節分草を期待して弟富士山に向かったけど。。
日 程
2015年2月27日(土) 天気:晴れ
山 名
弟富士山(386m)
コース
道の駅あらかわ駐車場(14:20)→矢通反隧道(14:37)→弟富士山(14:50)→浅間神社登山口(14:58)→道の駅あらかわ駐車場(15:22)
コース図
駐車場
道の駅あらかわ駐車場
温泉他
武甲温泉

山行記

毎年、この時期になると春の訪れを知らせる福寿草や節分草が気になる。
浦山口からほど近い弟富士山に節分草の自生地があるらしい。ネットでは3月下旬の記事が多い。少し早い気もするが、もしかしたら咲いているかもしれない。近くには福寿草も咲いているようだ。
先ほどまでの高ワラビ尾根歩きで疲れているが、弟富士山であれば登って下りて30分もあれば十分だろう。 自生地の場所は分からないが、整備されている遊歩道を歩いていれば、気付くでしょうと空身で向かったが、 結局のところ、節分草や福寿草は見つからなかった。というよりも時期が早過ぎた??
何となく場所は分かったが、弟富士山を縦走しただけで終わってしまった。 またいつか仕切り直さないと。。。

アルバム

道の駅あらかわに車を停めて、山と高原の地図を頼りに、とりあえず城山方面に向かってみる。
弟富士山の登り口がどこなのか分からないが、矢通反隧道の側にあるらしいことは知っていた。道標に従い矢通反隧道を目指す。
北側の表日野と南側の裏日野とを繋ぐ矢通反隧道。昭和15年に着工されるが、予算が足りずトンネルの両側の高度が合わなかったとのこと。
今や生活道としては使われていないだろう一風変わったトンネルを抜けたところに遊歩道入口があった。
ここから小高い山稜伝いに弟富士山を縦走して武州日野駅に至る。後ろを振り返ると3つの尾根が見える。一番奥のピークは矢岳だろう。
その手前の中央の尾根は矢岳に続く北尾根(仮称)、その手前は宗屋敷尾根のようだ。
入口から続く木段を10mほど登ると稜線に出た。道標に従い右へ向かう。稜線左には鉄塔が建っていた。
整備された稜線の途中に、朽ち果てた鳥居の奥に祠が祀られていた。周りを注意しながら眺めてもそれらしい花はない。
意外とアップダウンが多い。カタクリの自生地へと分かれる分岐を通過し、弟富士山を目指して進む。
弟富士山まで来てしまった。ここに来るのは3年ぶりか。当時は矢岳に行くついでに寄った。
山頂からは武州日野駅に向かって100mほど下る。
武州日野駅側の登山口まで下りてきたが自生地はなかった。改めてネットで調べ直し、ここだろうと見当を付けて向かってみた。
駅前の幾重にも続く鳥居を抜ける。両サイドを柵で仕切られた遊歩道に出たが、ここがカタクリの自生地のようだ。
節分草もこの中だろうと目を凝らしながら歩いてみたが、節分草や福寿草はおろか、蕾やそれらしい草もなかった。
遊歩道を抜けたところに虚空蔵大菩薩が祀られたお堂があった。
時期が早すぎたのだろう。残念だがまた近いうちに秩父に行く機会があれば見てみたい。
右画像の手前の稜線の左端が弟富士山で、右端に見える鉄塔から続く稜線を歩いた。
期待した節分草は見ること叶わず全くの無駄骨に終わってしまった。駐車場までの足取りも重く、武甲山での疲れがどっとでてきた。