東尾根から伊豆ヶ岳へ、そして旧正丸峠を越えて松茸山まで周回した
日 程
2016年1月11日(月) 天気:晴れ
山 名
伊豆ヶ岳(851m)、小高山(700m)、川越山(780m)、正丸山(766m)、松茸山(550m)、雨乞山(520m)
コース
正丸駅駐車場(6:50)→西吾野駅(7:15)→森坂峠(7:44)(5min休憩)→琴平神社(8:01)(2min休憩)→伊豆ヶ岳(9:50)(10min休憩)→小高山(10:25)(33min休憩)→正丸峠(11:17)(5min休憩)→川越山(11:38)→正丸山(11:45)→旧正丸峠(11:56)→松茸山(12:38)→雨乞山(12:56)→正丸駅駐車場(14:02)
コース図
駐車場
正丸駅駐車場(500円/日)
温泉他

山行記

自宅からほど近い奥武蔵の山域はハイキング道が多く、週末になると多くのハイカーで賑わう。個人的にも好きなエリアだが、どちらかというとハイカーの少ないマイナーなルートが好きで、ネットで情報を調べたり、地形図を眺めてはあれこれと想像を膨らましてはいるが、実際に歩くことは少ない。結局のところ、山と高原地図をコースが中心となってしまう。
先日もネットで検索していると「奥武蔵登山詳細図」という地図の存在を知った。西武秩父線沿線を中心とした表裏2面で130コースが紹介されている。その数の多さと詳細図というフレーズに何とも惹かれるが、一般の書店では手に入らず、山用品店などに置かれているようだ。そこで好日山荘に寄って早速買ってみた。
様々なコースが紹介されている中で、一般のガイドブックには絶対に載ることのないルートも盛り沢山。これは貴重な情報源となる。こんなルートがあるのかと眺めているだけでも楽しめる。
地図に記載されているルートは色や線種の違いで難易度が分れている。「道標なしの熟練者向けルート」という紫色のルートがいくつかあり、その中で伊豆ヶ岳から東に延びる伊豆ヶ岳東尾根ルートというのがあった。以前から気になっていたルートである。しかし山頂直下は急斜面のようで、その辺りの様子が分からず躊躇していたが、取り付きから細かく記載されている。

今年の初山行はこの地図を参考に西吾野駅から伊豆ヶ岳の東尾根を歩いてみよう。その先は何処に繋げようか。伊豆ヶ岳からは稜線で続く子の権現に向かう定番コースもある。足腰の神様である子の権現に参拝するのも、正月の年初めとして何ともそそられる。そして、その後は有名な浅見茶屋で冬季限定の鍋焼きうどんを食す。考えただけでもよだれが出そうだ(笑)
しかし子の権現とは反対方向の旧正丸峠の東に位置する松茸山という聞いたこともない山が気になった。 旧正丸峠から正丸駅に続く秩父往還の北側に並行して延びる尾根上にある。全くのノーマーク尾根だったが、この尾根、松茸山ルートも「道標なしの熟練者向け」とある。子の権現も捨て難いが松茸山は非常に気になるので、西吾野駅から伊豆ヶ岳、松茸山、そして正丸駅までの周回ルートを歩いてみよう。この地図は磁北線の記載もあるので、そのまま山歩きで使える。必要な部分をコピーして使おう。日頃、GPSに頼ってばかりなので、今日はこの地図とコンパスのみで歩いてみよう。

バリエーションルートなどマイナールートを歩く際、いつも事前調査が甘くて、予想もしないところで、怖い思いをしたりする。単独で行動する場合、リスクは出来るだけ避けたいところだが、この詳細な地図はリスク低減に効果があるだろう。横着な私にはピッタリかもしれない。
ということで、詳細図とコンパスを片手に喜び勇んで出かけたが、結果的に危ない思いをしてしまった。このようなことを繰り返すのは、地図や情報のせいではなく、性格的な問題かもしれない(笑)

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

朝は5時半頃に家を出る。西武線沿線は駐車場が少ない。歩き始める西吾野駅には駐車場がない。下山予定の正丸駅には駐車場があるため、そこに車を駐車し、電車で隣駅の西吾野駅に向かった。 電車は1時間に2本。慌てるとろくなことがないので早めに着いて準備を進める。するといつものごとくお腹の調子が気になり、トイレに駆け込むが用は済まなかった。後で便意をよそおう気もするが、とりあえず電車に乗って西吾野駅へ向かう。 駅に着いても微妙な感じ。しかし我慢するとかそんなレベルには達していないので、トイレはパス。今が7時10分。山峡の地では、まだ陽も出ておらず、周りを見ると霜が降りている。風はないが少し肌寒いので、ダウンジャケットを着て歩き出す。まずは東尾根の取付きに向かうが、その前に坂下峠を越さなければならない。ここは以前、本陣山とイモリ山に登った際に歩いたことがある。右画像の右側に写るピークが本陣山だ。植林に囲まれたパッとしない印象の山だった。
R299を飯能方面に少し歩くと高麗川に架かる橋を渡り、その先の草原を進む。
草原を抜けて、山道に入るとひと登りで森坂峠に着いた。ここを右に行くと本陣山だが、ここはまっすぐに抜ける。
下り始めて5分程度で、下久通集落に出た。 遠方に見える山裾に、神社の鳥居が見える。 どうやら東尾根の取り付きにあたる琴平神社のようだ。
その辺りの情報は全て地図に記載されている。
馬頭観音と思しき石碑などを眺めながら、琴平神社に向かう。 民家の横を遠慮気味に琴平神社へ進み、少し険しい石段を登る。
東尾根の支尾根に乗ったところに琴平神社の本殿があった。
神社の左側を見ると明瞭な踏み跡があった。東尾根は多くの登山者に歩かれているようだ。単調な尾根を進み、徐々に高度を上げる。
じきに尾根の傾斜がきつくなるが、汗を掻くまでもなく東尾根に出た。ここを左に行くと伊豆ヶ岳の山頂につながる。尾根には道標らしきものがあり、マジックで狢入頂上と書かれていた。狢入という山名は詳細図にもない。東尾根の右手、つまり末端方向を眺めるとちょっとしたピークになっておりケルンがある。行ってみると狢入頂上という木柱が設置されていた。この地図には沢の名前も細かく書いてあり、尾根の北側に狢入という沢があったが、その頭ということだろうか。
さあ、ここからは西に向かうだけ。地図が詳細なため現在地の特定もしやすく、目標の設定も楽。コンパスをセットして歩き出す。地図を見ると標高400mのところに登ットという記載がある。 「ものがたり奥武蔵」にも記載されているが、ここが登ットのようだ。しかし名前を示すようなものは何もなかった
皮剥ぎのあとがある。これはもしや熊の仕業か。他にも糞の塊や熊の足跡らしきものもあったが、こんな人里にも出没するのだろうか。

南側が開けた場所に出た。手前に見えるのは伊豆ヶ岳から子の権現に続く稜線のようだ。
その奥には巨大な鳥居観音が見える。ということはその後ろに見える尾根は蕨山から川又に延びる稜線だろう。

前方に伊豆ヶ岳が見えてきた。左側のピークは古御岳だ。しかし遠目で見ると伊豆ヶ岳の手前の斜面はまるで壁のようだ。
山頂直下は確かに一筋縄ではいかない気がしてきた。
670mの標高点で右に進路を変えて先に進むと少し尾根が幅広くなる。ここはバラサ平と記載の場所だろう。ここを通過するとしだいに尾根が痩せてきた。地図には藪とあり、北側に迂回路の記載があったが、藪というほどではなかった。
遠くからパン、パンと立て続けに発砲音が聞こえた。蕨山か有馬山の方から聞こえる気がするが、近くではないのでひと安心。
歩き始めて2時間ほど経過した。少しお腹も空いたので、適当な倒木に腰を下ろしておにぎりを頂く。伊豆ヶ岳はすぐ目の前だ。近くで見ても山頂部は壁のようだ。果たして登れるのだろうか。少し不安になってきた。それでも迂回路もあるようなので、ヤバそうであれば巻こう。
植林の急登を進むと、左からの尾根との分岐に到着した。なぜか箒が立てかけてあった。東尾根の南側に伊豆ヶ岳へ続く尾根がもう一つある。詳細図では殿入谷右岸尾根ルートと記されているが、これも「道標なし熟達車向け」とあった。分岐の先には巻き道が続くが迂回路のようだ。山頂への直登ルートは右に延びている。なかなかの急斜面だが山頂直下はこんなものではないのだろう。

手足を使い直登ルートをひと登りして痩せ尾根を少しだけ下る。そして山頂まで植林の中、急登を進むと山頂部が見えた。目の前には落ち葉が堆積したダラダラな急斜面。よく見ると斜面の途中に岩場がありピンクのテープが見えた。その横にはトラロープが垂れ下がっている。地図に悪場・下降不可と書いてあるのもわかる気がする。こんな斜面、山の中で突然出くわしたら、絶対に登らないだろう(^_^;)
ロープの場所を過ぎれば、あとはなんとかなりそうだが、あそこまでどうやって行こうか。まっすぐに上り詰められそうにない。周りを見ると左側の斜面を巻きながら登っている踏み跡がある。この直登が怖くて無理そうであれば、左に巻いてもよいかもしれない。ここから先は写真を撮っている場合ではないので写真はなし。 まずは左の踏み跡を少し追い、次は右に向かい慎重にトラバースしながら登る。 手足総動員でなんとか岩場の下までたどり着いた。ホールドやスタンスを探りながら先には進む。斜度も増し、かなりの急斜面になってきた。壁にへばり付く態勢でトラロープの先に進むことが出来た。 下手なところに進路を取ると危ない。慎重にルーファンしながら進む必要がある。

とりあえず安全圏へと脱して、見下ろして写真を撮った。ここは下りたくない。
上を見上げると山頂まであと僅か、ハイカー達の話し声が聞こえる。山頂標が見えた。 慎重に先を見ながら登り進むと伊豆ヶ岳の山頂に出た。四つん這いで落ち葉に覆われた斜面に張り付いていたので、身体中落ち葉だらけ。 変なところから飛び出したので、変な目で見られて少し恥ずかしい(笑)
これで東尾根ルートは終了。予想通り誰とも会わなかった。伊豆ヶ岳もまだ時間的に早いのか、広い山頂にハイカーの数は思いの外少ない。
それでも10人程度は居ただろうか。山頂で腰を下ろす。展望を楽しみながらアクエリアスで喉を潤す。

西を見ると武川岳の向こう側に武甲山が頭を出している。
ここからは稜線伝いに北へ向かい、旧正丸峠を経由して、その先は本日二つ目のバリエーションルートである松茸山の尾根歩きとなる。
伊豆ヶ岳には一般コースとして、男坂と女坂がある。男坂は危険ということで、一応通行は禁止されており、個人的にも歩いたことがない。山頂からはどんな感じで見下ろせるのか眺めてみたい。そこで男坂に向かってみた。ここは下りではなく登りで使うのが普通だろうが、登ってくる人がいなければ、試しに下ってみようかと近づくと人の声がする。どうやら登っているハイカーがいるようだ。落石させてはまずいので男坂は諦めた。女坂は途中が滑落しているとのことで、迂回路を下ったが、流石に人気の山、5分程下っただけなのに、10人ほどのハイカーとすれ違った。
正丸峠と正丸駅に分かれる分岐に到着した。正丸駅方面から続々とハイカーグループが登ってくるので先を急ごう。

分岐から見上げた男坂。登ってみたい気に駆られたが止めた。また機会があれば歩いてみたい。
分岐から少し進んだところが五輪山。ここは広い山頂でベンチもある。そろそろお昼にしたい時間だが、ここは少々うるさくて落ち着かない。
先に進んでベンチがあるところで休もう。多少人気は少なくなったが、それでもハイカーとすれ違う。
ピークへ向かう踏み跡とその巻き道に分れる。ピークは大蔵山。
ピークから少し下がったところに大蔵山の標識が立っていた。長岩峠にハイカーが休まれていた。
小高山に到着。ここでお昼としよう。前回の鍋焼きうどんが忘れられず、また同じパターンだが値段が全然違う。今日の鍋焼きうどんは98円(笑)
早速、お湯を沸かして食べてみた。味は。。。だが身体は温まり、お腹もいっぱいになった。

小高山に到着。ここにもベンチがある。しかも武川岳や横瀬二子山の眺望が良い。

中央に見えるピークが武川岳。

十分に休みも取ったので、正丸峠に向けて歩き始める。

このルートは関東ふれあいの道でもあり、しっかり整備されて歩きやすい。

奥武蔵グリーンラインの稜線が見渡せる。
お昼の時、うどんの他におにぎりも食べたのがいけなかったのか、次第にお腹の調子が悪くなってきた。