三本槍岳
日 程
2015年11月1日(日) 天気:晴れ
山 名
朝日岳(1,896m)、三本槍岳(1,856m)、茶臼岳(1,915m)
コース
那須県営駐車場(8:11)→峰の茶屋跡避難小屋(8:47)→朝日岳(9:29)→清水平(10:04)→三本槍岳(10:38)(36min休憩)→清水平(11:44)(3min休憩)→峰の茶屋跡避難小屋(12:41)→茶臼岳(13:18)(10min休憩)→ロープウェイ山頂駅(13:54)→ロープウェイ山麓駅(14:15)→那須県営駐車場(14:29)
コース図
駐車場
峠の茶屋登山口無料駐車場
温泉他

山行記

inoueさんと昨年11月の檜洞丸以来の山行で、晩秋の那須岳に行ってきた。
今年は北の山に行きましょうと、当初は巻機山を予定していたが、昨日、埼玉県内の圏央道が全て開通したという事で、急遽、東北方面の三本槍岳ではいかがとのご提案をいただいた。inoueさんの山チョイスに間違いはないので、もとより異存はなくOKの返信。しかし三本槍岳とはどこの山だろうか。名前を聞いてもよく分からない。
ネットで調べると福島県と栃木県の県境に位置する山らしい。遠そうだなと思ってみていると日本百名山である那須岳の一峰であることが分かった。茶臼岳のみを百名山と思っていた自分の無知さに呆れてしまった。 その茶臼岳はそのうち歩いてみたいといった程度で、ほとんど何も知らなかった。一般的には茶臼岳を那須岳と呼ぶようだが、周囲の山々を総称したのが那須岳のようだ。那須岳は活火山で岩が露出した荒々しい山容が特徴。何だがいつもとは違う山行になりそうだと期待も膨らむ。
さて、朝は5時に我が家に迎えに来ていただき、inoueさんの車に乗り込み圏央道に入る。圏央道と東北自動車道が繋がることは、埼玉西部地区の者にとっては東北方面のアクセスが格段と楽になる。圏央道を軽快に走ると、まさにあっという間に東北道に出た。東北道から東名道まで圏央道で繋がったことは、都心の渋滞解消に大きな効果をもたらすのではないか。これからは東北方面の山行も増えそうだ。
inoueさんとそんなことを話しながら、気付いた頃には自宅からわずか2時間程で那須インターを降りる。那須も近くなったものだとつくづく感じる。 那須インターで降りるのは何十年ぶりだろうか。昔はよく遊びに来たものだが、沿道は美術館、博物館、喫茶店やらレストランなど新しい建物が立ち並んでおり、全然廃れてはおらず、相変わらずの賑わいを見せているようだ。那須の麓は紅葉に包まれていい感じである。ついつい写真を撮りたくなる。 那須の温泉街を抜け、那須高原を登り進めると那須岳の荒々しい山肌が見えるようになる。

今回は那須ロープウェイ山麓駅のさらに上にある県営無料駐車場の登山口からの歩きを予定している。 那須岳には様々なルートがあるが、朝日岳、三本槍岳、茶臼岳のメジャーな山々を廻れる一般的なコースのようだ。
登山口の標高自体が約1,500m程あるので、さほど標高差はなく、時間に余裕を持てば十分に日帰りは可能だ。ロープウェイを利用すればさらに楽に歩くことができる。
ロープウェイ山麓駅を過ぎ、少し進むと那須県営駐車場に到着する。すでに多くの車が停まっており、準備をしているハイカーも多い。さすが百名山と感心していると、皆さんかなりの重装備。車を降りると確かに冷たい風が吹き、初冬といってもよいほどの陽気である。風が強くて耳が痛い。ニット帽を持ってこなかったことが悔やまれる。駐車場から見る限りでは積雪は見られないが念のため軽アイゼンもリュックに詰め込む。 そしてあまりの寒さにフリースの上にダウンジャケットを着込んで歩き始める。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム


前方に見える山は朝日岳。山頂部はガスっており、山肌は白っぽい。冠雪でもあったのだろうか。
広い駐車場は、すでに多くの車が停まっている。駐車場の奥にある登山口に向かう。
ここにはトイレや茶屋もあり、日中には一般観光客も多く訪れるようだ。
那須登山口の鳥居をくぐって山道に入る。

この辺りではすでに紅葉は終わっているようだが、その分ナナカマドの赤が青い空によく映える。
鳥居の先には、山の神が祀られており、その先に赤い頭巾の狛犬が居る。茶臼岳山頂に那須岳神社の石祠が祀られているので、その狛犬になるのか。

すっかり落葉した潅木の中、なだらかな山道を進む。

目の前に活火山らしい荒涼とした山が現れる。登っている時には分からなかったが、右のピークが朝日岳で、左側のピークが剣ヶ峰。

歩き始めて間もなくすると稜線のコルに峰の茶屋跡避難小屋が見えた。
鉱山事務所跡らしき場所に着く。それらしい遺構はないが、左前方には茶臼岳が見えるようになる。
しかし、風が強い。帽子が吹き飛ばされそうだ。紐を締めても全く意味がない。

右には朝日岳の荒々しい迫力のある山腹が迫る。樹木の類は全く見られない荒涼とした山肌が広がる。黄色染まって見えるのは硫黄だろうか。
駐車場から歩き始めて30分程で峰の茶屋跡避難小屋に到着。ここは地形上、大変な強風が吹き荒れる場所と聞いていたが、まさしくその通りであった。
西側からの風がすごい。不安定な所にいると風でバランスを崩すので気を付けないといけない。
避難小屋で少し休憩して、朝日岳を目指して歩き始める。まずは剣ヶ峰の東斜面を巻きながら進む。
剣ヶ峰を巻き、稜線に復帰したところが恵比寿大黒と呼ばれるコルである。要所には右画像のような道標がある。
ここから西側の斜面に向かう。

西側斜面には霜が降りていた。この辺りから岩場が続くが、クサリもあるので安心して歩ける。
稜線上は風が強いので、風に足を取られないように注意して歩く。

西斜面のトラバース道。霜は降りているが道はしっかりしており、クサリがあるので、それほど心配はなく歩ける。
稜線と、朝日岳を分かつ朝日の肩に到着。ここにはベンチもあり、多くのハイカーが休んでいた。

朝日の肩から見た朝日岳。ガスの流れが速い。相変わらず風は強いが、陽が出ているためか寒くはない。

周りには霧氷が広がる。
朝日岳に到着。ここも強風が吹き荒れている。麓の駐車場が見えたが、すぐにガスに覆われる。寒くてあまり長居したくないので、写真だけ撮って稜線に戻ろう。

足を滑らさないように注意しながら歩く。

左を見ると茶臼岳と駐車場から続く登山道がはっきりと見渡せる。

朝日の肩から振り返って眺める朝日岳。上空を通過する飛行機による飛行機雲は長く伸びない。
次は三本槍岳を目指して稜線を北に進む。
何度かアップダウンが続く。ここは熊見曽根と呼ばれる分岐。
隠居倉や三斗小屋温泉へは、ここから西に向かう。
しばらく進みと1900m峰に通過する。道標の右後方に見えるピークが目指す三本槍岳である。
北から西に続く遠方に見える山並みは東北の山々なのだろう。

振り返ると霧氷の斜面の向こうに朝日岳と茶臼岳が綺麗に見渡せる。
パノラマを楽しみながら、なだらかな稜線を歩く。

眼前に広がる清水平を目指して下降する。

三本槍岳も近づいてきた。

今までの荒涼とした岩山とは違った草原のような空間が広がる。
木道を歩いて清水平を到着。
清水平からは緩やかな斜面を巻きながら進む。足元は霜が融けドロドロ状態。
ズボンの裾も泥だらけ。携帯しているスパッツを付ければよかったと、いつも後から後悔する。