埼玉県と群馬県の県境に位置する父不見山を歩いた
日 程
2015年8月8日(水) 天気:曇り
山 名
父不見山(1,048m)
コース
杉ノ峠登山口(11:43)→杉の峠(11:56)→父不見山(12:21)(3min休憩)→杉の峠(12:41)→杉ノ峠登山口(12:50)
コース図
駐車場
-
温泉他
両神温泉薬師の湯

山行記

毘沙門山に引き続き、次は父不見山に向かう。
父不見山は群馬県と埼玉県の県境に位置する標高1,000m程度の山であり、埼玉県側からも群馬県側からも登るコースがある。埼玉県の杉の峠登山口からであれば、2時間弱で歩けるようなので、ついでに歩くにはちょうど良い。
この山も以前より気になっていた。一風変わった山名で、「ちちふみやま」と読みそうだが、呼び方には諸説ある。「ててみず」、「ててみえず」など漢詩的な呼び方をするが、正式な呼び名はよく分からない。
さて、まずは水を調達するべく近くにある毘沙門水のスタンドに立ち寄る。毘沙門水を汲む場合、最低限の協賛金として100円が必要とあるが、財布には小銭が40円しかない。1リットルくらいだから、これで許してくれないかなと、不届きな考えでスタンドに到着するが、3台停められる駐車場はすでに満車。皆さん幾つものポリタンクを持ち込んでいる。どれだけ汲むつもりなのか。これで100円はないだろうと思いつつ、待つのも面倒なので諦めた。
父不見山へは長久保川沿いの細い林道を上って行く。途中で「ててみず」というなの湧水の水場(下図の水マーク)があったので、車を停めて水をたらふく飲み、そして水筒に補給し、杉ノ峠登山口に向かった。


この前に歩いた  毘沙門山(白石山)

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

杉の峠登山口に到着。登山口のすぐ先の広いスペースに車を停める。時間はちょうど昼時、気温はぐんぐん上がり、すでにジリジリする暑さ。
登山口は夏草が繁茂している。整備などされずにそのまま放置されているみたいだ。見るからに暑苦しい。この山は群馬県では群馬百名山に指定されているくらいだから、多くのハイカーに歩かれて、道もしっかり整備されているのだろうと思い込んでいた。しかし、こちらは埼玉県、群馬県側からアプローチが一般的なのだろう。
それにしても、ここに進入するのは遠慮したいなぁ。でも、ここまで来たのだからと、萎える気持ちを奮い起こして歩き出す。このコースは夏場に歩くハイカーは少ないのだろう。
さあ、歩き出そうと登山口から一歩踏み出すと、ズボッと側溝に足を突っ込んでしまった。 草が生い茂り、砂も見えたので、全く分からなかったが、見事にトラップに引っかかってしまった(笑)。スパッツを付けていたので、靴の中に水の浸入はなかったが、トレッキングシューズはドロドロ。さらにテンションは下がる。
まずは杉の峠まで斜面を九十九折に登る。下草か笹が生い茂り、ルートは堀割のようにえぐられている。蜘蛛の巣も多い。ここ最近、歩くハイカーも少ないのだろう。
日の届かない樹林の中は鬱蒼としており、汗が止まらない。額にかいた汗が次から次へと顎から滴り落ちる。

汗を拭うのも面倒だが、10分も歩くと杉の峠に到着。
山と高原地図には数年前に発生した山火事の影響で、南側が開けているとあったが、樹林に囲まれ展望は効かない。
毘沙門山が見えるかと思っていたが期待はずれだった。
この峠には灯籠と石祠が祀られている。ここで一休み。
この峠、かつては上武(群馬県と埼玉県)を結ぶ交易路で、馬に箪笥を載せて、花嫁が嫁入りのための峠道とのこと。
ここの標高は885m、あと150mほどの登りである。あとは稜線伝いに父不見山へ向かう。CTでは30分とある。
今日のペースであれば20分程度で歩けそうだ。山頂まで行ってさっさと戻ろう。 しかし汗が止まらない。
先ほど補給した水でのどを潤す。

一度アップダウンがあったが、基本的に淡々と登るだけ。日が出たり入ったりの中途半端な天候。前方に父不見山が見えてきた。

よしラストスパートだと気合を入れて、一気に山頂まで歩いた。
ここも樹林に囲まれて展望は効かない。もっとも開けていたとしても、あいにくの天候で眺望は望むべくもないが。
この先には長久保の頭というピークがあるのだが、すでに戦意喪失。向かう気はさらさらなくなっていた。
ここに三角点ではなく、三角天と刻まれた石が置かれていた。細かい文字は判別できず。山頂標の写真だけ撮って、そそくさと引き返す。

杉の峠まで淡々と下るだけ。

15分ほどで杉の峠にたどり着いた。

石祠
ここから登山口まで10分ほど。踏ん張りながら下るのは足に負担がかかり疲れるので駆け下りた。
5分ほどで登山口にたどり着いた。
路上は相変わらずの暑さ。歩き始めでは気付かなかったが、藪のなかに父不見山を示す指導標があった。あれでは普通気づかない(^_^;)

それにしても全身汗だらけ。このままでは車に乗れない。シャツを脱いで、開けた車のハッチバックに引っ掛ける。5分も干していたら乾きそうな暑さ。続けてズボンも脱いでパンツ一丁になる。パンツもビショビショ。この辺りまで来るもの好きな人もいないだろう。しかも、この時期であればなおさらの事である。
と勝手に納得しパンツも脱いで履き替える。一瞬、全裸になってしまった(笑)
この状況で誰か来たら、藪の中に逃げ込むしかないだろう(^_^;)
すると1匹の大きなアブが車の中に侵入してきた。やばいぞ!慌ててアブを追い出しにかかった。 気にしてみると周囲にはアブやらハチが飛び回っている。中にはスズメバチとおぼしきヤツもいる。この状況でハチに刺されたらシャレにならない。ハッチバックを閉じて車に逃げ込む。服も着替えてエアコン全開にする。今が12時半、他の山にも歩けるのではという考えがふと頭をよぎったが、着替えのストックもないし、いい加減に止めておいたほうがよかろうと諦めて温泉に向かった。

この父不見山も毘沙門山と同様に夏に登る山としてはお勧めできない(^_^;)