富士山の眺望を楽しみに伊豆の達磨山へ出かけた
日 程
2016年2月7日(日) 天気:晴れ/曇り
山 名
達磨山(982m)、金冠山(816m)
コース
戸田峠駐車場(6:30)→金冠山(6:43)(5分休憩)→戸田峠(7:01)→小達磨山(7:19)→達磨山(7:41)(8分休憩)→戸田峠駐車場(8:23)
コース図
駐車場
戸田峠駐車場
温泉他

山行記

久しぶりに伊豆に行ってきた。山登りが目的ではないが、折角なので隙間時間を見つけて身近な低山へ繰り出してみた。積年の課題である奥沼津アルプスを歩きたいところだが、あいにく時間がない。 端から端まで歩いたら、午前中で歩き切れないだろう。暗いうちから歩き出せば良いのだが、寒い時季、そこまでしたくない。
ということで課題は先延ばしになってしまった。楽しみは次の機会に取っておこう(^_^;)
そこで山と高原地図を眺めてみると修善寺と戸田を結ぶ県道を登りきった戸田峠の近辺に一等三角点を持つ達磨山という山がある。 伊豆半島には一等三角点の山が3山あるようだ。その一つが達磨山で他には万三郎岳と暗沢山ということだが、特に達磨山からの眺望はことのほか素晴らしく、十三国峠と呼ばれている絶景のポイントらしい。駿河湾越しの富士山と十三国峠と呼ばれる所以を確かめてみたくなった。戸田峠に駐車場があり、そこからであれば短時間で歩けるようだ。戸田峠のそばにある金冠山と合わせて歩いてみよう。

そして時間に余裕ができれば、ついでに韮山の龍城山も寄ってみたい。

さて、富士の絶景を楽しむならば、空気の澄んでいる早朝から歩き始めようと、朝は5時半頃に出発した。軽快に車を走らせていると大仁あたりでパラパラと雨が降り出した。
全く予想外の展開にテンションは一気に下がってしまった。 天気予報は晴れだし、軽く歩くことしか考えておらず、雨具は用意しなかった。車にビニール傘はあるけれども戸田峠まで上がってみて雨がひどいようなら、山歩きは諦めて伊豆のドライブでもしようと、気を取り直して県道を上り進むと雨が雪に変わった。まだ夜が明けておらず暗くてはっきりしないが、周囲はガスに覆われているようだ。
絶景を楽しみにしていたのに何てことだ。。。
戸田峠でしばらく待機して、天候が変わらないようであれば、そのまま戸田へ抜けて海岸線のドライブでもしようかなぁと、半ば諦めモードになった。
周囲が明るくなり、戸田峠のすぐ手前の「だるま山高原レストハウス」に到着し、トイレ休憩しようと車を出ると雪も止んだ。晴れ男の本領発揮か(笑)

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

トイレを済ませて戸田峠へ向かう。戸田峠の10台程度は停められそうな駐車場に一番乗り。車で700m程の標高まで登ってきたことになる。車を降りると風は大したことはないが、ひんやりした冷たい空気は肌に突き刺さるようだ。いつ降ったのか分からないが残雪がある。
まずは500m程離れた金冠山を目指す。駐車場から県道を渡り道標に従い、緩やかな舗装路を進む。

前方に大きなアンテナが設置された金冠山が見えた。周囲は熊笹が茂る。近くでゴソゴソと音がする。
お!何だと身構えると大きな鹿が逃げ去って行くのが見えた。この後も2回ばかり近くで鹿を見たが、この辺の鹿は警戒心が強い。
ちなみにクマ鈴は携帯していなかったが、伊豆半島に熊が出没するのかどうかは分からない。
だるま山高原レストハウスから続くハイキング道と合流する分岐点を金冠山へと進む。
芝が敷き詰められたなだらかな道から、多少傾斜のある岩が露出した山道をひと登りする。
右手に巨大なアンテナを通過すると金冠山に辿り着いた。

そして駿河湾越しに富士山が現れた。
山頂には金冠山と刻まれた石碑があった。
山頂近くに設置されている巨大なパラボラアンテナ。沼津からもはっきり認識できる。
そして西には戸田港が見下ろせる。麓に向かって斜面の熊笹が刈り取られて、戸田港まで道が続いているようにも思える。

まどろむ朝日に少し朱色に塗られた霊峰・富士。全く素晴らしい。
期待以上の眺望。駐車場から大して歩いていないが、何だかすごく得した気分。

宝永山の火口が大きく口を開ける富士山に、思わずため息が漏れる。

海岸線が沼津から清水の方まで続く。眼下に見下ろす沼津アルプスは小山にしか見えない。 左手には雪を冠した南アルプスも遠望できた。
淡島もはっきり見える。間近に海を見下ろせるのは、伊豆の山ならではないだろうか。
達磨山からの展望はさらに期待したいが、相変わらずガスに覆われている。山頂にたどり着く頃にはなんとかガスが晴れてくれないものだろうか。 期待を込めて往路を引き返すし、戸田峠へ戻ると浜松ナンバーの車が停まっていた。

車の横で出発の準備をされているお二人のハイカーを横目に達磨山を目指す。


芝が敷き詰められたハイキング道は歩きやすい。これで空が澄み渡ってくれると言うことないのだが、こればかりは仕方がない。

霜柱でサクサクした芝生をしばらく進むと馬酔木などの灌木が立ち並び、まるでトンネルのような林の中の歩きとなる。姫沙羅などもあるのだろうか。
伊豆の山ならではの雰囲気の中を進む。
花の咲く時季は最高だろうなと考えながら歩いていると、周囲は残雪が目立つようになる。 温暖な伊豆で雪など想定していなかったので、軽アイゼンはおろかストックすら持ち合わせていない。
斜面は木段が整備されているが、滑らないように気を付けて登ると、戸田峠と達磨山の中間地点にあたる小達磨山に着いた。
ここは灌木に覆われて展望は利かない。
周囲の灌木にはいつの間にか霧氷が貼り付いている。どの霧氷も東に向かって伸びている。西風が強いのだろう。
道理で灌木の中には東に傾いているものも多いわけである。
小達磨山を過ぎると辺りはすっかりとガスに覆われて多少風も出てきた。リュックに差しているアクエリアスは少々シャリシャリしてきた。一時的に氷点下になっているようだ。 吹雪いていないのはいいが、少し耳が痛い。 アセビのトンネルを抜けると熊笹の草原に出る。
このコース、西伊豆スカイラインが並走しており、途中で道路を通過するが、行き交う車はない。晴れていれば最高なんだろうが、路面も凍結する時季はやはり車も少ないのだろう。静かなものである。
道標に従い、ハイキング道に戻ると長い登りとなる。この辺りの斜面はマメザクラが、群生しており、4月辺りは山肌がピンクに染まるようだ。そんな絶景も見てみたいものだ。晴れていれば山頂まで見えるのだろうが、あいにくこの日の視界は30m程度しかない。山頂部は熊笹に覆われているようである。達磨山まであと400m。

足元に気を付けながら、先へ進むと一等三角点のある山頂には辿り着いた。達磨山の山名の由来は清水方面から見た山容が達磨が座って見えることから来るようだが、霧中では想像もつかない。
ここまで誰とも会わなかった。まだ時間が早いのだろう。 周囲は相変わらずガスに覆われたままで変化なし。十三国峠の異名を持つ眺望は残念ながら見れなかった。 お腹も空いてきたので、腰を下ろしておにぎりをいただく。少しくらい待っているだけでは、この霧も晴れそうにない。
風の音しか聞こえず、じっとしていると寒い。そろそろ戻ろう。しばらく進むと戸田峠で出発の準備をされていたカップルのハイカーさんとすれ違った。周囲は熊笹が広がる斜面。晴れていればさぞかし眺望も素晴らしいのだろう。
下りはあっという間に西伊豆スカイラインに出た。往路では気づかなかったが、お地蔵さんが祀られていた。
相変わらず霧が立ち込めるアセビの森を登り返し小達磨山を通過。残雪に気を付けて慎重に足を運んで下ると、単独のハイカーさん、続けて単独のトレランの方とすれ違った。
アセビのトンネルを抜けるとじきに戸田峠に到着した。約1時間半程度のハイキング。 ここはまた機会があれば歩いてみたい。
アセビやマメザクラが咲き誇る4月頃がよいだろうか。

さて、時刻はまだ8時半過ぎ。次の目的地である韮山の龍城山へ向かった。