鎌倉橋右岸尾根から南天尾根を辿り埼玉最奥地の滝谷山へ
日 程
2015年5月30日(土) 天気:晴れ
山 名
滝谷山(1,659m)
コース
鎌倉橋駐車地(6:38)→P1480(8:42)→南天尾根分岐(9:02)(5min休憩)→P1562(9:40)→滝谷山(10:32)(10min休憩)→南天尾根分岐(12:04)(5min休憩)→南天尾根沢コース分岐(12:27)(3min休憩)→沢コース・尾根コース分岐(12:53)→法印の滝(13:14)(7min休憩)→鎌倉橋駐車地(13:36)
コース図
駐車場
鎌倉橋駐車地
温泉他
大滝温泉

山行記

埼玉県の最奥部として群馬県と県境エリアには、あまり知られていない山々が連なる。それらに至るための登山道はなく、ハイカーの記録はほとんど見られない。 埼玉県と群馬県の県境稜線は上武国境稜線と呼ばれたりするが、今回はその稜線上にある滝谷山へ行ってみた。訪れる人も稀な知る人ぞ知る寂峰である。

そんな滝谷山は東に位置する南天山と尾根続きにある。南天山はこの周辺の山では珍しく、登山道が整備されている。
滝谷山へ埼玉から日帰りで向かうには、南天山から続く尾根(以降、南天尾根と呼ぶ)をピストンするくらいしか通常は考えられないが、それでは面白くない。以前、たそがれオヤジさんが、鎌倉沢右岸の尾根の事を触れられてから気になっていたので、往路と復路で少しルートを変えてみよう。
しかし、この鎌倉沢右岸に位置する尾根の記事は見当たらない。先人の記事でもあれば、安心出来るし、何となくでもルートのイメージが掴めるのだが、今回はそれがない。 途中で岩場に出くわして行き詰まるか、どんな状況なのか全く予想が付かないので、下りでの利用は危ない。そこでこの右岸尾根を登り、下りは鎌倉沢沿いの慣れた登山道を歩くことにした。
昨年の大雪の影響で、昨年のこの時期、南天山の登山道は立ち入り禁止となっていた。すでに復旧しているようだが、登山目的で訪れる人は減り、この辺りも廃れる一方かもしれない。

それにしてもむし暑かった。まだ5月とはいえ真夏の陽気だった。今回のルートはヤブ歩きもあったが、これからの季節、この山域は歩かない方が無難かもしれない。暑さだけではなく、羽虫やらコバエにも纏わり付かれるも鬱陶しい(^_^;)
しかもヤブの中、糸にぶら下がった尺取虫がやたらと多かった。進路の目の前にぶら下がるイモムシに最初は気持ち悪いからと、手で払っていたが、ヤブを掻き分けるのに精一杯。途中から服に付いていたら払うぐらいで。イモムシなど気にならなくなってしまった。ヒルがいないだけでもマシかもしれないが、マダニは生息しているのだろうか。 しかしなぜ尺取虫はこんなことをしているのだろうか。獣などに張り付いて移動する手段としてこんなことをしているのか。調べてみると外敵から身を守るためだそうだ。
それにこういったところを歩いていると、足元は真っ黒くなるほど、鹿の糞で埋め尽くされている。鹿以外の野生動物のフンは避けるが鹿の糞は全く気にならない。本当のところは疲れて避ける気力すらなくなっているだけなのだが(笑)
しかしさすがは山の住人だけあってコース取りは合理的で、踏み跡のないようなルートでは、逆に鹿の糞を追ったりする。だけど実際にはそこらじゅうにフンがあったりする。よくもここまで糞を撒き散らすものだと、いつも感心する(笑)

前日の飲み会ですっかり遅くなってしまったので、近場の山でも行こうかとも考えていたが、暑い時期の秩父の藪山ははっきりいってキツい。この時期を逃すとしばらく行けなくなる。これは多少無視してでも行くしかないと、4時起きで向かうことにした。しかし、なかなか寝付かず、結局、ほぼ一睡も出来ずに向かうことになったが、すでに十分に暑く、疲れた一日となってしまった。
本日の行程では、1562mの標高点から滝谷山まではしんどい歩きを強いられたが、鎌倉沢右岸尾根は危険な箇所はなく歩き易い尾根道だった。
今回は変化に富んだルートで楽しめた。当然のことながら?誰とも会わず、静かな山歩きを味わうことができた。

次は松尾尾根を登って三国山でも目指そうかなぁ。ただし復路での15km強の中津川林道歩きが余計だけど(^_^;)


紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

朝早いだけあり道もスムーズに流れる。R140から県道210号に移ると、いつものごとくお腹の調子が悪くなる。慣れない山域で、多少緊張しているのかもしれない(笑)
秩父槍ヶ岳の登山口の駐車場にトイレがあったのを思い出し立ち寄る。駐車場にはキャンピングカーでオートキャンプをしている人がすでに起きだしていた。そして昨年の大雪の影響だろうか、登山口には立ち入り禁止のテープが貼られたままだ。
ここは危険なルートとして、復活することはなく廃道化が進むのだろう。
やがて道は未舗装の中津川林道となり、素掘りの隧道を抜けると、秩父の秘境にやってきたという実感が湧いてくる。落石注意の看板にビビりながら車を進めるとじきに鎌倉橋に到着した。林道整備のブルトーザーが止められているほか、車はない。準備をしていると途中で抜いたサイクリストが前を通り過ぎた。まさか自転車で中津川林道を三国峠まで登るのか。中津川林道も5月から通行止めが解禁されたためだろう、他にも4WD車やオフロードバイクが通り過ぎていく。
さて本日は登山口からいきなりのバリエーションルート。熊との遭遇は避けたいので、熊鈴を3つ装着して歩き始める。
登山口が目指す尾根の末端に当たるため、20mも進まぬうちに登山道から外れる。
尾根は植林の急登で始まる。見上げるだけで首が痛くなる(^_^;)
急斜面で直登は出来ない。しかも前日の雨で斜面はぬかるみ足が進まない。滑らなそうなところへ慎重に足を運んで斜めに登る。こんな調子で尾根を登りきれるのかと不安になる。しかし50mほど登ると林業用と思われる作業道が現れた。これはラッキーかもしれない。
尾根を左に巻きながら道は続いている。当然のごとく?地形図には記されていないが、この作業道で標高を稼げるかもしれないと、あっさりと尾根から離れる(笑)
しかし作業道は尾根からどんどん離れていく。心配しながら50mほど進むが、右に見える急斜面はすでに登れるレベルではない。
200mも進まずに作業道は小尾根にぶつかり行き止まりとなってしまった。尾根まで標高差60m程度か。
小尾根は灌木などがあって、手がかりは多い。急斜面だけど取り付いた。途中で一度足を滑らせたがなんとか尾根までよじ登った。
尾根に復帰すると東側の展望が開けた。尾根は狭く右側は切れ落ちている。前方に 見える崩落した斜面に息をのむ。
左側は植林だけど急斜面で巻けるような雰囲気ではない。この尾根、途中で行き詰まるのではないか、一抹の不安を覚えた。
そしてしばらく進むと後ろで斜面が崩落したのか、わりと長い間、地滑りの音が響いていた。これで退路は絶たれたか(笑)
しかし右岸尾根はその後なだらかになり防火帯のような尾根道がしばらく続く。滑りやすい急斜面は九十九折に慎重に進む。
終始、この尾根には境界杭が続いており、若干の踏み跡は見られたが、テープの類は一つもなかった。

標高1,000mを超えた辺りから、岩場が現れるが、新緑に囲まれた気持ちのよい歩きができるようになる。
咲き残った山ツツジも所々で散見される。

振り返ると南西に広がる白泰山の稜線や埼玉県と長野県の県境稜線が見渡せるようになる。
手前の尾根はムジナ沢の右岸の尾根だろうか。いつか歩いてみたい尾根である。
それほど傾斜はないが、右側に見えるピークがいやらしい。

東北方面には樹間越しに南天山が見えた。あの山は帰路に余裕があれば登ってみよう。
なだらかでいい感じの歩き易い尾根が続く。日も高くなり暑さは増すが、程々に風も吹いており気持ちがよい。エネルギー補充のため休憩する。熊鈴を鳴らさないと静寂に包まれる。時おり聞こえる鹿の鳴き声や、鳥のさえずり、そして風の音が何とも心地よい。

西南には埼玉県の最高峰である丸い山容の三宝山が見えるようになる。
1480mの標高点が近づくと多少傾斜は増して、そこそこの岩場も現れるが巻くほどのことはない。
歩き始めて2時間20分ほどで南天尾根の分岐にたどり着いた。ここで初めてピンクテープを見た。 しかしこの尾根、初っ端の急登は面を食らったが、藪もなく危険個所もなかったように思う。少々拍子抜けの感はあったが、歩き易く展望もあってなかなか感じの良い尾根道だった。
さて続いては南天尾根を西進して滝谷山を目指す。

1538mの標高点辺りで、北側が開けた場所に出た。北西では帳付山などの埼玉県(武州)と群馬県(上州)の県境にあたる上武国境稜線に位置する山々が見える。

北東にも上武国境稜線の山々が広がる。過去に登ったことのある奥秩父の盟主・両神山赤岩岳、大ナゲシ宗四郎山などの山々が続く。

赤岩岳、大ナゲシ、宗四郎山などの顕著なピークが見渡せる。
南天尾根は先ほどの尾根とは打って変わる。所々でヤセ尾根もあり、足元にも注意しながら進む。
ただし、こちらの尾根はたまに訪れるハイカーもいるのだろう。踏み跡も多少増えたような感じもする。
しだいに枯渇したスズタケが多くなるが、歩くのに支障はないレベル。
1562mの標高点に到着したようだ。滝谷山も見えるようになってきた。ここからさらに西を目指して下るが、尾根は少々藪っぽくなってきた。