小川町と嵐山町の境界に位置する遠ノ平山を歩いてきた
日 程
2015年2月11日(水) 天気:晴れ
山 名
遠ノ平山(200m)
コース
道の駅おがわまち駐車場(14:10)→八坂神社(14:23)→遠ノ平山(14:35)(3min休憩)→道の駅おがわまち駐車場(15:03)
コース図
駐車場
道の駅おがわまち駐車場
温泉他
-

山行記

臼入山、官ノ倉山の周回、腰越城に続く山行である。
腰越城跡から東へ移動して道の駅おがわまちに車を停めた。 地形図や山と高原地図にもその山名が刻まれているが、山と高原地図には、ルートの記載がない遠ノ平山という名の山がある。つまり登山の対象ではないのだろうと、勝手に解釈していたが、なんとなく気になっていた里山の一つである。車だと近辺に停車する場所がなく、アクセスに不便なところである。しかも標高200mほどで、さして見るべきものがあるわけではないと思われる。 里山とはいえ登山道はなく地形図の破線が頼りである。しかし、ネットで調べると踏み跡がはっきりいるようで、特に問題はなさそう。迷ったとしても、下に向かえば民家に出られるだろう。
それよりも駐車場が遠くなり、工程のほとんどが県道歩きとなってしまった。あまりパッとせず、ほとんど自己満足でしかなかったけども、何年?越しの課題がクリアできたのでよかった。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

<
道の駅おがわまちに車を停めて、県道11号を東に向かう。目指す遠ノ平山は左側に見えている。
しばらく進むと左側に八坂神社の鳥居が近づく。この鳥居から山に取り付く。
鳥居をくぐると左側に観音が祀られていた。
拝殿までは、石段を登らなければならない。結構長いが、先ほどの腰越城跡と同様に休まずに登る(^_^;)
神社からは尾根伝いに進み、遠ノ平山に続く稜線を目指す。稜線手前で、藪っぽくなるが、左前方に鉄塔が見えるので、特段の心配はない。
稜線上は登山道というのか、作業道と呼ぶのか、道ははっきりしている。
稜線を東に進むと、途中で意味不明の文字列の並ぶ石碑に出合う。

さらに東に登り詰めた所が遠ノ平山。ここには、御嶽山大神、八海山大神、三笠山大神の三神と、神武天皇の石碑が祀られていた。

山頂からの展望は全く効かない。駐車場からここまで約30分。あっさりたどり着いた山頂で食事休憩を取り、余ったおにぎりを頂く。
食事も終わるとすることもない。稜線は山頂からも東に延びているが、そちらに進むと帰りが面倒なことになるので往路を戻る。鉄塔の手前の左手から神社に下れるが、稜線上もはっきりした尾根道が西に続いている。そのまま進んでも全く問題はなさそう。県道と並行する尾根道を進んだほうが、その分県道を歩かないで済むので、そのまま進む。
尾根道は笹も刈られている。稜線の右側に民家が見えているが、そのまま稜線を進む。
途中でお墓を通過したが、おそらく地元の一部の人しか歩かないのだろう。

ふもとにたどり着いた。なんと意外にも遠ノ平山の登山口の道標があった。右側には東武東上線の線路が走っている。
山頂から13分ほどで県道11号に出た。菖蒲沢沼への道標が建っていた。少しだけ県道をショートカットできた。
あとは淡々と道の駅おがわまちを目指すのみ、約1時間ほどの歩きだった。