三十三尋の滝とアカヤシオを期待して名郷からさわらびの湯まで適当に歩いた
日 程
2015年4月19日(日) 天気:晴れ/曇り
山 名
有馬山(1,275m)、蕨山(1,315m)、大遠見山(733m)、西平山(732m)
コース
さわらびの湯駐車場(7:51)−[バス]→名郷(8:10)→三十三尋の滝(8:48)(8min休憩)→三十三尋の滝(9:14)→しょうじくぼの頭(10:31)→有馬山(10:56)→蕨山(11:27)(15min休憩)→金毘羅尾根分岐(12:00)→大遠見山(12:22)→西平山(12:43)→登山口(13:28)→駐車場(14:01)
コース図
駐車場
さわらびの湯駐車場
温泉他
さわらびの湯

山行記

この時期、山を彩るツツジが気になってしまう。冬枯れの山の装いから新緑の季節に変わる大事な節目のような気がするからかもしれない。そしてツツジといえば、西上州が頭に浮かぶ。
ネットで最近の記事を眺めてみると、アカヤシオも咲き始めているようだ。西上州も久しく行っていないので、ツツジをきっかけに足を向けてみるかと、早速、ガイドを広げて検討を始めた。すると毛無岩という山に目が留まった。そびえ立つ岩峰でスリルが味わえそうだ。少々怖さもあるが、行ってみることにした。
念の為にと、お助けロープとその他ガチャガチャした金具類をリュックに詰め込んだ。駐車スペースの確保や、関越も混むから早めに出発しようとしたが、緊張からかなかなか寝付けずに、少々寝坊してしまった。
そして天気予報を調べると、雨の降り始め予想が早まっている。今から向かって歩き始めた場合、確実に雨に降られる。私ごときが雨の中を歩けるようなレベルの山ではないと、あっさり諦めた。
代わりにどこを歩こうか。近場の蕨山近辺がツツジも期待できそうだ。ということで予定変更。また、同じエリアで以前から気になっていた三十三尋の滝という名の滝がある。一般的なルートはなく、踏み跡も怪しいとのこと。この界隈も奥が深い。何ともそそられる。そして帰路は蕨山を経由して金比羅尾根を下ろう。この尾根はツツジが楽しめそうだ。
天気予報では15時から雨模様。歩く距離はそこそこあるが金比羅尾根は歩いやすい尾根だし、時間的にも問題なさそうだ。予定を変更したことで、かなり気が楽になった。
場所が決まれば、いつものさわらびの湯の駐車場へ向かった。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

駐車場に着くと、多くのハイカーやサイクリストで賑わっていた。ここからバスで名郷に向かいプチ縦走を楽しみたい。バスの到着時間まで30分ほど間があった。体をほぐしながら、バスを待っている間にも次々と棒ノ折山に向かうハイカーが行き過ぎる。
棒ノ折山は相変わらずの人気だなあ〜。年々増加しているのではないか。山頂が広くて、多くのハイカーを収容できるのも、人気の理由の一つではないだろうか。空はどんよりしている。果たして15時まで持つのだろうか、そんなことを考えているとバスがやって来た。多くのハイカーが乗っていたが棒ノ折山目当てだろう。7割程はここで降りたのではないだろうか。 降車を待ってバスに乗り込んだ。10分程走ると名郷バス停に到着。ハイカーは一人残らずバスを降りた。
皆さん、蕨山に向かうようだ。私は白岩沢を目指して歩き始める。
後ろから一人付いていたが、大場戸(左画像)を右に曲がり妻坂峠方面へ向かったと思われる。
バス停から30分程歩くと尾根の取付きのあるJFEミネラル武蔵野鉱業所に到着した。
鉱業所を通り過ぎた右画像の中央に見える黄色の立入禁止の看板の手前に橋がある。
ネットで見た橋を渡ると、三十三尋の滝の入口を示す看板があった。
目の前には急斜面が広がるが、ここは想定の範囲内。尾根の取付きはこんなものだろうと登り始める。

やがて尾根に乗る。左にも並行している尾根が見える。その尾根との間に沢があり、少し上流に三十三尋の滝があるようだ。ネットの記事では尾根を少し進んだ先に左に分かれる分岐があり、その先に滝があるとのこと。尾根を進むと、確かに注意してなければ見過ごすような分岐に気づく。よくよく見ると赤テープも見受けられた。
さて、分岐を左に向かうと踏み跡はすぐに無くなった。斜面をトラバースしながら上流を目指すには、斜度があり危険なので、とりあえず沢に降りた。

涸沢の両岸を行き来しながら、歩き易そうなところを適当に登る。沢にも水が現れ滝の音も聞こえてくるとじきに滝の上部が見えた。

最後は左岸を高巻いて滝に近づくと三十三尋の滝の全体が見渡せた。沢に降りてから大した距離ではなかった。
久しぶりに間近に見る大きな滝の眺めは格別。滝壺にも行けそう。そこからはより迫力のある景観が楽しめそうだ。

こんなところに人知れずに滝があるとは、ちょっとした秘境を味わった気分だ。
滝見物の後は尾根に戻らないといけない。滝の三方は断崖絶壁なので、必然的に往路を戻ることになるが、沢を下るのも面倒だ。急斜面だが、お助けロープもあるしトラバースしながら、尾根に復帰しようと登り始めてみたが、途中で危険を感じて沢へ下りた。
沢を下りながら、尾根まで見通せる位置からは斜面をよじ登り尾根に復帰したが、その場所は分岐のすぐ傍だった。

かなり疲れてしまったが先に進む。次第にやせ尾根となり、岩場も出てきた。悪くない雰囲気。
そして急斜面。意外と踏み跡もしっかりある。なかなか歩きごたえのある尾根だ。

しばらく進むと巨大な岩がルートを立ち塞ぐ。右側はやばそう!左側には巻き道があり、進んでみたが、この巻き道は結構なくせ者。
道幅が狭いうえ、左下がほぼ垂直に切れ落ちており、右側の岩にリュックを引っ掛けないように注意しないといけない。
こんなところで落ちたらシャレにならない。たかが一二歩進むだけだが、結構緊張した。
あとは特に緊張を強いられる場面はなく、急斜面もあるが、植林と自然林が交互に変わるなかなか変化に富んだ尾根だった。
右画像の木の傷は例の奴の仕業だな。そういえば足元には栗のイガが多い。紅葉の時期は出没する確率は高くなるのだろう。

ミツバツツジも所々に散見されるようになってきた。いいじゃないの〜と、満足しながら進む
鹿がやたら鳴いているが声が近い。気にしながら歩いていると、突然前方に子鹿が飛び出した。
そういえば足元はずっと鹿の糞だらけだが、疲れすぎて、もはや避けるのも面倒になっていた(^_^;)

800mを過ぎた辺りから次第にアカヤシオも見られるようになり、ちょこちょこと足を止めては、観賞にふける。
日も射し始め、ツツジやアカヤシオが綺麗だ。 そして山の斜面に咲く桜が彩りを与え、この時期ならではの景観を楽しんだ。
いつしか前方に鳥首峠から橋小屋の頭に至る稜線が見えた。
尾根を登り詰めて稜線上の「しょうじくぼの頭」に出た。距離的にはそれほどではないが、結構時間が掛かってしまった。
稜線との分岐では、左画像の道標が倒れていた。 稜線に出るといつの間にか曇り空となり風もあって肌寒い。

「ヤシンタイノ頭」と呼ばれるピークで、食事休憩を取った。右側の斜面は相変わらず伐採されたままだが、その分、見晴らしが良い。
太平山から蕎麦粒山までが、綺麗に見渡せる。