沼津アルプスの鷲頭山を歩いてきた。
日 程
2015年3月8日(日) 天気:曇り
山 名
鷲頭山(392m)、小鷲頭山(330m)
コース
R414マイムス釣具店(6:26)→志下峠(6:53)→小鷲頭山(7:09)(3min休憩)→鷲頭山(7:19)(11min休憩)→小鷲頭山(7:38)(6min休憩)→志下峠(7:58)→R414マイムス釣具店(8:30)
コース図
駐車場
温泉他
-

山行記

沼津アルプスの鷲頭山を歩いた。
沼津アルプスとは沼津駅からみると東南に位置し、駿河湾の海岸沿いの山並みの総称で、北端の香貫山から太平山あたりの山域を指している。
東名高速の沼津ICから伊豆縦貫道を走ると、いやでも目に入るポコンと突き出た山並みが特徴的である。
その一画を担う鷲頭山は沼津アルプスでは最高峰だが標高392mほどの低山である。しかし、尖った山容は立ち並ぶ山々の中でも一際目立つ存在であり、実際に歩いてみると山頂直下はトラロープが渡してある、なかなかの急登で歩き応えがあった。
本来であれば、沼津アルプスを縦走して最大の魅力ともいえる駿河湾と富士山の大パノラマを楽しみたかったが、この日は時間がなく、麓の志下市街からのピストンで2時間程の歩きとなった。
前夜の夜更けに降雨があったようで、斜面は終始泥濘んでおり、気をつけていたにも関わらず、下りでは案の定?尻餅をついてしまった(^_^;)
甘くみていたこともあり、ストックを持参しなかったことが少し悔やまれた。それでも馴染みの深い秩父の山々とは植生も異なり、いつもとは違った雰囲気の中での山歩きが楽しめた。あいにくの曇り空で展望はイマイチだったが、そのうち縦走にもチャレンジしてみたい。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム


R414に面したスルガ銀行沼津静浦支店から鷲頭山へ向かう。右前方に見えるのが鷲頭山。コルにあたる志下峠から急斜面なのがよく分かる。
所々で河津桜や梅が咲いていた。舗装路が終わり山道に入る。
昨夜の夜更けに雨が降ったようで、ぬかるんで滑りやすい。足元に注意して登ると岩場入口と書かれた鍋が括りつけてあり、その先が分岐になっていた。
左の踏み跡が薄いが、そちらが岩場に続くのだろう。分岐をそのまま前方に進むと、大きな石碑があった。
秩父の山々とは全く植生が異なる。どちらかというと熱帯雨林に近いような雰囲気を感じた。
真夏にこのコースを歩くのはきつそうだ。
後で調べてみると地元静浦出身の偉人・安藤正胤翁を称えた碑だった。
次第にあたりは鬱蒼とした様相を呈してくる。周囲の石垣が見られるが、いつなんのために造られたのか。
戦時中だろうか。ついつい気になってしまう。
足元は相変わらずぬかるんで滑りやすいが、随所に貼られているトラロープを利用しながら進む。登山口から15分ほどで歩くと志下峠に到着。
ここは沼津アルプスの縦走路の一部。
ここから鷲頭山まで急登を直登するのだろうかと思っていたが、東側に巻いているようだ。
直登するルートは自然保護のために立入禁止措置が掛かっていた。
この辺りは巻き道を境に左側は植林に覆われていた。巻きながら進むと中将さんと呼ばれる場所に出た。

一ノ谷の合戦に敗れ源氏に軟禁されていた平重衡が、隠れ住んだ洞窟とされる中将岩。延宝七年(1679)に建立された阿弥陀如来の石仏が収められている。

中将さんの由来
追っ手に発見された平重衡は、この先の小鷲頭山にて切腹自害されたとある。
中将宮を過ぎると、東側の展望が開ける場所があった。
展望地を過ぎてから、100m程の急斜面を登りきると小鷲頭山に到着。山頂には単独のハイカーさんが休まれていた。

ハイカーさんは南から登られて北に向かうとのこと。

沼津市街と駿河湾の千本浜がよく見える。残念ながら富士山の山頂部は雲で見えなかった。
これから目指す鷲頭山がよく見える。小鷲頭山の山頂の一画には、平重衡が切腹され終焉を迎えられた場所として囲いがされていた。
しばらく進むと鷲頭山に到着した。

広い山頂にはベンチもあり、休むのにちょうど良い。

山頂から見渡す駿河湾の向こう側には、南アルプスが遠望できるが、あいにくの陽気で雲が掛かりはっきりしなかった。

鷲頭神社の奥の宮の後ろには、桜と思われる老木が佇んでいる。 満開になるころは最高だろう。
鷲頭山から小鷲頭山に戻った。

小鷲頭山から見た駿河湾の向こう側に南アルプスの山並みが遠望できる。

往路では見れなかった富士山が、雲の切れ間に姿を現した。パッとしないが、とりあえず富士山を拝めてほっとした。
小鷲頭山からは急斜面が続く。斜面に渡してあるトラロープを掴まり慎重に下る。
中将さんを通過すると東側の斜面を巻きながら下る。
中将宮から3分程度で志下峠に到着。ここにはぼたもち岩と呼ばれる巨岩がある。
志下峠から稜線を離れるが、斜面がぬかるんで滑りやすい。
出来るだけロープを掴まないようにと慎重に進んでいたが、尻もちをついてしまい、お尻とリュックが泥だらけになってしまった。。。(^_^;)
志下峠から15分ほどで安藤正胤翁の碑に到達。ここまで下れば麓は近い。
山道が終わり舗装路に出た。あとはこの直線路を真っ直ぐに進み、R414を目指す。

沼津市街越しに見た富士山。
片道1時間、下りの方が時間を要し2時間強の歩きとなった。 次は沼津アルプスの縦走をしてみたい。