大黒尾根から勝ちゃん新道まで、久しぶりの酉谷山、小黒を周回した
日 程
2015年11月21日(土) 天気:晴れ
山 名
酉谷山(1718.3m)、檜岳(1451m)、熊倉山(1426.5m)
コース
大血川渓流観光釣場そば駐車地(7:11)→堰堤(7:54)→大黒尾根取付(8:03)−(途中何度か休憩を取る)→長沢背稜(10:01)(5min休憩)→酉谷山(10:20)(30min休憩)→小黒(11:08)→大血川分岐(11:29)→檜岳(12:05)→シラカケ岩(12:27)(7min休憩)→蝉笹(12:41)→熊倉山(13:01)(6min休憩)→1,307標高点(13:44)→林道出合(14:45)(7min休憩)→大血川渓流観光釣場そば駐車地(15:42)
コース図
駐車場
大血川渓流観光釣場そば駐車地
温泉他

山行記

酉谷山から再び小黒へ。
ここのところ、ハイカーの多い賑やかな山登りが続いた。久しぶりに静かな山歩きが恋しくなった。そこで3年ぶりに酉谷山に行ってみることにした。
以前、歩いた時は酉谷山から北に位置する小黒周辺の至る所に貼られたテープや踏み跡に惑わされた。魔境やら魔界などとも呼ばれた?小黒周辺も今やロープや標識が設置されたと聞く。遭難のリスクは減ったのだろうか。その辺の状況もこの目で確かめてみたい。
前回は、下調べ不足によりクイナ沢からのルートで怖い思いをした。本来のルートを外して滑落しそうになった。正しいルートを確かめたい気持ちもあるが、クイナ沢の手前から酉谷山の西側に伸びる大黒尾根と呼ばれる尾根も気になっていた。 距離は大したことはなさそうだが、標高差が900mほどで歩き甲斐がありそうだ。それに酉谷山から熊倉山へ続く尾根や熊倉山から大血川へ続く「勝ちゃん新道」も歩いてみたかった。この新道は地元の方が独力で5年の歳月をかけて整備された登山道ということで以前から気になっていた。これだけ条件が揃えば歩いてみるしかないということで行ってみることにした。

この界隈は遭難事故が多いエリアでもあり、埼玉山岳救助隊のページでの説明抜粋

酉谷山における山岳遭難について
埼玉、東京の都県境にある酉谷山(標高1718m)では、平成25 年中は1件、平成26 年中は9月30 日現在で3件の山岳遭難が発生していて、過去には死亡事故も発生している山域です。発生件数を見ただけでは、それほど多くの事故が発生している場所ではないように感じられますが、酉谷山での遭難には特徴があり、酉谷山で遭難する場所は“いつも決まって同じ場所”ということ、また、すぐに道迷いに気が付き、元に戻れるほどのちょっとした道迷いではなく“完全に行動不能となる道迷い”ばかりで、言わば重大な事故に繋がる道迷い遭難の発生が多いという特徴があります。では何故、酉谷山では同様の道迷い遭難が発生するのか、それは酉谷山の北方にある『小黒』というピークに原因があると考えられます。
熊倉山から酉谷山方向へと向かう場合、道は稜線歩きであり、大血川渓谷との分岐、小黒を通過して酉谷山の山頂に到着します。問題は下山時にあります。酉谷山から熊倉山方向へと下山を始め、再び小黒を通過しますが、小黒のピークから尾根は北と西に向かって派生しているのです。登ってくるときには、北へ伸びる尾根には気が付きにくいのですが、下山時にはその尾根幅が広いため、そちらが正規の登山道だと勘違いしてしまい尾根を谷に向かって下ってしまうのが遭難の原因のようです。小黒のピークから西に向かって伸びる尾根が正規の登山道ですが、これを見逃してしまうと、蟻地獄のように北へ伸びる尾根へと吸い込まれてしまいます。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

朝は7時頃に大血川渓流観光釣り場に到着した。釣り場駐車場の先の路肩に駐車スペースがあり、そこに駐車する。2〜3台停められるが、他に駐車している車はない。 ここに来るのも榊山以来1年ぶりか。この山域に来ると、いつも歩き出すまでは緊張する。
さて、早速歩き始める。まずは東谷林道のゲートをくぐり、東谷沿いに進む。ここの工事はだいぶ長いことやっているようだ。
ケンカ平に差し掛かると、「橋梁架替工事の為通行止め」と出ていたので、対岸の遊歩道へ進もうとするが、木橋が通行止めとなっている。去年は水量が少なかったので沢を適当に渡った。この日は周辺を歩き回ってみたが裸足にならないと渡れそうな箇所がない。仕方がないので、右画像に移る木橋を渡った。
遊歩道を歩くと榊山を経由して長沢背稜線に繋がる支尾根の取り付き部を差し掛かった。昨年10月に歩いたこの支尾根は、急勾配で疲れた尾根だった。よくこんなところを歩いたもんだと、つくづく思った。
しばらく進むと東谷林道に戻る。前方に屋根の潰れた物置が見える。その手前の分岐を右に進むと今回歩く大黒尾根へ続く作業道に出る。

この堰堤を渡って対岸に出なければならない。あの堰堤、真ん中が1mほど放水のため、欠けているため、跳ばないといけない。
背負っている7kgほどの荷物と自分の身体が重くて、危ないところだった(^_^;)

東谷の左岸を高巻く。トラバース道は狭くて降り積って湿った落ち葉に足を滑らせないように慎重に進む。

立派な橋を通って、東谷の右岸へ渡る。橋を渡ったところが、大黒尾根の末端部になる。微かな踏み跡に従って、画像左側を登っていく。
お馴染みの東大秩父演習林の標識がある。ここから尾根に取り付く

この尾根の取り付きも結構急だ。手で体を支えながら歩を進める。微かに踏み跡はあるが、適当に歩き易いところを登る。
息が続かず汗も噴き出してきた。

湿ったふかふかの斜面では踏ん張りが効かない。整備された登山道とは全く歩き易さが違う(^_^;)
200m近く登ったであろうか。大黒尾根に乗ったようだ。あとは長沢背陵まで延々と東南方向へ登り進むだけ。
久しぶりのマイナーな尾根歩きは足に堪える。真新しいピンクテープが随所に貼られていた。
以前、歩いた榊山の尾根ほどではないと思うが、800mほどの標高差を登る為、全体的に傾斜はきつい。
右画像に写っているが、最近のものと思われる踏み跡があった。この踏み跡は終始直登しており、ところどころで滑った跡がある。こんなに滑ってばかりだと疲れてしょうがないと思うが、これは人によるものか、あるいはケモノ道か?さすがにこの踏み跡を追う気にはなれず、適当に九十九折しながら登り進む。
途中から目指す酉谷山が前方にはっきり見えるようになる。酉谷山から熊倉山へ続く稜線も見渡せる。酉谷山の左には小黒のピークも同じ高さに見えた。何度か踏ん張り切れずにずるっと滑った。いい加減、足もパンパンになってきた、お腹も空いてきたところで長沢背稜線に出た。
稜線上は先ほどまでと比べると非常に歩きやすい。ここから酉谷山までは目と鼻の先、目前のピークを上り詰めると酉谷山にたどり着いた。

山頂には単独の青年ハイカーさんが休まれていた。結構な重装備。この3連休で縦走されるそうだ。なんとも羨ましい。
長沢背稜から奥秩父主脈縦走も一度くらいやってみたい。

山頂は風もなく穏やかな陽気だ。雲取山をはじめとした奥多摩の山々がよく見える。

その向こうには富士山もはっきりと見渡すことが出来た。

やはりこの稜線を歩くとどうしても富士山の展望を期待してしまう。 この景色を楽しみながら、早めの昼食を取った。
久しぶりの酉谷山で十分に休憩したあとは、あの小黒に向かう。この先、道はないが、小黒の山頂は目の前にはっきり見える。そこへ向かうだけだ。

奥秩父の雰囲気溢れる苔むした斜面を慎重に下る。相変わらず倒木などはそのままの状態て荒れていた。

小黒山頂部。
斜面を下りきったところが大血川峠。3年前、ここにたどり着くのに2回も間違えた記憶が蘇った。ここから見上げる小黒まで大した距離でもないのに。

大血川峠から小黒まで踏み跡を50mほど登るだけでたどり着いた。
山頂の絶妙な場所に酉谷を示す標識があった。これだけで小黒から酉谷山までの道迷いは間違いなく減るだろう。
あと問題と思えるのは、小黒から熊倉山への尾根に乗る箇所である。小黒から北へ真っ直ぐに延びる支尾根は間違えルート。
西に向かうのが正解だがこれが分かりづらい。

小黒からコンパスを西にセットし、明瞭な尾根に入り込まないように注意したけど、尾根に向かってしまった。

樹間越しに熊倉山も見ることが出来ず、踏み跡がはっきりしない中、こんな所を突き進んだが、正しい尾根に出るまで少し不安になった。

こちらは間違いルート。明瞭な尾根のため、間違えやすい。以前はテープも貼られていたが、今は片づけられている模様。

コンパスを信じて、こんな斜面を下って行く。

踏み跡を発見。方向的にもこちらで間違いなさそうだ。
熊倉山へ続く尾根に乗ったようだ。しかし、今でも小黒から熊倉山方面に向かうのは簡単ではないと感じた。

振り返って見た小黒方面。なんだか踏み跡がはっきりしない。それでも登りの場合は、一番高い所を目指せば小黒にたどり着くが、逆ルートの場合は気を付けないといけない。
緩やかな尾根を進むと、じきに大血川へ下る分岐に差し掛かった。ここはエスケープルートとして考えていたが、まだ歩けそうなので、そのまま尾根を進むことにした。
尾根の途中にある檜岳までは落ち葉の絨毯に包まれたなだらかな道。本日のルートで一番平和な区間を歩いていると、前方に小高い檜岳のピークが見えた。
また、登るのかと少々うんざり気分にもなる。

止まるのも面倒なので、そのまま一気に上り詰めると、標札もなく、展望も効かない寂しい檜岳を素通りする。

徐々に尾根も痩せてきた。
そして尾根上に岩場が現れる。