大ドッケの福寿草を楽しみに大ネド尾根から峠ノ尾根を周回した
日 程
2015年3月28日(土) 天気:晴れ
山 名
大ドッケ(1,275m)、独標(1,315m)
コース
駐車場(7:14)→尾根取付(7:26)→大ネド尾根985m(8:26)(8min休憩)→峠ノ尾根分岐(9:44)→福寿草自生地(10:05〜10:46)→独標(11:10)→大ドッケ(11:13)→61号鉄塔(11:56)(10min休憩)→地蔵峠(12:12)→駐車場(12:34)
コース図
駐車場
大日堂前駐車場
温泉他
武甲温泉

山行記

3月に入り、大ドッケの福寿草自生地がやらたと気になっていた。昨年は大雪のために足が向かなかったが、今年はその心配はなさそうだ。ネットの記事を見るとすでに見頃を迎えているようである。
今週末あたりがピークだろうか。そう考えるといても立ってもいられなくなる。土曜日の天気予報は晴れて暖かくなるようなので、折角だから行ってみることにした。

この花園へはいわゆる登山道はなく、沢を上り詰めて向かうのが一般的のようだが、それでさえ途中に崩落地があったり、紛らわしい派生尾根に惑わされたり、距離も長く簡単に辿り着ける場所ではない。それでも訪れるハイカーも年々増加傾向にあり、もはや秘密ではなくなりつつあるようだ。
今の時期、沢から向かうルートはハイカーも多そうだし、一昨年に一度歩いたことがあるので、尾根伝えに向かってみたい。
お地蔵様が祀られた地蔵峠を経由した峠ノ尾根から自生地に立ち寄り、大平山まで足を延ばして、大ネド尾根を下り、あわよくばグミの滝に寄れるだろうか、などと無謀な考えも頭によぎったが、それはいくら何でも無茶な考えだ。夕方から用事があるため、未踏尾根を周回し、福寿草の自生地に立ち寄ることにしよう。
ただ一つ気掛かりなことがある。先日読んだ「秩父藪尾根単独行」によると、大ネド尾根で何度も熊と遭遇したとある。今は時期的にどうなのだろうか。少し心配なので熊鈴を3つ携帯することにした。峠ノ尾根は花園に向かうハイカーの下山道として、踏み跡はあるだろうから下りで使うこととして、往路は大ネド尾根とした。

二年ぶりの大ドッケの福寿草はやはり来た甲斐があった。斜面の一画に広がる黄色の花園は、ちょうど見頃ではなかったろうか。
先客は3名いらした。浦山大日堂の駐車場にいた団体さんはまだのようである。皆さん思い思いに福寿草を愛でていた。こちらも花園の縁に座り込んで昼食としたが、眺めているとついつい時の経つのも忘れてしまう。20分ほど休んでいると、件の団体さんが上がってきた。「これから太平山まで足を伸ばそうか」などと話されていた。なんだか賑やかになったのを機に退散した。
花園の中にいくつもの道筋が出来ていた。以前はなかったような気がする。とやかく言える立場ではないが、後世に残したい自然遺産として大事にしないといけないと改めて感じた。

そして、ブナの巨木が立ち並び、落ち葉が敷き詰められた大ネド尾根では、静寂に包まれた気持ちの良い尾根歩きが楽しめた。
三ツドッケや大平山などを間近に見ると改めて山懐に抱かれていることを気づかされる。
新緑、紅葉の時期は歩くには良さそうだけど、熊が生息する場所としてむやみに立ち入らないほうが良いかもしれない。 このエリアは、花園以外は脚光を浴びることのないマイナーな山域として訪れる人は少ない。これから日が長くなる季節、ゆっくりと歩いてみたい。

アルバム

この時期は花園目当てで多くの人出が予想される。駐車場は5台ほどのスペースしかないため、早出するつもりが少し朝寝坊してしまった。
駐車出来るか心配だったが運良く一台分空いていた。駐車場では7名ほどの団体さんが準備されていた。皆さんカラ沢から登られるようだ。
浦山川沿いに並ぶお馴染みのオブジェ。ストローでビールを飲みながら釣りをしている極悪カッパ君。いつの間にか体の色が緑から変色している(笑)
浦山川の橋を渡り、細久保谷沿いの林道を進むと右斜面に見覚えのある猫車が放置されている。
これは、もしや。。。
たそがれさんの猫車かな。2年前は違う場所で見たぞ(笑)
先の民家で猟犬と思われる二匹の黒い犬に猛烈に吠え立てられた。この山域に立ち入るのを拒まれているようでもあり、なんとも落ち着かず足早に立ち去る(^_^;)
たそがれさん、ぶなじろうさんの記事で見かけた水道局の建物が前方に見えた。ここが大ネド尾根からの派生尾根の末端のようだ。階段がかなり上まで伸びている。この手の取り付きで標高を稼げるのはありがたい。当初はこの先の天目山林道の末端まで行くつもりでいたが、ここから登ってみようとカラ沢の右岸を進み階段を取付いた。
貯水施設を抜けて、支尾根に取り付くと目の前に立ちはだかる巨大な岩。左は絶壁なので右に巻いて斜面をよじ登る。
巨岩を巻いてよじ登った斜面を振り返る。階段で派生尾根の取り付き部は難なくクリアかと思いきや甘い考えだった。しかし、こんなところは下りたくない(^_^;)
大ネド尾根まで約400mの登り、等高線の間隔も狭く予想した通りの急斜面。
時折り、先ほどの犬の吠え声が聞こえてくる。後続がいるのかと思ったりもしたが、少なくとも花園目的で、こんな尾根を歩くハイカーはいないだろうな〜。
標高が上がるにつれ、次第に広葉樹の疎林が増えてきた。上を見上げると熊棚と思われるものがやたらと目に付いた(^_^;)
やがて前方に大ネド尾根と思われる稜線が見え始め、標高点985mと思われる平坦な場所に出たことにより大ネド尾根に乗れたことを知る。
ここまで来れてまずは一安心。ひとまず汗を拭きながら休憩する。
見上げると熊棚みたいなのがそこらじゅうにある。派生尾根上には鹿の糞がやたらと多かったが、獣の気配は感じられない。
ここから大ネド尾根を進むが、地形図を見るとキツそうな斜面は一カ所くらいかなと検討をつけて歩き始めた。

左に開けた場所があり、三つドッケがはっきり見えた。手前に続く尾根がシャクナン尾根のようだ。
尾根の途中に顕著なピークが見えるが、三つドッケの山頂直下も傾斜がありそうだ。あの下りは厳しそうだが、いつか登ってみたい。

三つドッケ(天目山)のアップ
先ほどの派生尾根と比べると緩やかで歩き易い斜面が続く。風もなく穏やかな陽気だが、天気予想に反して、曇り空でなかなか日が射してくれない。
1,150mへ向かう斜面(左画像)が急登だった。周りを見渡すと鹿道だか分からないが踏み跡があった。直登はしんどいので、遠慮なくトレースしたが途中から踏み跡もなくなる。しかたがないので斜面に手をつき体を支えながら、おっかなびっくり斜面を登るとブナ?が立ち並ぶいい雰囲気の尾根となる。
前方に峠ノ尾根のと分岐(1,400m)が見えてきた。右斜面を見下ろすとカラ沢の源頭部が見える。自生地はこの辺ではなかろうか。
目を凝らしてみるとかなり下方に何となく黄色の斜面が見て取れた。まだ誰も来ていないようだ。ここから下ってみようかと思ったが、大ネド尾根を歩き切らねばとの思いが勝り、そのまま峠ノ尾根に向かった。
峠ノ尾根との分岐に到着。ここまで残雪は全くなかった。
大ネド尾根もそうだけど、枯れたスズタケは、ほぼ全て倒れており、2年前とだいぶイメージは変わっていた。
記憶を頼りに自生地への下降すると前方に黄色の斜面が見えてきた。