イワタバコとキツネノカミソリを見に伊豆ヶ岳の花桐川ルートへ
日 程
2016年8月7日(日) 天気:晴れ
山 名
伊豆ヶ岳
コース
正丸峠駐車場(6:45)−(電車移動)→西吾野駅(6:50)→林道終点(7:55)→イワタバコ自生地(8:00)(18分休憩)→キツネノカミソリ自生地(8:38)(6分休憩)→伊豆ヶ岳(9:38)(5分休憩)→正丸峠(10:22)(25分休憩)→旧正丸峠(11:20)→正丸駅(12:28)
コース図
駐車場
正丸駅前駐車場
温泉他

山行記

久しぶりに一人で歩きたくなった。しかし、この暑い時季はつい歩くのが億劫になり、選択肢も狭まれる。しかも夕方から用事があるため、遠くにはいけない。
そこで、奥武蔵でも歩いてみようかと奥武蔵登山詳細図を眺めてみるが、どうもいまいちその気になれない。 何かプラスアルファでもないものだろうかと、ヤマレコを眺めてみると、昨日の記事で、花桐川ルートの記事が掲載されていた。 何気なく開いてみるとイワタバコとキツネノカミソリが盛りのようで、花の写真を見ていると行ってみたくなった。
元々、花桐川ルートも歩いてみたかったルートだし、沢沿いということで、多少は涼しさも期待できるだろう。
このルートは、上り詰めると伊豆ヶ岳の山頂に出る。伊豆ヶ岳から旧正丸峠に出て秩父往還を下って正丸駅に出る周回コースであれば、朝早く出発すればお昼頃には下山できるし、ちょうどよいのではないだろうか。
のんびりと花でも観賞しながら歩いてみようということで、前夜に山行が決まった。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

西吾野駅から歩き始める予定だが、この駅には駐車場がない。そこで下山予定の正丸駅の駐車場に車を止めて、西吾野駅まで電車で移動する。 西武秩父線沿線で車の場合は、このパターンが多くなるが、電車が1時間に2本程度しかないため、つい時間が気になってしまう。 時間調整ながら正丸駅に向かったのだが、前を走る車がのんびりしているため、駅には到着した時には出発の5分前となってしまった。微妙な時間だが、慌てて靴を履き替え、機械式の駐車場料金を支払い、駅へダッシュ。出発1分前にホームへ滑り込みなんとかセーフ。
電車に乗り込むと上り電車の乗客は疎らだった。椅子に座るが息つく暇もなく隣駅の西吾野駅に到着した。下車したのは私一人。取り敢えず椅子を腰掛けて靴紐を締める。
3年ほど前にも慌てて電車に飛び乗り、ちょうどこの駅で車のカギがないと大騒ぎしたことがあった。
そんなことを思い出し、ホームの椅子に座って荷物のチェックをしていると、駅員さんは私がホームから出るのを待っているようだった。のんびりは出来ない。 急いで駅の改札を出て、改めて荷物の確認をする。特に問題はなかったようでほっとした。
先日、知人からお土産で万能の塗り薬をいただいた。虫よけ効果もあるということなので、さっそく素肌に入念に塗ってみた。そして顔にも塗ったが、顔はやけどしたみたいにヒリヒリして大変だった(笑)
しかし、鬱陶しい小さな虫たちは近寄ってこなかったので、効果はあったようだ。改めてありがとうございました(^^)
さて、準備運動も済ませて、しばらくはR299を正丸方面へ向かう。隣に流れる高麗川を覗き込むと、10cm程度の魚がいっぱい泳いでいる。稚鮎と思われる。川底の岩を見ると苔が削り取られたような跡がある。あゆの仕業と思われるが、苔を食べるのは成魚になってからだったかな??
しかし、まだ7時過ぎだというのに、立っているだけで汗が滴るほど、むし暑い。。。
子の権現に向かう道に分かれて民家が立ち並ぶ街道を進む。 右画像の分岐を右に曲がり花桐街道へ進路を変える。

地元の氏神様であろう諏訪神社に立ち寄ってみた。神社に漂う厳かな雰囲気がひんやりした涼しさを誘う。ついでにお参りもしておこう。
げぇ!畑に場違いな人がいる。と思ったらマネキンだった。。。(^^;
人であれば遠くからでも気配を感じるものだが、近づくまで全く気付かなかった。それにしてもリアルで怖すぎる。。。
夜だと確実に幽霊と勘違いしそうだ!
いや、実は心霊写真なのかもしれない(^^;)
さて、駅から1時間も歩くと林道も終わった。

いよいよ花桐川ルートの始まりである。イワタバコは序盤に登場するとあったので気を付けて歩こう。

何度か渡渉を繰り返す。堰堤の手前、右岸に広がる岩壁を見ると岩肌から葉が出ている。よく見ると小さな花が咲いているのが分かった。

どうやらイワタバコの群生地にたどり着いたようだ。花というよりと葉の方が目立つので、意識していないと気付かないような花だ。

リュックを置いて休憩がてら早速写真を撮り始める。

時期的にもちょうどよかったのではないか。花を観賞しながらおにぎりをいただく。

苔むしたなかなかよい雰囲気。

汗は止まらないが、川のせせらぎがなんとも心地よい。

所々、テープはあるが、踏み跡を探して沢を徒渉しながら先へ進む。

右岸を見上げるとオレンジ色の彼岸花のような花が咲いている。あれがキツネノカミソリのようだ。リュックを置いてよじ登ってみよう。

狐の剃刀とご対面。曼珠沙華の仲間だけあってよく似ている。

結構、急な斜面に咲いているので、バランスを取るのが大変(^^;)

とりあえずイワタバコとキツネノカミソリには出会うことができた。
続けて花桐川ルートを登りつめて伊豆ヶ岳を目指そう。

それにしても苔むし具合がよく、歩く人も少なそうだし、テープの類もうるさくなく、期待以上に良いルートだ。

沢も涸れ、伊豆ヶ岳に近づくと徐々に傾斜も増してきた。

伊豆ヶ岳山頂までの標高差300mは急登が続く。ふみ跡を見失い、画像の斜面を無理やり九十九折に登り進んだのでバテバテだった。
後半になってふみ跡を見つけたけど、ふみ跡を伝うのと、こんな斜面をよじ登るのでは疲労度が全然違う(^^;)
伊豆ヶ岳に到着。山頂には3名ばかり休んでいたが、こちらと入れ替わりに移動された。
上半身が汗でびっしょり。徐に上着を脱いで岩に広げた。5分もすれば乾きそうな暑さが、時よりそよ風が吹くので、日陰にいると意外と涼しい。ズボンも脱ぎたくなったが、そこは我慢して岩に寝転んでしばし休憩。
人の気配がしたので、慌てて上着を着なおし、正丸峠へ向った。30分ほど歩くと正丸峠に到着した。この峠は風がよく抜けるところで、終始、風が吹いて涼しい。
ハイカー、サイクリスト、ドライブ客などひっきりなしにやって来ては、峠に建つ奥村茶屋に立ち寄っていく。
今回は奥村茶屋で食事をとる予定でいたので、ざるうどんを頼んでみた。 しかしこんなにも涼しいとは思わなかった。汗に濡れた体に、そよ風はひんやりと寒いくらいだ。下界では35度を優に越しているのだろう。ここは標高で600m程度だが、避暑には良い。
店のテレビではリオオリンピックの映像が流れていた。俗世から逃れたくて山の中をうろついているのだが、つい現実の世界に引き戻されてしまう(^^;)
それと店のおばちゃんのセールスが上手い。茶屋に入っている客層を見ては、食事や土産、若いドライバーにはステッカーなどをしきりに勧めていた。

食後、冷たいコーラを飲んでゆっくり休み、次は旧正丸峠へ向かう。 川越山山頂直下の急登を息を切らしながら登りつめる。

川越山を過ぎると正丸山までなだらかな登山道を進む。

正丸山を越え、旧正丸峠まで急斜面を下ると前方から手ぶらのハイカーさんとすれ違った。
旧正丸峠に到着。ここは、その昔、甲斐国と武蔵国を結ぶ秩父往還が通じていたことでも知られる。当時は両国の往来で多くの人に歩かれたのであろう。実は1月にも来たことがある。そのときは松茸山などというマイナーな山を目指してどんでもない目に遭った。
今回は素直に秩父往還を通って正丸駅を目指す。
ほどなく正丸峠に通じる林道に出る。走り屋のような車やサイクリストが頻繁に通っていた。
林道を横切り山道に戻ると、じきに山の神が祀られた岩場を通過する。

横に沢が現れた。少し広いところでリュックを下ろして、冷たい沢の水で汗を流した。

前方からMTBがやってきた。器用に乗りこなしながら登って行った。
苔むした石仏

山道も終わり集落に出た。すでに時間はお昼過ぎ、くらくらするほどの直射日光がきつい。。。
民家の石垣にシュウカイドウ(秋海棠)や野の花が咲いていた。八坂神社を過ぎるとR299もほど近い。
R299に出た。あとは道沿いに正丸駅へ向かうだけ。道端には秋桜やタマアジサイが咲いていた。秋海棠や秋桜など秋を冠する花が咲いていたが、どうやらこの日が立秋ということで、暦のうえでは秋が始まったということだ。下界はじりじりするほどの暑さだが、あと2週間程度で飽きっぽくなるのであろうか。