冬晴れの中、奥高尾の縦走を楽しんだ
日 程
2015年12月28日(月) 天気:晴れ
山 名
陣馬山(855m),景信山(727m),城山(670m),高尾山(599m)
コース
高尾−(バス移動)−陣馬高原下(7:48)→陣馬山(8:52)(25分休憩)→明王峠(9:42)→景信山(10:35)(75分食事休憩)→城山(12:24)(10分休憩)→高尾山(13:15)→高尾山口(14:23)
コース図
駐車場
-
温泉他

山行記

年末も残りあとわずか。今年も大した怪我もなくメジャーな山からマイナーな山などそれなりに歩けた満足な一年となった。今回は2015年の歩き収めとして、M氏、N氏とともに陣馬山から高尾山へ続くメジャーな縦走コースを歩いた。高尾山は都心から近く、登山客を始め参拝者や観光客など年間200万人が訪れると言われる一大観光地。高尾山がミシュランガイドで三ツ星を獲得したことは、よく知られた話だが、日本の山では富士山と二つだけとは知らなかった。個人的にはどちらもなぜ?という気はするのだが、世界中にその名は知れ渡り、年間を通して外国人旅行客も多い。
高尾山は観光では何度も訪れているが、城山、信景山、陣馬山など奥高尾の山々は歩いたことがない。 人出の多い山は苦手で、特に観光客の多い高尾山は単独では歩こうという気は起こらないが、奥高尾の縦走コースは思いのほかハイカーも多くはなかった。冬晴れの中、富士の展望も楽しみながら、2015年の最後を飾る歩きとなった。

さて、本日の予定は高尾駅から始発バスで陣馬高原下バス停まで移動して陣馬山を登り、高尾山口までの縦走で20km弱のコース。 まずは高尾駅までは電車で向かった。駅に着くとM氏、N氏ともにバス停で並んでいる。混雑すると乗り切れない可能性があるため、慌てて並ぶが、大して混んではおらず余裕で座れた。今回のコースは要所に茶屋などがあるため、飲み物ぐらいは入手できるだろうと、現地調達をあてにして水は用意していない。アクエリアスのペットボトル(500ml)のみ持参したが、「おそらく平日はお店やってないよ!」と言われ、バス停の近くにある自販機に急いで水を買いに行くが水がない。
そうこうしているうちに出発まで1分を切ってしまい、諦めてバスに乗り込んだ。

アルバム

う〜む、やってしまった(^_^;)
いくら寒い時期とはいえ、20km近い距離を500mlではいささか足りないような気もする。それに今日は山頂で鍋焼きうどんを食べようという計画があり、そのためにも水が必要だ。N氏が三人分の重い食材を背負っている。その水すら提供出来ないのか(^_^;)
まさか、水を分けてくれとも言えない。そんなことを言おうものなら白い目で見られるのは必定である。 陣馬高原下バス停で自販機があることを期待しよう。もし、ない場合は沢に下りて冷たい水を汲むしかないかもしれない。 しかし完全に舐めているとしか言いようがない(笑)
バス停に着くと、果たして自販機があり、水を1L購入して事なきを得た(笑)
さて、この日は風はないが肌寒い。気温も氷点下であることは間違いない。手袋をしないと手が痛くなるほどで、軽く準備運動をして歩き出す。
道端の青面金剛像の庚申塚。
歩き出して20分ほどで山道との分岐にたどり着いた。林道を離れて陣馬山を目指す。
しばらく沢沿いに進み、途中から急な植林の尾根を進む。だんだん暑くなってきた。汗も止まらない。少し休憩してダウンジャケットを脱いだ。
斜面が緩くなると周囲は自然林に覆われるようになり、稜線上に陣馬山の巨大な白馬が見えるようになる。

稜線に出ると雲一つない青空の中、姿を現した富士山に疲れも忘れるほどテンションも上がる。

陣馬山に到着。富士山に向かっていななく有名な白馬像。
360度の大パノラマ、富士山を始め、丹沢、奥秩父、南アルプス、関東平野から相模湾まで素晴らしい。十三州の眺望というものうなずける。
陣馬山の名は戦国時代に北条氏と武田氏が対陣したことから、陣張山といわれたものが、後に陣馬山(陣場)と呼ばれるようになったと伝えられ、天正年間には、甲斐武田氏の狼煙台があったとされている。

富士山の左側には丹沢の山並みが続く。さすがにここから眺める丹沢は近い。

ここは関東の富士見100景に選定されているほどの見晴らし。

富士山のアップ。

奥に見えるのは南アルプスの赤石岳と悪沢岳ということらしい。

東に目を転じるとスカイツリーも遠望できた。

奥に見えるのが雲取山から酉谷山など長沢背稜の山々のようだ。
十分に休憩を取り、次は5.7km先の景信山を目指す。
陣馬高原下から5kmも歩いただろうか。高尾山口まではあと14kmもあるが、登山道は整備されて歩きやすい。
コース中には、いくつもの茶屋やトイレも用意されており気楽に歩ける。しかし残念なことに平日のため高尾山以外の茶屋は全て閉まっていた。
縦走路は大したアップダウンもなく平坦で整備されているため、トレランをやっている人も多かった。

景信山に到着。

景信山からの見晴。

蜃気楼のようなスカイツリーと都心の高層ビル街。
平日にも関わらず、かげ信小屋には20人程度のハイカーは居たと思われる。しかし机や椅子の数があまりにも多い。
休日には椅子が埋まるほどのハイカーが訪れるのだろう(^_^;)
N氏が段取りしてくれた鍋焼きうどん。
アルミの鍋がセットされたものではなく、鍋と具材をそれぞれ別々に、オプションとしてたまご、豆腐の他に蓮華まで用意していただいた。
本日のメインイベント。冷えた体も暖まり、最高に美味しくいただいた。
今日の荷物の半分がこれだと言っていたN氏。陣馬山への登りで辛そうにしていたのも納得(笑)

満腹になったところで、次は城山を目指す。縦走路のアンテナが見える中央のピークが城山。高尾山は縦走路の左側に続く。

縦走路でここだけだった?九十九折の斜面を下る。
眼下に八王子JCTが見えた。左右に走るのが圏央道。手前右手に小仏トンネルが続く。

小仏峠に到着。この下あたりに小仏トンネルが通っているようだ。
途中で相模湖が見えた。景信山から25分程で城山に到着。
城山の茶屋もやっていないが、先ほどの景信山と比べるとハイカーは多かった。50名以上は居たと思われる。トイレ休憩を取りすぐに出発。
縦走路の一画でシモバシラという珍しい植物を見ることが出来た。白い部分は氷。

シモバシラの説明。根は生きているが、茎が枯れているため、根から供給される水の行き場がなく氷になるという珍しい現象。
しかしM氏は歩くのが速すぎる。。。(^_^;)
付いて行くだけでやっと。写真を撮っていると前方からいなくなってしまう(笑)

高尾山薬王院。ここに来るのは十数年ぶり。
正月準備も進み相変わらずの賑わいだった。しかし、本当に外国人観光客が多かった。
参道には終わりかけの紅葉が多少残っていた。
この後は高橋家でとろろそばをいただき、最近オープンした京王高尾山温泉極楽湯で温泉に浸かった。