中倉山、沢入山
日 程
2015年9月19日(土) 天気:晴れ
山 名
中倉山(1,530m)、沢入山(1,704m)
コース
銅親水公園駐車場(7:36)→中倉山登山口(8:23)→中倉山(9:47)(6min休憩)→沢入山(10:39)(30min休憩)→中倉山(11:46)→中倉山登山口(12:34)→銅親水公園駐車場(13:21)
コース図
-
駐車場
銅親水公園駐車場
温泉他

山行記

昨年の9月に皇海山を歩いてから、1年ぶりに足尾の山へ向かった。 中倉尾根に位置する中倉山は以前から歩いてみたかったが、衝動的に行ってみる気になった。 東西に延びる中倉尾根の北側はかつての足尾銅山の煙害による爪痕が今も残る荒涼とした斜面が広がる。 周辺の木々は煙害により死滅したとされるが、そんな厳しい劣悪な環境の中を生き抜いた一本のブナがあるようだ。樹齢は100年を越えているとされ、地元の新聞などでも「奇跡のブナ」とか、「孤高のブナ」と紹介されたことでも有名なようだ。 ネットで見た稜線上にぽつんと佇む様子が印象的で、実際に見てみたかった。 今回は、仁田元沢と松木沢の間を東西に延びる中倉尾根を中倉山から沢入山へ歩く。 この尾根は見晴らしが素晴らしく、稜線から眺める見事な三角錐の皇海山も楽しみにしていた。

アルバム


6時頃から歩こうと考えていたが、すっかり寝坊して5時に目が覚めた。急いで支度して出かける。
駐車場のある銅親水公園には7時半過ぎに到着した。 足尾の山は1年ぶり。昨年9月に歩いた皇海山以来だ。
車は3台停まっている。中倉山に向かっているハイカーもいるのだろうか。ここのところ続いた長雨も落ち着き、今日は久しぶりの好天である。朝晩はめっきり冷え込んできた。ここの気温も20度はないだろう。少しひんやりするくらいだった。
駐車場から遠望できる中倉山方面は多少ガスが掛かっているようであるが、絶景が期待できそうだ。
しかし歩き出す準備をしていると、いつものごとくお腹の調子が怪しくなってきたが、我慢出来ないレベルでもないだろうと早速歩き出す。
ここは西から仁田元川(仁田元沢)、渡良瀬川(松木沢)、久蔵川の3河川が合流する足尾砂防ダムがある。砂防ダムの下流の銅橋を渡った先に銅親水公園がある。
仁田元沢の左岸に出るべく水道管橋に向っていると、お腹の調子が我慢出来ない状況になりつつあり、こちらのダムは決壊しそうな雰囲気だ(^_^;)
キジ撃ちは出来れば避けたいし、もはや長時間我慢が出来る状態でもない。進退極まった。。。
素通りした親水公園にトイレくらいあるだろうと、慌てて引き返した。
結構ヤバイ状況。あぶら汗が出て来た。急いで戻ると仮設トイレを発見し、事なきを得る(^_^;)

憂いも去り気分的にもさっぱりして早速歩き出す。 砂防ダムの堰堤に登るとネットでよく見る水道管橋が見えた。渡った先が石塔尾根の末端のようだ。あそこからも歩かれる人もいるようだけど、途中、脆い斜面やキレットなどもあり、ここは熟練者の領域だろう。
水道管の橋を渡り、仁田元沢の左岸の林道に出た。
林道を1時間ほど進み200mほど登る。

今回のコースは山と高原地図で紹介されているわけではなく、登山道として整備されてはいない。
中倉山への取り付きから山道を進む。
登り始めは谷間を踏み跡を辿りながらつづら折りに進む。意外と急登で歩き始めてすぐに汗が噴き出した。

開けた場所で後ろを振り返すと、尖ったピークが見える。あの山が備前盾山だろうか。
久しぶりの山歩きのためか、ペースも上がらない。約1ヶ月とはいえ、ブランクを感じる。息を切らしながら登り進むと、目の前にケルンが現れる。
支尾根に乗ったようだ。ここからは尾根を登る。
笹に覆われた尾根に足尾の山を歩いている実感が湧く。尾根を直登すると石塔尾根の手前のピークに出た。
前方のピークが石塔尾根のようだ。

右側を巻きながら登り進むと次第に藪っぽくなった。東側の展望が開け銅親水公園が遠望出来た。
さらに進むとザレた松木沢の斜面に出た。

ここからも銅親水公園がよく見える。先ほど駐車場から見えたピークはこの辺りだったのかと納得する。

松木沢を見下ろすと、木々が少なく他の沢とは様相が異なっている。

石塔尾根の開けた稜線に出た。左前方に辛うじて皇海山が見えるが、ガスって周囲の展望は効かず、少々残念。

中倉山に到着した。お馴染みの石積と山名板。昨年からの懸案を無事に済ませて、肩の荷が下りたような気分だ。ここでゆっくりと休憩したいが、山頂周囲には、羽虫が群れていた。服に何匹かたかってきたので、良く見ると羽根アリの大集団だった(^_^;)
少し場所を移動し、腰を下ろしておにぎりを食べていると羽根アリの集団がこちらに移動してきた。おちおちと休んでもいられないようだ。

中倉尾根の西側を望む。中倉尾根は中倉山、沢入山、オロ山、そして庚申山と続いている。
右側の少しガスっているピークの向こうが沢入山、その隣の奥に見えるピークが皇海山、その左側がオロ山、中倉尾根はオロ山から左(南)側に向かう。
時間的に余裕があれば、庚申山まで歩き通してみたいが、オロ山あたりから背丈のほど笹薮の歩きを強いられるようだ。
昨年の六林班峠の苦い思い出がよみがえる。立ち入らないのがよさそうだし、夕方から用事があるため、沢入山まで足を延ばて引き返そう。

休憩の後、中倉尾根を西へ歩き始めると程なくして、稜線上に一本のブナ?が立っていた。中倉山からは見えなかったが、どうやらこれが孤高のブナのようだ。やっとめぐり逢えた。唯一煙害を耐え抜いたとされる一本のブナ。青々と葉が茂っている。全く煙害を感じさせないその生命力たるや感慨深いものがある。その生命力をあやかろうと木の幹を触れてみた。

さて、あまりゆっくりもできないので、沢入山に向かい歩き始める。
稜線上の岩場を通過。所々脆いところがあり、左側は切れ落ちているため、足場に気を付けながら慎重に進む。

尾根の左右では植生が全く異なる。尾根の左側は緑が覆われているが、右側は崩壊が進み脆い山肌が露出している。ここならではの光景だろう。

山肌が露出した斜面は保水性も低下するので、土砂崩れなどが頻発したのだろうか。右側の斜面はどこ見ても鋭角で遥か下方に松木沢の流れが見下ろせた。 松木沢へ続くいくつもの支尾根は、どれもが岩が露出した急勾配で、脆そうな岩稜帯だ。足を滑らしたら一巻の終わりか。
沢入山手前の1,640mのピークを目指す。