ときがわ町から新柵山、ぶな峠まで久しぶりの積雪の中を周回した
日 程
2016年2月11日(木) 天気:晴れ
山 名
新柵山(490m)、風早山(667m)、飯盛山(816m)、丸山(833m)
コース
ときがわトレッキングコース専用駐車場(9:57)→馬生(10:15)→新柵山(10:52)(6min休憩)→越沢稲荷の大杉(11:20)(10min休憩)→風早山(11:57)(5min休憩)→ぶな峠(12:34)(3min休憩)→丸山(12:44)(5min休憩)→飯盛山(13:15)→馬場(14:05)→硯水(14:21)→猿岩峠(14:26)→鎌倉山荘(15:00)→ときがわトレッキングコース専用駐車場(15:45)
コース図
駐車場
ときがわトレッキングコース専用駐車場
温泉他

山行記

いつの間にか奥武蔵の山々も降雪による白さが増してきたようだ。 秩父方面はさぞかし雪深くなっていることだろう。寒いのと雪が苦手で秩父方面はどうしても足が遠くなり、この時季は身近な山歩きとなってしまう。
祝日は山へ行くことにしたが、行き先が決まらぬまま目が覚めたら7時を過ぎていた。
今更、遠くへは行けない。ときがわ近辺が比較的に近いので、その辺りの山を歩いてみよう。ときがわ町はときがわトレッキングコースがあり、ハイカー専用の駐車場がある。そこを基点に3年振りの新柵山でも歩いてみようか。また、その先に行ってみたい場所がある。さらに余力があれば、尾根続きで繋がる奥武蔵グリーンラインのぶな峠に出て、飯盛峠から大平尾根を下る周回コースを歩いてみたい。
しかし、うだうだと準備をしていたら家を出たのが9時を過ぎてしまった。いつもよりもかなり遅い。おまけに途中で軽アイゼンを忘れたことに気付いた。使うことなどないだろうけど、気になり家に引き返した。そんなことで駐車場に着いたのが10時頃になってしまった。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

ハイカー専用の駐車場に車を停める。隣にはバス停やトイレがあってありがたい。
まずは新柵山の取り付きの馬生まで町道を歩く。
駐車場から15分程歩くと馬生BSに着いた。
全長禅寺登り口の石標を曲がる。
右側に馬頭観音の石碑があり、その先に新柵山への取付きがある。
これまでの歩きで体も暖まった。これから山道となる。特に風もないので上着を脱いで山道に入ると、入口にワイヤーが張られ道が塞がれていた。 立ち入り禁止と標記されているわけでもないと、都合よく解釈して、ワイヤーを避け入り込む。
降雨でほじくられたような道を登リ始め、途中でお墓と廃墟の横を抜ける。このルート、以前も感じたが途中で作業用と思しき道が多くて紛らわしい。 それでも尾根を目指すだけなので、特段分かりにくいわけではないが。

取り付きから息を切らして300m程登ると新柵山に到着した。
残雪が見られるようになるが、この程度は想定の内。適当なところに腰を下ろしておにぎりをいただく。
この先は尾根を進む。下降しコルになったところが分岐になっている。以前、ここを左折して下山したことを思い出した。
ここからが未踏区間。なだらかな尾根道を歩いていると、道標のない分岐に出た。これは482m標高点の巻道だろう。 とりあえず標高点に登ってみる。南東に長い派生尾根が延びる。立ち止まって地図を確認していると、下からの視線を感じる。距離が離れているため、はっきりしないが、しきりにこちらの様子をうかがっているようだ。 標高点を下ったコルに人が座っている。 このルートでハイカーと出会うのは珍しい。コルに向かうとオレンジ色のジャケットを着て猟銃を肩に掛けて座っているハンターさんだった。
猟犬が獲物を探しているのを待っているということだった。それと鹿の場合、大きな角が邪魔になるので、歩きやすい尾根道に出てくることも比較的に多いということだ。最初は私を鹿と思い注視されていたとのこと。マジで怖いなぁ(^_^;)
こちらは熊鈴鳴らしながら歩いているからすぐ分かると思うけど。。。
ちなみに人を鹿と間違えることありますか?とお聞きすると、それは絶対にないとおっしゃった。マイナールートでハンターさんとは遭遇したくないものだ。
話好きなハンターで、話が尽きないが、時間に余裕がないので先を急いだ。 このあと、銃声を聞くことがなかったので鹿には出会えなかったのだろう。
次第に周囲には雪が見られるようになった。途中で「長岩」「光岩」の標識があったが何を指しているのかさっぱりだった。
突然開けた場所に出た。どうやら日向根にたどり着いたらしい。
前方に道にはみ出すほどの杉の巨木が現れた。これが越沢稲荷の大杉、注連縄で飾られた胴回り6mを超える幹は圧倒的な存在感を醸し出している。

隣には稲荷神社がある。この神木を一度見てみたかった。垂れ下がった枝が地面で触れる触れないかで上に向かって延びる様に生命力の凄さを感じる。
ここはパワースポットに違いない。
お!こんな山の中にバス停がある。
山猫電鉄?これはもしや。。。
トトロの猫バスのバス停はこんなところにあったのか?(笑)
時刻表を見ると、始発が21時で、終バスが4時?(笑)

ここまで約1時間半、当初の目標はここまで。可能であればこの先の奥武蔵グリーンラインのぶな峠まで行ってみたいが、距離が倍以上になってしまう。明るいうちに下山できるかどうかが心配。距離はともかくこの先は雪が気になる。標高800mを超えれば雪もそれなりに深くなるだろう。わざわざアイゼンを取ってきたことだし、酷いようであれば引き返そうと先に進むことにした。
先へ続く道がよく分からなかったが、大きな貯水タンクの裏に回ってみると道標があり、辻には馬頭尊が祀られていた。
寛永五年だったか?忘れ去られたような佇まいがよい。
しばらくは林道を進む。このルートは秩父往還だったようでぶな峠まで続く。風早山(667m)に立ち寄るため、林道を離れて尾根を進む。

標高が上がるにつれ次第に雪も多くなってきた。前方に見えるピークが風早山のようだが、結構な傾斜がある。最近降り積もったものだろうか。トレースがなく思いのほかシンドイ。深さはひざ下程度だが遅々として進まない。こんな調子ではぶな峠までたどり着けない。
直登は辛いので、回り込むようにして風早山にたどり着いた。植林に囲まれた山頂は展望が利かない。久しぶりの雪歩きで汗びっしょり。
風もなく暖かい。おにぎりをいただき、息を整えてから歩き出す。しばらく尾根を歩くと林道と再び合流した。尾根道の先にある773mピークが気になるが、雪も益々深くなっている。尾根道は諦めて林道を進むことにした。
林道の轍は凍結しており、足元に注意しながら進む。途中で砥石のヒノキを見る。
神社の祠と山の神。
さらに進むとふるさと伝説「おそよの墓」とあった。雪中からお地蔵さんが顔を出していた。尾根上はかなりの雪。尾根を上り詰めたところが次に目指す丸山であるが、あまりの積雪に尾根道は歩く気が失せている。
林道を軽快に進むとぶな峠に到着した。 ここで昼食にしようかと考えていたが、峠に停まっている車からコードが伸び、その先に繋がる発電機がうるさくて休める状況ではなかった。大きなアンテナに繋げていたようだけど、何をしているのかよく分からない。

時間もないことだし、丸山を目指す。
尾根道は雪が深いが、踏み跡があって楽チン。奥武蔵グリーンラインはそれなりにハイカーが歩いているようだ。ツボ足で淡々と登り丸山に到着した。
30cmほど足が埋まる深さ。本日の最高点であり、一番雪が多かった。先ほどの風早山と同様に周囲は植林に覆われている。座れそうな場所もないので、とりあえずぶな峠まで戻ろう。途中で10名ほどのグループとすれ違った。本日、初めて見かけたハイカーさん達。 ぶな峠に戻るとすでに13時だが、とりあえず飯盛山に向かった。
ぶな峠では軽いおやつを食べてそそくさと先へ進む。奥武蔵グリーンラインは雪に覆われている。前方には飯盛山が見える。