由布岳
日 程
2015年8月21日(金) 天気:曇り/晴れ
山 名
由布岳(1,538.5m:西峰)
コース
由布岳登山口駐車場(13:06)→日向岳分岐(13:23)→合野越(13:46)(6min休憩)→マタエ(14:59)→由布岳西峰(15:22)(28min休憩)→(御鉢巡り)→東登山口分岐(16:35)→東峰(16:45)(3min休憩)→マタエ(17:02)→合野越(17:42)→由布岳登山口駐車場(18:17)
コース図
駐車場
由布岳登山口駐車場
温泉他

山行記

以前、湯布院を訪れた時に見た草原の中にそびえる山容が印象的で、由布岳という山名は覚えていた。いつか機会があれば登ってみたいと、当時から漠然と思っていた。 湯布院のランドマークとして、湯布院に訪れる人に畏敬の念を抱かせるに十分な存在感を放っているというと、少しオーバーかもしれないが。

富士山と同様に広い裾野を持つ単独峰で、鋭角なピークを二つ備えた双耳峰として独特な姿は秀峰の名が相応しい。九州で百名山以外の山は由布岳しか知らなかったが、豊後富士とも呼ばれる由布岳は、百名山に選ばれる資格は十分に備えている山ではないだろうか。
ちなみに由布岳は200名山に指定されている。この山は死火山らしいが、ウバコウジと呼ばれた噴火口の名残がある。お鉢巡りと称した周回コースが人気があるようだ。お鉢巡りのルートの一部にはナイフリッジの岩稜帯があるようだ。なんともそそられる。

この日は移動日で羽田から大分入りした。天気予報では曇りのち雨だったが、昼前に空港に降り立つと予想に反して晴れていた。気温もさほど高いわけでもない。周囲に見える山の山頂部は少しガスっているようが、なかなかの登山日和ではないか。テンションも上がってくる。晴れ男軍団の本領発揮である(笑)
早速、空港でレンタカーを借りて由布岳に向かう。せっかく大分県に来たからには、土地のものでも食べようと海岸線に建つ食堂で海の幸を堪能した。あまり時間的に余裕もないので、そそくさと由布岳に向かう。運転はN氏にお任せ。満腹でいい気分となり、もう登るの止めて別府観光でもいいんじゃないの?と密かに想いつつ、助手席でうとうとしていると、前方に由布岳が姿を現れた。いよいよあの山に登るのかとテンションも上がり、ばっちり目も覚めた(笑)

由布岳に登るルートはいくつかある。
そのうちの南側にある由布岳正面登山口から登るルートが交通の便もよく一般的なようだ。登山口には駐車場、トイレ、休憩所が完備されている。この正面登山口駐車場に車を停めた。
ここは9年前に通りがかった思い出深い登山口だ。平日にも関わらす車が5〜6台停まっていた。標高差が約800m、標準コースタイムが5時間程度。一般的な日帰りコースである。時刻はすでに13時。普通であれば歩き始めるのに、適した時間帯ではないが、今回の九州遠征でこの山を外すわけにはいかない。
ルートは正面に見える由布岳を真っ直ぐに登り、復路は由布岳の東側の中腹に位置する日向岳までぐるっと回る周回コースを予定していた。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

ここまでは羽田から旅行気分だったが、早々に準備を済ませ気を引き締めて歩き始める。

前方に由布岳がそびえる。一番高いピークが東峰。左側の少し下がった部分が西峰である。
そして、左側の草原に覆われた丘のような山が昔山城があったと伝わる飯盛ヶ城という。
由布登山口。登山届をポストに提出して歩き始める。

始めは由布岳の独特な山容を目の当たりにしながら草原を進む。正面に見える由布岳の左側を九十九折しながら登ることになる。
奥になだらかな西峰の山頂部が見えるようになるが、ここから眺める由布岳は双耳峰には見えず、まさに豊後富士の名が相応しい。
天候はすこし曇りがちで雨がパラつきそうな陽気だが、それ程蒸し暑くはない。
前方から下ってきたハイカーとすれ違う。

由布岳の中腹に立つ日向岳に向かうコースと直登コースの分岐に着く。寄りはしなかったが、ここにはトイレもある。
ここから広葉樹林に覆われた山道を進むと、前方から次々とハイカーが下りてきた。Tシャツ、ジーンズ、スニーカーといった軽装が多い。コースは整備され、多くのハイカーに歩かれているのだろうけども、観光のついでに登ってみました的な感じもする。皆さん山頂まで辿り着けたのだろうか?
中には綿のシャツを着ていた人がいたが、それはさすがに真似できない(^_^;)
要所で出会う道標は、残りの距離や標高がわかるので重宝する。ほんの一部分だけ植林帯を通る。

しばらく進むと飯盛ヶ城と由布岳のコルにあたる合野越に到着。ここにはベンチもあり、最初の休憩を取る。
合野越からは九十九折に登っていく。終始なだらかで歩き易い。
しばらくすると樹林帯を抜け、若干の灌木と草に覆われた道に変わると、突然、視界が開ける。

麓や湯布院などが見えるようになり、南から西にかけて見渡す限りの山並みが広がる。奥には雲のかかった九重連山が遠望できた。
左下に見下ろす飯盛ヶ城の山頂部からかなり登ってきたことが分かる。
そして足元には所々で高山植物がお出迎え、写真を撮るため、ついつい足も止まる。

正面に飯盛ヶ城が見下ろせる。
終始なだらかで、見晴らしも良くさほど疲れずに登り進む。
ツリガネニンジンとカワラナデシコ
イヨフウロとホタルブクロ
標高を上げるに従い、岩場が多くなり傾斜は増すが大したことはない。

じきにマタエと呼ばれる西峰と東峰の鞍部にたどり着いた。両サイドに西峰と東峰が聳える。そして北側には火口跡が大きな口を広げている。それほど深くはないが、見ていると吸い込まれそうになる。火口跡は樹林に覆われ、ヤブ化しているが、踏み跡らしきものも見えた。こんなところに入り込む人もいるのだろうと感心した。
ここから西峰は岩場やクサリ場が続く。東峰のほうが初心者には歩きやすそうだ。
マタエで少し休憩したが、西からなのか下から吹き上げる風は強い。
我々は標高の高い西峰に登りお鉢巡りを半周して、東へ下るコースを進む予定のため、東峰に立ち寄るつもりはない。
西峰へ向かうと早速クサリ場の登場。

それなりの傾斜はあるが登りやすく、特にくさりを掴まずに登れる。

単独で登っていると自分自身を撮れないので、ついつい自身の画像を使ってしまう。
少しへっぴり腰だなぁ(笑)

このような岩場が続く。見た目ほど怖くはない。
足元に咲く様々な高山植物を眺めながら、登るもの楽しい。

岩場をぐんぐんと登り進める。

クサリ場が延々と続く。

なかなかの高度感。

右にはマタエから東峰のピークに続く道が見えるが、西峰のような岩場もなく、険しくはない。

ここが西峰までの核心部?(笑)
剣岳のカニのヨコバイよりスリルがあるかな。高所恐怖症の私は、当然の事ながら、ここの通過で下を見ることはできなかった(^_^;)
想いのほか、高山植物も多く休憩していると癒される。

岩場も越えると山頂部まであと僅か。

10分程度の岩場登りは期待以上に楽しかった。

振り返った稜線。中央には駐車場が遠望できる。

湯布院の全貌が眺められる。雲がなければ素晴らしい眺望となるのだろう。

一番高いところが東峰のピーク。