ツツジを楽しみに金尾山と羅漢山へ行ってきた
日 程
2016年4月29日(土) 天気:晴れ
山 名
金尾山(229m)、羅漢山(247m)
コース
金尾山つつじ園駐車場(12:00)→金尾山(12:07)(探索)→金尾山つつじ園駐車場(12:21)→(車移動)→少林寺(12:32)→羅漢山(12:48)→御嶽山(12:59)(探索)→少林寺(13:16)→(車移動)→鉢形城歴史館(見学)
コース図
駐車場
温泉他

山行記

この日は山登りというほどの事はなく、どちらかというと散歩に近い。ツツジの写真を撮ったり、その他課題をこなすために寄居近辺を走り回った。
まずは金尾山またの名をつつじ山へ向かう。
この山は鉢形城の西方の守りの支城要害山城だったということだ。今も随所に遺構や旧跡が残っているらしい。その辺のところも見てみたいが、今日はそれが目的ではない。つつじの名所として、4月中旬から5月初旬にかけ山は緋(あか)の衣を着けたような素晴らしい眺めを期待してきたのだ。
なので、山歩きの恰好ではなく観光モードで臨んだ。入口で活動協力金200円を払いポストカードをいただき入山。しかしツツジのほうはすでに盛りは過ぎてしまったようだ。
ここに咲いているのは山ツツジ。もう1週間ほど早ければと少し残念だったが、山頂からの展望は思いのほか良かった。
全山で約2.7ヘクタールに約5,000本のつつじが植えられている。地元の方が整備しているお蔭で、きれいな状態が保たれている。ありがたいことだ。ツツジが真っ盛りのタイミングで山頂から眺めてみたい。

そして次は羅漢山のそばにある花園城跡めぐり。先日、たそがれおやじさんが歩かれて、そのうちに後追いしようと考えていた。200mほどの低山なのだが、考えてみれば、確か藪が酷かったような印象だった。一応トレッキングシューズは持ってきたが、藪に突入できる準備をしていなかった(^_^;)
そのため、花園城跡はあえなく断念。 だけど、久しぶりに羅漢山の五百羅漢石仏は見ておきたい。それと羅漢山の近くの御嶽山は全く知らなかった。こちらもたそがれさんの記事で知ったのだが、ついでに見ておこう。
ということで、車で少林寺へ向かった。
9年ぶりの少林寺の五百羅漢石仏。久しぶりに見た羅漢石仏は見ごたえ十分。どの石仏も表情は豊かで楽しめた。それと様々な神様の石碑に囲まれた御嶽山は独特な雰囲気に包まれていた。

アルバム

金尾つつじ山の駐車場は満車のため空いているスペースに停める。入口で活動協力金200円を入口で支払いポストカードをいただき先へ進む。

わずか5分程の歩きで山頂部に到着。寄居方面を見下ろすと、なかなかの見晴しではないか。
山頂に鎮座する愛宕神社。ここの場所は要害山城の二の廓があったようだ。
今日は年に一度のつつじ祭りの日だった(例年4月29日 昭和の日)。

つい先ほどまで愛宕神社の例祭で獅子舞奉納が行われていたようだ。

到着した時には片づけが始まっていた。ちょっとの差で獅子舞を見逃してしまった。残念だけど仕方がない。

山ツツジはあと1週間でも早ければ。。。
さぁ、次は気を取り直して羅漢山へ五百羅漢とツツジを見に行こう。
少林寺の広い駐車場に車を停める。日差しが強く少し汗ばむ陽気に半袖に着替える。
それとわずかとはいえ山道を歩くので、トレッキングシューズに履き替えて出発する。

少林寺の左から羅漢山へ進む。

鐘撞堂山や円良田湖など周辺には見所も多いが、時間がないので羅漢山までの散歩で済まそう。

裏山である羅漢山(247m)の山頂まで五百羅漢の石像が立ち並んでいる。
どの石像も表情が豊か。見飽きることがない。
羅漢とは、仏教の信者の施しを受けた価値のある人という意味だそうだ。

山麓から山頂まで510余体の羅漢石仏があるということだが、これを数えるのは大変そうだ。

わずか12分ほどの登りで羅漢山の山頂に到着。その間に3組のグループとすれ違った。

山頂には釈尊を祀り、脇侍文殊、普賢の二菩薩とその周りに十六羅漢が並んでいるということだ。
こちらのツツジはまだ枯れていなかった。
山頂でおにぎりをいきただ、羅漢山の西側にある御嶽山に向かってみた。左画像の分岐を右へ行くと円良田湖や鐘撞堂山へ向かう。直進方向は案内が出ていないが、そこを真っ直ぐに突き進む。
薄い踏み跡を追っていくと鳥居が現れた。左右にきつねの狛犬が控え、その先の石段を登る。 少々不気味な佇まい。夜は訪れたくない場所だ。
様々な神様が祀られた山頂は少し異様な雰囲気が漂っている。神社の社のような建物はない。昭和初期の石碑が多いようだ。軍神として祀られたのであろうか。東郷平八郎などの石碑もあった。ここは昭和初期の戦勝祈願のために建立されたのであろうか。、
鳥居から西に延びる参道?があった。鳥居の紙垂も新しい。
あまり長居はしたくないので羅漢山へ戻ろう。 次は五百羅漢ではなく、千体荒神の石碑が立ち並ぶ山道を下ってみる。
羅漢山山頂からルートを変えて千体荒神が立ち並ぶ山道を下る。 今も960余の千体荒神が現存しているということだ。
寄進された方の名前を記載されている石碑もあった。 千体荒神は、戦時中、戦場の守護神として、現在は選挙のとき、参拝すると当選間違いなしといわれ、信仰を集めているようだ。

お!たけのこ発見。ちょうど食べごろではないか(笑)
しかし、明日にはとんでもないほど大きくなってしまうのだろう
少林寺まで戻った。登って下りて約40分ほどの歩き。

カエデの青葉がいい感じ。
そして最後は鉢形城歴史館へ。入館料200円を支払って見学してきた。GWまでの間、開催されている「上州合戦〜北条と真田〜」という今流行の内容だ。
ここのイベント展示はついつい寄ってしまう(笑)