和紙の里から臼入山(細窪山)、烏森山、官ノ倉山と周回した。
日 程
2015年2月11日(水) 天気:晴れ
山 名
臼入山(細窪山)(421m)、烏森山(366m)、官ノ倉山(344m)、石尊山(344m)
コース
和紙の里駐車場(9:13)→奥沢神社(9:34)→奥沢神社奥宮(9:52)→臼入山(10:07)(6min休憩)→烏森山(10:41)→官ノ倉山(11:07)(37min休憩)→石尊山(11:53)(3min休憩)→和紙の里駐車場(12:44)
コース図
駐車場
和紙の里駐車場
温泉他
-

山行記

秩父あたりで、そこそこ標高のある山々で展望を楽しみたい。と考えているが、この時期は積雪が心配で、どうしてもためらってしまう。そんな時には、近場の里山で未踏の山に行ってみようかということになる。気にはなるが、なかなか足が向かない山々は多い。
そんな中の一つとして、比企三山の一つである笠山から東北に伸びる尾根と、それと並行している東側の尾根がある。いずれも訪れる人の少ない尾根で、笠山を頂点として麓から周回すると、歩行距離が20km近くにも及ぶ。なかなか歩き甲斐のあるルート。ただし車だと駐車場の制約がある。
尾根の取り付きに近い、小川町総合福祉センター(パトリアおがわ)に駐車する予定で現地に向かったが、営業前で1台も停まっておらず、駐車するのためらわれあっさり諦めた。いずれチャレンジしたい。

その代わりとして近辺には、烏森山、臼入山という名の未踏の山がある。官ノ倉山から西に伸びる稜線上に位置する山々だ。
旺文社の山と高原地図では、破線ルートとして紹介されている。こちらの山々も以前から気にかかっており、折角だからと歩いてみた。ぐるっと周回して約3時間強の歩きであったが、雪はなく、風もさほどではなく、2月とは思えないポカポカ陽気の中で気持ちよく歩けた。
だけど、なんだか呆気なくて物足りなさが残るというか、他にも気になる遠ノ平山という低山と、腰越城という山城の城址がある。次はいつになるかわからないので、ついでだから寄ってみた。

課題の一部を一気に片付けることが出来たので、それなりに満足ではあるが、次はもう少し標高の高い山に向かってみたいと思いつつも、しばらく低山歩きが続くかな。。

この後歩いた  腰越城跡へ     遠ノ平山

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

和紙の里駐車場に車を停めて、バス通りを西へ歩く。すぐ先では中学生が賑やかに部活の練習に励んでいた。

民家の庭先に咲いていたロウバイ。甘い匂いがよい。
庚申塚の立つT字路を右へ曲がる。
お地蔵様を横目に、東秩父村役場の前を抜け、槻川を渡る。
県道11号を右へ曲がり、すぐに左へそれると奥澤神社の里宮に出る。本日は祝日だから幟を建てているのだろうか。
鳥居をくぐり階段を登り詰めると奥澤神社の拝殿に出る。この鳥居を抜けずに右へ進んでも谷沿いに臼入山まで破線ルートが伸びている。
氏子さんと思われる地元の方々が集まっていた。この日は境内の清掃でもあったのだろうか。
神社の左側に踏み跡があり、臼入山までは尾根伝いとなる。
しばらく進むと奥澤神社の奥宮に出た。ひと汗かいたので、適当な所に座ってしばし休憩。
麓の民家からは煙が立ち昇り、学校のチャイムや部活の歓声が聞こえてくる。長閑な里山の良さかな。
奥宮を過ぎると、辺りはやがて植林帯に変わる。山頂も近い。
臼入山に到着。またの名を細窪山と呼ぶ。旺文社の山と高原地図には、細窪山と記載されている。 北西に延びる薄い踏み跡があった。
ここから方向転換して、東へ延びる稜線を歩き、官ノ倉山を目指す。

突然、左の視界が開けた。小川げんきプラザのドーム状の建物と金勝山が見える。

寄居方面の街並みや赤城や榛名も微かに見渡せる。
次第に周囲が竹林に変り、じきに林道を横切る。

林道で左に見える竹林の笹の葉が紅葉しているようで綺麗だった。
林道から竹が入り混じった急登を進んだ先のピークに、何だか気になる「天の峰」とテープが貼られていた。
烏森山に到着。ここからの見晴は全くなし。。

山頂の祠。那智山青岸渡寺のお札が祀られていた。
烏森山からは、大したアップダウンもなく歩き易い。破線ルートの割には踏み跡はしっかりしている。それだけ多くのハイカーに歩かれているのだろう。
この日は、この区間で1名のハイカーとすれ違った。
小ピークに「不動沢の頭」と記載のテープが張り付いていた。この名は想像出来る。
大きな木の根元に壊れた石祠が祀られていた。こちらは年季がありそうだ。

官ノ倉峠に到着。左は東武竹沢駅方面へ下るルート、右は官ノ倉山をショートカットするルート。そしてそのまま稜線を進めば官ノ倉山へたどり着く。
後を振り返ると進入を拒むかのように、赤く×マークで記されていた。
今まで歩いたルートは山と高原地図では破線ルートだけど、踏み跡ははっきりしているから、少し違和感を覚えたが、官ノ倉山はご年配の団体さんが多い。団体さんのなかには、ルートを把握しておらず、周りに従っているだけというハイカーも多いようだ。 以前、官ノ倉山を歩いた時にご年配の団体さんグループから、一人はぐれてルートの途中で途方に暮れていた方がいた。地図などは持っていなかったため、団体さんまで案内したことがあったが、そのような人が度々入り込んでしまうための処置なのだろうか。
官ノ倉峠から岩場の急登に差し掛かると山頂はすぐ目の前。
官ノ倉山に到着。ここからの見晴しは意外によい。展望を楽しみながら、昼食を取る。
ここはガイドブックでもよく紹介されることだけあって、休憩している間にも多くのハイカーさんがやって来られた。
目の前に石尊山が近い。道標や山頂にいる人まで見える。
群馬県の伊勢崎市からお越しのハイカーさんと少しだけお話させていただいた。この時期、雪の少ないこの界隈が良さそうだと仰っていた。
そこで地図を広げ、いろいろと紹介したかったが、マニアックな域に入りそうだったので、思いとどまった(^_^;)
また、ぜひ奥武蔵にお越しください(^_^)
そして遠望できる群馬の山々が分からず、赤城山や榛名富士の特徴なども教えていただいた。今年こそ、赤城山に行けるだろうか?

南西に目をやると笠山と堂平山がよく見える。この近辺では目立つ存在である。
官ノ倉山でついつい長居してしまった。伊勢崎市からお越しのハイカーさんとお別れして、次の石尊山を目指す。

官ノ倉山から10分ほどで石尊山に到着。
ここはあの超ハードな地獄の拷問ハイキングと言われている(笑)外秩父七峰縦走ハイキングの通過点なので、なじみ深い(^_^;)
七峰縦走ではただの通過点でしかなく、ゆっくり休んだ記憶がないので、少し展望を楽しんでおこう。
そういえば、今が申込みの時期ではないか。今年はどうしょうか(笑)

左手に先ほどの官ノ倉山が見える。その先が先ほど歩いた稜線である。

こちらは秩父方面。肉眼では微かに榛名山が見えていたが、画像には写っていなかった。

東南方面。右奥に見える山々は越生あたりであろうか。
石尊山で景色を楽しんだあとは、七峰縦走ハイキングコースを通り、南へ向かう。
庚申塚を左手にみて先に進む。
急な箇所には、ロープが設置されていた。七峰縦走ハイキングは4月開催とはいえ、雪が降ったりするし、雨が降ったりすると確実に悲惨なことになる。
これは役に立ちそうだ。この支柱とロープが設置されたのは最近のことだろうか。
舗装路に出た。
和紙の里に戻った。ここの駐車場は空いているイメージしかなかったが、なかなかの混雑ぶりだった。
和紙がユネスコ無形文化遺産に登録された影響も大きいのだろうか。

この後は、腰越城跡と、遠ノ平山へ向かった。