場よりも急斜面の下りの方が気を使うし非常に疲れた。
北側から続く国民宿舎との分岐の先から茨尾根が始まる。その先にもルートを間違えて侵入を防ぐための標識があった。
「この先、鷹戻し付近滑落死亡事故が多発しています。上級者でも非常に危険な箇所です。ザイル等の装備のない方は、登山を自粛してください」
容赦のないアップダウンが続く。

鷹戻しに近づいたが、相変わらずどこを登るのか見当がつかない。
堀切(ホッキリ)と呼ばれる鞍部に到着。ここは中間道との分岐。金洞山のエスケープルートでもある。
この先にはさらなる危険箇所が現れる。注意標識に身も竦む思いだが、気を引き締めて先へ進む