太平山、越上山
日 程
2015年10月12日(月) 天気:晴れ
山 名
太平山(530m)、越上山(567m)
コース
黒山三滝バス停(9:59)→黒山三滝(10:18)→役行者像(10:50)(休憩13分)→顔振峠(11:41)→見晴台(11:48 食事休憩28min)→諏訪神社(12:34)→越上山(12:46)→林道出合(13:10)→黒山三滝バス停(13:49) 
コース図
駐車場
三股手前無料駐車場
温泉他

山行記

永年、山歩きの足として使い続けてきたHIDEJI号がとうとう動かなくなってしまった。HIDEJI号とはマイカーのことであるが、乗り始めて13年の付き合いになる。
これまでも幾たびか動かないという致命的な不具合を繰り返してきたが、その都度、修理して乗り継いできた。しかし、今回の修理見積もりは安くない。次の車のことなど全く考えていなかったが、さすがに直す気は起こらない。別れ惜しいが手放すことにした。
しばらくしたら妻が今まで乗っていた車を山歩きの足とする予定だ。
余談が長くなった。さて体育の日を絡めた3連休はいろいろとバタついていたが、連休最終日は少しだけ時間的な余裕ができた。天候も悪くないようだ。短時間でも山歩きは気持ちが良いし気分転換になる。そこで今回は電車で近隣の山に出かけてみることにした。出発もすっかり遅くなってしまい、とりあえず近場の越生に向かった。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

越生あたりでは、紅葉も始まっておらず、なんとも中途半端な時季ではあるが、暑さも通り過ぎ、地元の低山歩きも苦にならないだろう。越生駅に到着して9時半出発のバスに慌てて乗り込んだ。1/3程の乗車率だろうか。乗客は全てハイカーさんだった。これでも少ない方だろう。終点の黒山三滝で下車すると、すでに10時近い。10月にしては少し蒸し暑さを感じる陽気だが、辺りは山の空気に包まれ、なんとも心地がよい。バス停の時刻表をスマホで撮っておき、まずは黒山三滝を目指そう。 日本観光百選のアーチを潜り黒山三滝に向かう。しかし、ここは現在も日本観光百選なのだろうか(^_^;)

アーチを潜った先の駐車場は意外にも多くの車が停まっていた。皆さん、黒山三滝狙いなのか。
そして、お馴染みのお休み処、ここはいつ通っても炭火で焼く川魚の香ばしい匂いにそそられてしまう^_^;

黒山三滝は、昔から修験道として栄え、往時は多くの修験者が修行に訪れたとの事。
当時を偲ばせるようなものは少ないが、この界隈では気軽に滝見物が出来るスポットではある。
清涼感を味わうにはいいのかもしれない。手前には天狗滝というのがある。
いつまでも変わらない古き良き時代の土産物屋を抜けると黒山三滝にたどり着く。

黒山三滝の謂れ

男滝と女滝。そして、少し下流にある天狗滝を総称して黒山三滝と呼ぶ。
黒山三滝からは山道になる。ひと登りで、じきに分岐に出る。5年ぶりに太平山の役行者の石仏を拝んでみよう。

始めは沢沿いに進む。途中、ロープがあったりして、そこそこ険しいルートを登る。
しばらく歩くと支尾根に乗った。次第に傾斜は増すがじきに平坦な場所に出た。
ほんのひと登りで、太平山に到着した。ここは木陰に覆われた広場になっている。ベンチがあって休むには丁度良い。

ベンチに腰掛けて汗をぬぐう。歩き始めて1時間が経ち、小腹も空いてきたので、おにぎりを一つ頬張る。
暑くも寒くもない中途半端な陽気だが汗はしばらく止まらなかった。

修験道の開祖といわれる役の行者(役小角)の石仏。
役小角が従えていたとされる夫婦の鬼。前鬼と後鬼。斧を担いだ前鬼が夫で、水瓶を持った後鬼が妻ということだそうだ。
一緒に祀られている不動明王と観音菩薩。

雑木林に囲まれているが、紅葉の気配はない。1ヶ月程早そうだ。周りの様子はまだ夏のようだが、周囲で騒めく虫の声に微かな秋の訪れを感じた。
とはいえ1ヶ月もすると冬を迎える。季節の移ろいは早いものだ。

次は顔振峠を通って、越上山にも行ってみよう。
好天で空気も清々しくて気持ちが良い。
程なくして奥武蔵グリーンラインに出た。連休という事もあってバイクや車の往来が多い。
道端に咲く野草。

ほどなくして、顔振峠に到着した。ここに来るとなぜか蕎麦が食べたくなる。。

棒ノ折山など奥武蔵の山々が見渡せる。天候が良ければ、富士山も遠望できるが、この日は見ること叶わず。