涼しさを求めて真教寺尾根から赤岳へ
日 程
2016年8月13日(土) 天気:晴れ/曇り
山 名
赤岳
コース
美し森ファーム駐車場(6:22)→羽衣の池(6:31)→牛首山(8:05)(8分休憩)→赤岳(10:22)(16分休憩)→大天狗(11:33)(5分休憩)→小天狗(12:20)→県道11号(13:25)→美し森ファーム駐車場(13:48)
コース図
駐車場
美し森ファーム駐車場
温泉他

山行記

山の日が祝日として決まったのは、確か2年前の事だったかと思うが、その時には休日が増えたくらいにしか考えていなかった。そして、はや2年が経過し、とうとう山の日を迎えたが、皇太子さまが上高地を訪れてセレモニーを行うなど、様々な山でイベントが企画され、昨今の山ブームも手伝ってか、山の日は多くのハイカーで賑わったようだ。
しかし、その日は用事があり山には行けなかった。山歩きを趣味としている者にとって、この祝日は特別な日であり、山に行かなければと、漠然とそんな気分にもなっていた(^^;)
そのめでたい日に肖って、山へ行くことにした。 なんだか「日本全国酒飲み音頭」のような無理やりな展開だが、山に行く動機はそんなものかもしれない。

さて、どこの山に行こうかとか、前回と同じ流れだが、夏休みでもあるし、折角だから涼しい楽園を求めて標高の高い山、思い切って3,000mに近い山へ行ってみよう。比較的に近場で日帰り出来そうな山という事で、八ヶ岳の赤岳が思い浮かんだ。
赤岳は西側から登ったことがあるので、今回は東側の真教寺尾根から登って県界尾根を下る周回コースが良いだろう。
翌日の天気予報では、8時頃からお昼まで晴れ。夕方に雷雨の可能性があるようだが、雨は降らないとの予報だ。
このコース、標高差があり、距離も長いので、雷雨を避けるためにも早めに歩き出さなければと、3時半頃に自宅を出た。出発は予定より遅れてしまい、長坂ICを下りた時には5時半を過ぎてしまった。駐車場のある美しの森ファームの標高は約1,500m。
空はどんよりしている。 長坂ICから清里を抜けて美しの森ファームに向けて走っていると、突然雨が降り出した。高度を上げるにつれて、雨足が強くなっていく。おまけにガスも出て、50mほど先を走る車が、スモールランプを点けていないと分からないほどだ。予報が見事に外れた、雨の中を歩くのは嫌だが、しかし、いつものパターンで歩き始める頃には、止むだろうと漠然とした思いもあった。清里駅近辺に至ると、果たして雨は止んだ。駐車場にたどり着いた時には、先ほどの雨が嘘のように晴れ間が出た。今回も晴れ男健在か。先日の巻機山と同じ展開となった。


 結果的には夕立にも遭わず、昼過ぎには下山出来た。途中で知り合ったハイカーさんが上りの中央道は渋滞するから早めに下山した方がよいねと仰っていたことが気にかかり、下山後にネットで調べると、13時過ぎだというのに、すでに渋滞が始まっていた(^^;)
ジタバタしてもしょうがないので、温泉に浸かってゆっくり休んで帰ろうということで、たかねの湯に寄った。昔の上司が近所に住んでいらっしゃり、10年程前にお邪魔した際に、立ち寄った温泉でもあり当時のことを懐かしく思い出した。ご自宅の前を通った際、車を停めて挨拶だけしておこうかとふと考えたが、手ぶらだし、帰りが遅くなるしと遠慮してしまった。またそのうち機会を作って挨拶をさせていただこう。

さて、帰りは須玉ICから高速に乗るとすでに八王子インターを先頭に25kmの渋滞が発生しており、笹子トンネルの手前も渋滞が始まっている。まだ14時半だというのに。。。
こんな渋滞を待つのはいやだし、高速代ももったいない。そこでいつものパターンで勝沼ICで高速を下りて、R140を雁坂トンネルを抜けて秩父経由で帰ることにした。 延々と山道を走ることになるが、このルートは空いているし、走り慣れているので大して苦ではないが、自宅に着いた時にはすでに20時を過ぎていた。
山歩きというよりも、車の運転で疲れてしまったが、たまにはこんな山行もいいかもしれない。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム


駐車場からは赤岳が見える。画像中央の山がそれだ。その左側のピークは途中で経由する牛首山だろう。ここから約6km先で相対標高差は1,350mあるが、それほど遠くに感じないのは調子が良い証拠だろうか。6月の谷川馬蹄形縦走では、約30kmのルートが絶望感を抱くほどに一望できたが、それに比べれば、圧倒的に近くに感じる(^^;)
駐車場には10台以上駐車している。皆、泊まりなのだろうか。周りを見渡すと一人準備されている方がいた。じきに一台の車がやって来て、隣に停まった。この方も日帰り組なのだろう。準備運動して歩き出す。隣のハイカーさんもすぐ後に付かれて歩き出された。
ルートは笹やぶの中、膝下はびっしょりだけど、スパッツを付けるのも面倒なので、そのまま進む。
笹薮が少しうるさい。じきに件のハイカーさんは見えなくなった。
野アザミとハクサンフウロ。
途中でクマ鈴を落としてしまったことに気付いた。登山口には親子のクマの目撃例があるとあったので、やばいなぁと思いつつ歩く。
ハナイカリとツリガネニンジン
座り込んで、ツリガネニンジンの写真を撮っていると、ガサゴソと音がした。やばいクマか?と思い、身構えると件のハイカーさんだった。
ハイカーさんはクマ鈴を付けていなかったので、全く気付かなかった。

途中でスキー場の脇を抜けると開けた場所に出た。先ほどのハイカーさんは休んでおられたが、こちらは休むこともなく先へ進んだ。
マツムシソウとヤマボタルブクロ
陽もだいぶ上がってきた。気温も上がってきたようだ。標高は高いだけあって空気はひんやりしているが、汗は止まらない。
白いタイプのシャジンだろうか。赤い方も名前が分からない。
コメツガ、シラビソ、ダケカンバなど高山の雰囲気にテンションも上がってきた。

1時間半ほどで牛首山に到着すると下山途中の年配のハイカーさんがベンチで休んでおられた。標準コースタイムよりも1時間近い貯金が出来たので、ベンチに座って休憩していると、件のハイカーさんがやって来られた。別荘に泊まり、昨日は甲斐駒ヶ岳に登られたようだ。お話を伺っていると、経験豊富なようで、上りは得意で下りよりも早いと仰っていた。私もそんなにペースは遅いほうではないだろうと思っているが、写真を撮っていると必ず抜かされる。
ここから山頂まで3時間10分とある。また、先で抜かされるかもしれませんねと言葉を交わして、一足先に出発する。

山頂直下まではなだらかな尾根歩きが続く。牛首山を過ぎると前方に赤岳の山頂部が見えるようになった。まだ標高差で700mほどあるが、山頂直下はまるで壁のようである。
このルート、概ね携帯の電波が入るので、急ぎの用事でメールを打っていると、またもや件のハイカーさんに抜かされてしまった。山での電波状況がこれほど良いのはソフト○○○にしては珍しい。先日、ドコモは山の日に合わせて通信エリアの強化など謳っていたが、他のキャリアも同様の動きなのだろうか。

樹林帯は陽に当たらないのは救いだが、ジメジメて標高の割りには蒸し暑い。熱中症に気を付けてこまめに水分補給をする。
まだ時間が早いのか、開き切っていないトウヤクリンドウが多くみられるようになる。それと少し古いものだが、詰め跡のような傷を見かけた。この辺りも出没するのでだろう。
赤岳に近づくとガスが徐々に増して山頂部は隠れてしまった。いやな展開になってきた。この辺りで件のハイカーさんが休んでおられたが、こちらはあまり休まないたちなので、そのまま素通りした。このあと、件のハイカーさんに抜かされることはなかった。

赤岳に向かって徐々に高度を上げる。後ろを振り向くとガスが掛り始めている牛首山が見えた。

高度2,400mを超えると、森林限界に近づき周囲も開けると同時に斜面が岩場に変わっていく。
若い二人組に追いついた。一人はヘルメットを被り、もう一人は地下足袋を履いていた。山で地下足袋を履く人を初めて見たが、このような岩場では有効だろうなと関心して見ていた。地下足袋は持っているが、お祭りで神輿を担ぐ時しか履かない。岩場用として携帯してもよいかもしれない。

どの岩場には鎖が付いているが、今回は来月の山行のため、鎖は触らないで上った。

後ろを振り向くと、復路で歩く県界尾根が見えた。右側には歩いてきた真教寺尾根は雲に隠れて見えず。
若い二人組に道を譲ってもらい先へ進む。山頂に近づくにつれて傾斜も増してきた。下に人がいると落石に気を遣うが、ヘルメットを被っているとこちらも多少は精神的に楽になる。

結構いいペースで登っているが、急な斜面を150mも登っていたら、ふくらはぎが張ってきた。攣りそうな予兆だ。
急斜面で常にアキレス腱が伸ばされている状況は、先日の白毛門の時と同じだ。そこで、今回は漢方薬の「芍薬甘草湯」を持ってきているので、初めて飲んでみた。するとその後はふくらはぎの張りは感じなくなったので効果はあったようだ。これからは常備しよう。
別の方に追いついた。この方をモデルに斜面の傾斜具合を撮ってみた。
赤岳から権現岳に続く稜線に到着した。赤岳まではあとわずか。荷物を下ろしておにぎりを一ついただき、早速出発した。
岩場にはユキノシタのような小さな花が咲いていた。

稜線に出るとハイカーさんが増えた。前を歩くそれぞれ単独の5人ばかりのハイカーさんに追いついては道を譲っていただき先へ進む。

赤岳の山頂が見えたが、残念ながらガスっている。
先ほどの漢方薬のおかげか、足の調子は良い。ほどなく山頂(南峰)に到着したが、山頂のすごい人だかり(汗)。
山頂柱も写真待ちの順番待ちの列が出来ていた。こちらは人が入れ替わる隙をみて山頂柱と赤嶽神社を写真に収めた。ここからの展望を楽しみにしていただけに、この状況は非常に残念だった。そういえば、以前、赤岳に来た時もこんな感じだったことを思い出した。山頂はガスに覆われているのも影響しているだろうが、涼しいというか寒いくらいだった。下界にいると味わえない貴重な時間を満喫した。
赤岳南峰(左画像)と北峰(右画像)ともに多くのハイカーで賑わっていた。この混雑も山の日というか、昨今の山ブームのせいだろうか。
山頂では昼食を取り、のんびりしていると件のハイカーさんがやってこられた。二人組の若者もまだのようなので、早いペースで登ってこられたのだろう。少し言葉を交わして、お先に下山することにした。

下山は県界尾根を歩く。標識に従って赤岳頂上山荘をの前を抜ける。、
こちらの尾根も山頂直下は、鎖場が続く急でいやらしいルート。ザレ場は滑りやすいので早速、ストックを使って慎重に下った。

途中で一か所、梯子のある長い岩場をストックをたたまずに下っていたら、最後にバランスを崩して左手を岩場に強打した。
その岩場を過ぎると真教寺尾根と同様に樹林帯のなだらかの稜線歩きとなる。
大天狗に到着。ここでリュックを下ろし、岩に座ってエネルギーを補給した。
開けたところで、左側を見ると往路で歩いた真教寺尾根が見えた。
大天狗から50分ほどで小天狗に到着した。小天狗の先からは稜線を離れて、しばらくは急斜面を下る。
滑りやすい急斜面を慎重に下る。
県界尾根の登山口まで下りてきた。


右画像の巨大な堰堤の上に座り込んで、菓子パンをいただく。少しだけ寝転んでみたが気持ち良く昼寝してしまうところだった(^^)
しばらく進むと県道に出た。あとは県道を30分強歩いて駐車場まで戻った。何とか夕立にならずに済んだ。