寄居のおっぱい山(西ノ入仙元山)を歩いた
日 程
2015年4月25日(土) 天気:曇り
山 名
西ノ入仙元山(332m)
コース
鉢形城駐車場(12:25)→車山東口登山口(12:44)→仙元名水(13:22)(3min休憩)→△286.5(13:43)→181鉄塔(13:57)(7min休憩)→西ノ入仙元山(14:17)(6min休憩)→仙元名水(14:33)→鉢形城駐車場(15:28)
コース図
駐車場
温泉他

山行記

昨年、車山を訪れた時に見かけたピラミダルな山容の山が印象的に残っていた。地図を見てもその名が分からずにいたら、hiroさんから、その名を教えていただいた。 西ノ入仙元山という長い名前だが、またの名を「おっぱい山」とも呼ばれているようだ(^_^)
この近辺で、おっぱい山といえば、比企三山の笠山が有名だが、そこから程近い所も別の「おっぱい山」があったとは。。。
そのものを連想させる山容が名前の由来になるのだが、この近辺でも2座あるということは、はたして日本全国では、いくつあるのだろうか(^_^;)
以前見た西ノ入仙元山は、円錐形だったが見る角度によって、そのように見えるのだろう。果たして、本家本元??の笠山よりも、それに見えるのだろうか。何とも気になる。やはり、この目で見なければならない(笑)
西ノ入仙元山と尾根続きで石尊山にも立ち寄り、そして、西ノ入仙元山の麓で、三品川の上流にあたる猪ノ倉の地に湧き出る仙元名水も味わってみたい。
ということで、午前中の用事を片づけて寄居に向かったが、実は山の位置を正確に把握していない。旺文社の山と高原地図にも、地形図にも、石尊山はおろか西ノ入仙元山も記載されていない。ネットでざっと検索してもいまいちよく分からない。西ノ入仙元山は標高が分かったのと、円錐形の山容から地形図を見て、それと分かった。石尊山はおおよその見当はつくが判然としない。それでも尾根を末端から歩く予定なので、どこかで通過するだろうと尾根の地形だけ頭に入れて、歩き始めたのだが。。。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

西ノ入仙元山は、周囲に駐車できるような場所はなく、八高線の折原駅を起点に周回するケースが多い。
そこで少し離れてはいるが、昨年の車山の時と同じく鉢形城歴史館の駐車場に停めた。町中を1時間程歩いて登山口に向かう。

前方に本家本元?のおっぱい山(笠山)が見えたが、この角度ではよく分からない。大霧山あたりから見た笠山がそれらしく見える。
明日は統一地方選挙。寄居町議会議員選挙があるようで、ひっきりなしに選挙カーで候補者の名を連呼していた。

昨年歩いた車山を回り込むような形で南に進むと、前方にピラミダルな西ノ入仙元山が見えるようになる。
鋭くとがった山容からは、それに見えないことはない??(^_^;)
すでに昼時ということもあるが、おそらく20度は越えているだろう。4月とは思えない暑さ。歩いているだけで汗をかく陽気だ。
途中、ぶどう畑が多かったが、寄居町観光ぶどう園となっているようだ。
8月から9月がシーズンとあって閑散としていた。しばらく進むと里山の風情が広がる三品の集落となる。
右画像の右側上部の森が白髭神社のある尾根の末端。そこから左に延びる低い尾根を歩き通そうと考えていた。
白髭神社までは舗装路が続いているが、神社へ続く上り坂には多くの車が路駐されている。神社に集会場もあるようだが、地元の集会でもあるのだろうか。
白髭神社に到着。集会場は候補者の選挙事務所になっており、選挙前日を迎え、大勢の支援者で賑わっていた。この状況では尾根歩きは敢行しにくい。
地元の人に何か言われそうな気がして、藪っぽい尾根歩きは諦めた。

この神社には、畠山重忠が馬で駆け上ったと伝えられるひづめ石がある。
ほぼ垂直で5mくらいはありそうな岩だが、果たしてここを馬で駆け上ることが出来るのだろうか。

尾根歩きを諦め、舗装路をそのまま進み、西ノ入仙元山の麓にある仙元名水を目指す。
前方に見える西ノ入仙元山の山容がそれっぽく見えてきた。なるほどといった感じである(^_^;)
本来であれば画像右手にある尾根を歩いて石尊山に立ち寄り、西ノ入仙元山を目指す予定であった。
里山の雰囲気あふれる市道も新緑が芽吹き始め、所々で山ツツジも見られるようになる。
駐車場から1時間程歩いて、やっと西ノ入仙元山の登山口にあたる猪ノ倉仙元名水に到着。

寄居には日本水という有名な湧水があるが、ここも有名なようだ。冷たくて癖もなく美味しい水だった。
西ノ入仙元山へのルートははっきりしているが、そこは下山時に通る予定。まずは石尊山へ向かう。
舗装路はまだ先まで続いており、しばらく進むと、石尊神社の案内があった。石尊神社とは石尊山の山頂にある神社の事だろう。
とりあえず歩いている道は間違っていなかったのだが、実はこの時点で石尊山の位置を間違って認識していた。
最後の民家(廃屋と思われる)を過ぎると、周りの様相は変わる。ここで熊鈴を装着して、手袋をはめて山道モードに切り替える。
道は結構荒れているが道標が現れた。それに従い進む。
しだいに周囲は自然林に覆われるようになり、よい雰囲気の中での歩きとなるが、相変わらず選挙カーの拡声器の音が聞こえてくる。ムードが台無し(笑)
道が分岐した。分岐に立つ標識には、石尊神社は右(北)となっている。
しかし、私はこの位置から西に位置する286.6mの三角点のあるピークが石尊山と思い込んでいた。
おかしいなと思いつつ右へ進路を取ると最初は踏み跡が明瞭だったが。。。
やがて踏み跡はなくなったのか、ロストしてしまったのか、分からなくなってしまった。
踏み跡は北に向かうようだが、方向が違うと勘違いしていたので、方向を正さないといけないと思い込み、西に見える稜線を目指してしまった。
本来の石尊山はそのまま北へ向かった先にある277mのピークだったようだ。
稜線に出た。踏み跡は明瞭。286.6mを目指して南へ向かう。
途中から西に進路を変えるが、三角点のある286.6mのピークに到着。
あれ、ネットで見た石尊山は開けており、神社があるはずなのに、全然場所が違う??
そこで勘違いに気付いた。ここから北に位置する277mのピークが正解だったようだ。
引き返せば30分程度で辿り着けるだろうが、西ノ入仙元山とは逆方向になってしまう。今が13:45。元々歩き始めが遅く時間的に余裕がないので諦めた。
気を取り直して南に向かうと突然、畑に出くわした。こんな山の中になんで?ここまで来るのは大変だと思うが。。
鞍部へ下り、急で滑りやすい斜面を登ると鉄塔のあるピークにたどり着いた。

見晴らしが良く、本日一のビューポイント。ここで食事休憩を取った。先に見えるのは登谷山あたりだろう。

前方に見える低山は車山。鉢形城歴史館の駐車場はあの山の向こう側にある。
しかし、ここまでも選挙カーの拡声器が聞こえてくるとは。やかましいと思いつつ、某候補者の名前を完全に覚えてしまった(^_^;)

稜線上には山ツツジが咲き誇り、綺麗であったが、まだ蕾も多く、連休辺りに見頃を迎えそうな感じだ。
稜線はアップダウンが続き、意外としんどかった。182号の鉄塔の左を通過する。
鞍部に下りると、左へ下る踏み跡が続いていた。左を見ると先端の尖った西ノ入仙元山が見える。
どうやら踏み跡は西ノ入仙元山へ向っているようなので、左へ進路を変えた。
山頂直下は遠目に見る通りの急斜面。何とかよじ登って山頂に到達。展望はいまいち。風も出てきた。地面に腰かけて食事休憩を取った。
さて、休憩後は北に続く道から下山する。こちらはおそらく参道にもなっているのだろう。踏み跡ははっきりしている。
こちら側の斜面も急だが、ロープが渡してあって、ありがたい。
こちらのルートは標識も多いが、下りとしては、分かりづらいところが一カ所あった。
ロープを使って慎重に下ると、山頂から15分ほどで仙元名水にたどり着いた。美味しい湧水をたらふく飲ませていただいた(^_^)
石尊山に寄れなかったことが気に掛かり、地形図を見ながら歩いていると石尊山から東に続く小尾根に気付いた。
左画像がその末端にあたるが、とてもではないが登れそうもなく諦めた。

長閑な集落を1時間程歩く。

この日は山歩きが1時間、それまでのアプローチで2時間も費やした里山歩きとなった。石尊山に寄れなかったのは残念だ。
下調べが足りていなかったのだが、何かの機会があればまた歩いてみたい。
しかし、この目で確かめた西ノ入仙元山の山容は、笠山に劣らない見事?な形であった(笑)

さて鉢形城歴史館の駐車場に戻ると、歴史館では平成27年春季企画展「鉢形城歴史館収蔵品展」がやっており、思わず200円を払って見学してしまった(^_^;)