祖母山
日 程
2015年8月23日(日) 天気:晴れ
山 名
祖母山(1,538.5m西峰)
コース
北谷登山口(9:12)→千間平(10:04)→三県境(10:20)→国見峠(10:44)→九合目小屋(11:18)→祖母山(11:36)(38min休憩)→風穴(13:02)→北谷登山口(13:54)
コース図
駐車場
北谷登山口駐車場
温泉他

山行記

前日は阿蘇に泊まり、あか牛を始めとした地元料理をいただく。そして温泉に浸かって二日間の疲れを癒し、早々に床に就いた。夜中に眼が覚めると、窓の外には見事なほどの星空が広がる。眺めていると人工衛星やら流星が次々と流れていく。ここは山奥ではなく、町中ではあるのだが、この綺麗な星空は意外であった。満天の星空に祖母山歩きも期待が膨らむ。
翌朝、眼が覚めると期待通りの雲ひとつない晴天。南側に阿蘇山が全貌を現し、北ではに阿蘇山をとり囲む巨大なバリケードのような外輪山の麓に朝靄が掛かり、なんとも幻想的な光景が広がる。
山歩きでこんなに恵まれた天候は久しぶり。3日目は祖母山に登って熊本空港から帰る予定だ。ホテルでゆっくりと朝食を取り、現地に向かう。祖母山は阿蘇山の南東方向に位置する。車で外輪山を登り、東へ進むと前方に大きな山塊が現れた。あれが祖母山塊だろうか。今まで歩いた九重山や阿蘇山に比べると地味な感じは否めないが、空は澄み渡り、山頂部もくっきり遠望出来る。今回の遠征で一番の好天。明日からは台風の影響で九州地方は崩れるようだ。なんともラッキーな展開だ。
祖母山は日本百名山の一つとしてコースバリエーションは多い。その中でも一番ポピュラーで楽ができると言われている北谷登山口から周回する予定だ。
登山口までは未舗装の林道を進まなければならず、山登りよりも林道走りの方が辛そうだ。だけど、今回は終始Nさんに運転していただく。巧みな運転でぐんぐん進むといつの間にかに北谷登山口に到着した。

アルバム

駐車場はすでに満車状態。手前に斜めに駐車する。時間は9時過ぎ、日はすでに高いがそれほど暑苦しいはない。しかし日差しは強い。日焼けしないように、日焼け止めを十分に塗り込む。下山後、温泉にも立ち寄りたいので、あまりノンビリ出来ない。登山届を提出して早速歩き始める。
登山口には気になる貼り紙があった。事前にネットで知っていたが、4年ほど前に熊に遭遇したという内容だ。熊に遭遇という部分は消えているような感じだが、ガセネタだったのだろうか。遭遇したのであれば間違えようはないと思うが、その貼り紙の下には、熊の鳴き声を聞いたとあった。九州本土は熊が絶滅したと聞いているが、真意のほどは如何に。
往路は千間平から国觀峠を抜ける千間平コースで祖母山に向かい、復路は険しい尾根と谷を下る風穴コースで駐車場に戻る。
今までの山々と様相が変わり、植林や笹薮に囲まれた山道を歩く。いつもの秩父の山と違いはなく、地元の山を登っているようで、まるで違和感はない。
その分、熊に遭遇したというのは説得力がある。一応、持参した熊鈴を付けたくなるが止めておいた。
山頂までは約5kmほどの歩きとなる。500m毎に1合目から9合目まで道標が立ち、進み具合が分かり易い。
植林や笹薮に囲まれた山道を巻きながら登り進む。
さほど疲れもせず、30分程度で山頂から繋がる稜線に出た。周りは笹薮に覆われている。稜線はなだらかで、次第に辺りは広葉樹が多くなる。
3合目を過ぎたあたりから、苔むした倒木が増え、雰囲気の良い幅広い尾根となる。どうやらこのあたりが千間平のようだ。
左手には竹田市だろうか、市街が見下ろせる。その先にも山並みが確認できる。

しばらく進むとY字路にでた。ここが三県境と呼ばれる大分県、熊本県、宮崎県の三県の県境。
地元の埼玉県だと山地に位置する三県の県境は3箇所ある。雲取山、甲武信ヶ岳、三国山のどれもが山頂が県境になっている。
ここは尾根の途中の通過点というだけで、あまりパッとしない感じだ。
同じような広葉樹の樹林帯を進むと突然開けた場所にでた。ここが国觀峠のようだ。

目指す祖母山の山頂が見えた。標高差は200mほど。
お地蔵さんが祀られている。周囲は樹林で遮られ、国觀というほどの展望はない。

少し休憩して先に進む。
国観峠から山頂まで傾斜は増す。道は雨にえぐられたようで、滑りやすく木の根が浮き出ている。
歩きづらい斜面で足場を選びながら登り進むと9合目の標識に着く。あと500mほどで山頂だ。少し歩くと祖母山9合目小屋と山頂を分かつ分岐にでた。ここの祖母山9合目小屋は祖母山を左に巻いて5分ほど歩いた場所にある。ここでMさんが登山バッチを購入されるので、小屋に立ち寄ることにした。
しばらく歩くと小屋に着いた。中を覗き込むとラジオの音が聞こえてくる。
誰かいるような気配はするが、呼びかけても反応がない。

誰もいないようなので、諦めて祖母山を目指す。
ちなみにバッチは帰りがけに、麓の商店で購入できた。
道は多少険しくなる。前方から多くのハイカーが下ってきた。
9合目小屋から10分ほど登る。山頂手前のザレた斜面を慎重に進む。

祖母山山頂に辿り着いた。
山頂は遮るものがなく、360度の展望が広がる。山頂には他に2名のハイカーが休まれていた。日陰を探して荷物を下し休憩する。

こちらは北東方面。見える山々は全く分からない。四国の石槌山も見えているのかもしれないが、よく分からない。

こちらは南側の展望。宮崎県の山々。

中央に見えるのが、九重連山と思われる。

祖母山から南に続く稜線。