城址巡りで四津山の高見城と旧鎌倉街道を歩いた
日 程
2015年12月26日(土) 天気:晴れ
山 名
四津山(195m)
コース
小川町総合運動場→四津山→永昌寺の大松跡→旧鎌倉街道上道→小川町総合運動場
コース図
駐車場
小川町総合運動場
温泉他

山行記

関越道の嵐山小川町ICに程近い小川町に位置する四津山に行ってきた。比企丘陵の一画に聳える単独峰で、標高195mで比高は100m程だが周辺ではよく目立つ山である。
この辺りは、武蔵、上州、甲斐、相模を結ぶ要衝として、平安の時代から戦国時代まで動乱が続いた土地柄で、なかでも戦国時代においては、武田、北条、上杉と三つ巴の戦乱が繰り広げられたことでも知られている。近辺の松山城、鉢形城など重要な拠点を補佐する支城があちこちに点在していた。
この四津山は松山城と鉢形城の間に位置する。そして東麓には鎌倉街道上道が通る。戦略上、重要な拠点として、山頂には高見城という山城が築かれていた。北西から東南に延びる広い山稜には、本郭から堀切で別れた郭が続く。
築城年代は定かではないが治承4年(1180年)石井政綱によって築城され、その後増田重富が居城したと伝わる。 今は当時の土塁や堀切が残るのみだが、明治40年、四津山山頂の東端、高見城本郭跡に建立された。
麓の高見原では、扇谷上杉、山内上杉の上杉両家が勢力争いのため合戦が繰り広げられた。
そして四津山の東麓には部分的ではあるが旧鎌倉街道上道の当時の遺構が残っているらしい。 そんな歴史のある古の古城跡を、東武東上線外秩父ハイキング「四津山神社コース」のコース図を片手に辿ってきた。

アルバム


小川町総合運動場の駐車場に車を停めて歩き出す。辻々には四津山神社を示す道標が立つ。

目の前に四津山が見える。

風が吹くと寒いかもしれないが、この日は風もなく穏やかな陽気だ。
道端には御岳大神、八海大神、普寛霊神の石碑がひっそりと佇んでいた。

用水路の脇には桜が立ち並び、春に訪れるのもいいかもしれない。
四津山の麓までやって来た。橋を渡って四津山神社の参道に向かうと、のぼりを立てる大きな支柱が見えた。 その手前の林の中にワンコが丸まっていた。 リードで繋がれているのか不安になり、注意しながら進むが、こちらに気付き、しきりに吠えたてられた。神社の番犬と思ったが、むくっと起き出すと吠えながら後を付いてきた。 え!やばい、リードで繋がれていない。ひょっとしてこいつは山頂まで付いてくるのだろうか(^_^;)

やたらとうるさいけど、とりあえず襲う気は無さそうなので、無視して鳥居手前の記念碑などを眺める。
鳥居から真っ直ぐに参道が続く。先が薄暗くて少し気味が悪い。鳥居を潜り先に進むとワンコは鳥居の手前で引き返したようだが、しばらく吠えていた。
参道の途中には立派なトイレが設置されており、参拝者用に杖が用意されていた。

山頂が近づくと石段になり、ひと登りした踊り場のようなスペースに四津山公園の標識があった。
不動明王像の石仏と大黒天の石碑が祀られていた。

ここから四津山神社に直接向かう石段と巻きながら登り進む女坂と別れる。 急勾配の石段を息を切らしながら登ると四津山神社の境内にたどり着いた。
大した登りではないだろうと舐めていたが、意外と疲れる。汗もかいた。

高見城(四津山城)跡の説明。

さて、山頂からの眺望は素晴らしい。 東南北の展望が利く。比企三山の笠山と堂平山が近い。

先週に引き続き比企三山の笠山と堂平山のアップ。

遠方に顕著なピークが見えるが、あの山はどこだろうか。越生の鼻曲山あたりであろうか。山は見る方角から全く違った山容となるので分からない。この四津山もピークが四つ並ぶ事が山名の由来になったとあるが、違う方角から見ると横に長い山稜が続く山容が確認できる。

夢中になって写真を撮っていると、隣でガザガザと藪の中から何かが出てきた。先ほどのワンコかと思ったが、よく見るとたぬ吉君だった(笑)
しかし全然逃げようとしない。餌でも欲しているのだろうか。クセになってしまうので野生動物に餌を与えてはいけない。無視して撮影していると、可愛らしい鳴き声で、他のタヌキとコミュニケーションを取り出した。遠くから微かに同じ鳴き声が聞こえる。声の方向は分からないが、たぬ吉君はその鳴き声に応じるかのようにそそくさと立ち去った。
山頂に棲む恐ろしい大きな天狗が、遥か南方の高尾山に、毎日通っていたという伝説があるらしいが、タヌキに化かされていたのではあるまいか(^_^;)

四津山神社の狛犬はなかなかの迫力。



神社を参拝して城の遺構を確認しよう。

神社の右側に続く踏み跡を進むと堀切跡に出た。

その先にも郭や堀切が続く。意外とひろい印象だ。

細長い尾根に巧みに廓を建てたようだ。 見晴らしは良く要害の地として鎌倉街道などに睨みを利かせていたのだろう。

下りは女坂を進む。当時はここが登城道となっていたと思われる。四津山公園に抜けて、参道を下ると時期に鳥居にたどり着いた。
さて、問題は先ほどのワンコ。まだ同じ場所に居座っているのだろうか。また吠えられて追いかけられたくない。とはいえそれを避けようとすると大回りになる。仕方がないので、抜き足差し足で切り抜けよう。それにしても静かだ。ワンコは居なくなったのか。畑を覗き込むと居た(笑)
先ほどと同じように丸くなっていたが、こちらをちらっと見たかと思うと、すっかり興味が失せたように、また丸くなり相手にされない。襲われたらどうしようかと構えていただけに、何だか拍子抜けだが、時間も遅いので先を急ごう。
次の目的地は永昌寺の大松跡、こちらも道標に従って進む。
里山の雰囲気溢れる集落を歩くと、庭先には南天や柚子が目を楽しませてくれる。たまに犬の散歩している地元の方や車が通るくらいで人出は少ない。
こんなところを地図を持って一人でうろうろしていると怪しさしかない(笑)

四津山神社の鳥居から20分ほどで永昌寺の大松跡にたどり着いた。

大松は現存しておらず、石碑と石仏が残るのみ。案内板が掲げられていたであろう支柱だけが残っていた。
次はいよいよ当時のまま残る旧鎌倉街道上道を見てみよう。
集落をしばらく歩くとT字路に突き当たった。地図を見ると突き当たりをそのまま突き進むようになっている。道標も同様にそのまま進むように示されている。 示された方向は右画像の通り、先を見ると確かに車の轍の跡がある。しかしこんなところ普通は道があるとは思わない。
一般の観光客は立ち入ろうとは思わないだろう。少なくとも絶対に躊躇するであろうが、一方で私の場合は全く気にならない(笑)

公に紹介されているくらいだから、私有地ではないだろう。取り敢えず進むと、左側の藪でガサゴソと音がする。野良犬であれば姿を現すだろう。タヌキよりも大型の動物のような気がしたが逃げていく気配。少し気になるが先に進む。朽ち果てた車の横を抜けると、植林の中、しっかりとした踏み跡が現れた。
右側を見ると窪んだ幅広い堀割り状のが並行して続く。地図では鎌倉街道はまだ先かと思ったが、ひょとしたらここか?

溝に降りてみる。旧鎌倉街道を示すものは何もないが、街道跡のような感じもしなくもない。

しばらく進み林を抜ける。

振り返ると、そこには旧鎌倉街道上道を示す案内板が掲示されていた。
やはり鎌倉街道上道の跡だったようだ。しかし山歩きをしていると、ごく普通に見かけるありふれた藪のようで、言われなければピンとこない。

それでも“いざ鎌倉”と諸国の武士団が鎌倉に馳せ参じるため、多くの往来があっただろう昔を偲ぶことができた。
道の荒れ方を見るとよくわかるが、地元の人が歩くことはないようだ。いつまでもひっそりと残って欲しい遺構だ。

日もだいぶ傾いてきた。あとは農道を歩いて駐車場を目指した。

小川町総合運動場の駐車場から見る四津山