越生の虚空蔵尊を起点にふれあい里山ハイキングを楽しんだ
日 程
2016年5月15日(日) 天気:晴れ
山 名
桂木山
コース
虚空蔵尊(13:43)→幕岩(14:12)→桂木山(14:29)→桂木観音(14:38)(8分休憩)→管理小屋(15:14)(12分休憩)→虚空蔵尊(15:43)
コース図
駐車場
虚空蔵尊
温泉他

山行記

日曜日の午後に予定していた用事がなくなり、4時間ほど時間が空いた。空いた時間でやることが無いわけではないが、いつも流れで山歩きに出掛けることにした。往復の移動も考えると、2時間程度で歩ける山がよい。奥武蔵登山詳細地図を引っ張り出して眺めてみるが、これといったコースが思い浮かばない。このような場合の引き出しを作っておかなければといつも思うのだが、こんな時の定番は越生になる。
越生町はハイキングの町として行政が力を入れており、そんなこともあってか、たまに歩きたくなるエリアだ。ただし時間がないので、なるべく楽なコースがよい。越生近辺を見ると、虚空蔵尊を起点に幕岩に上り、それから尾根伝いに桂木観音を巡る周回コースが短時間で歩けそうだ。 今の時季、花も何も期待出来そうもないが歩くだけでも気分が違う。サクッと歩いて帰ってこようと、早速出掛けることにした。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム


虚空蔵尊に到着した。虚空蔵尊さくら公園の駐車場を予定していたが、場所がよく分からない。虚空蔵尊にも駐車場があるが3〜4台ほどの広さか。すでに1台停まっているが、時刻はすでに昼下がり。ここに訪れる人もいないだろうと車を停めて支度をする。まずは虚空蔵尊を見物しようかと考えていたが、見上げる石段は百段以上あるのではないか。登っても戻って来なければならない。山を周回して余力があれば上がってみよう。そんなことを考えていると、桂木観音の方から団体さんが下って来られた。駐車場の車の持ち主のようで、駐車場に着くや否や帰り支度を始められた。
さて、こちらはスタートが遅いので、そそくさと歩き始める。まずは幕岩を目指して西山林道を進む。
下山してきた単独のハイカーさん、そして親子連れのハイカーさんとそれぞれすれ違う。
未舗装路を進むとさくら公園に出た。 ここに探していた駐車場があった。10台くらいは優に停められそうだ。

駐車場の端に案内板があり覗いてみる。まずは幕岩展望台を目指そう。

のんびりと未舗装の西山林道を進む。


弁慶の手玉石というものがある。こんな巨大な岩を手玉に取れる訳がないと思うけど、実しやかに置いてあるのがいい。
その先には鷹の巣の標識があった。周囲を見渡すが何を指しているのかは分らなかった。

前方の分岐に、三脚に長い望遠レンズ付きカメラをこちらに向けて、お二人の方がじっとされていた。 何だが撮影の邪魔しているようで、物音を立てないように静かに進む。上方にカメラを向けて、何かを待っているご様子に、お聞きするとルリを、待っているが全然現れないとのことだ。レンズの向こうに止まり木でもあるのだろうか。鳥のことさっぱりで、ルリがどんな鳥だか、珍しいのかも分からない。ここにいても邪魔するだけなので、先に急ごう。
途中にバクチ岩なる岩があるとのことだったが、分からなかった。 巨大な岩の中腹の見えずらい箇所に穴があり、そこに隠れてバクチをしていたという伝説があるとのことは、後から知ったことだが見てみたかった。

さて、次の分岐に差し掛かった。ここで林道から別れて山に進む。

この近辺はシダ植物が多い。

なかなか悪くはない雰囲気。夏は鬱陶しいだろうけど。

巨大な岩盤が前方に立ちはだかる。これが幕岩のようだ。

歩き始めて30分ほどで幕岩にたどり着いた。
珍しくフタリシズカが咲いていた。

幕岩の展望台には、ベンチがあって休むにはちょうどよい。
誰もいないかと思ったが、予想に反して、アンテナ立てて無線で誰かと交信している方と、カップルのハイカーさんが休まれていた。

歩いていると汗ばむが、じっとしていると風があってひんやりする。 見晴らしはよいのだが、スカイツリーは見えなかった。見晴台で昼食を考えていたが、パスして桂木観音で昼食にしようと、そそくさと歩き始める。

しばらく上ると稜線に出た。
途中で小高いピークに差し掛かった。ここが桂木山のようだが、山名を示す標識などはない。何も知らなければ、ただの素通りポイントだ。

桂木山からは下りとなる。なだらかな斜面を下ると竹藪が見えてきた。桂木観音にたどり着いたようだ。





桂木観音

ここにはお気に入りの展望台がある。特段、展望が素晴らしいわけではないが、ここには自販機とトイレがあり、何だか落ち着ける場所である。
ベンチに座って昼食にしようかと、展望台へ急ぐが、ベンチにはすでに先客いた。

展望台からの風景画を描かれていたので、どいてくれそうもない。しかし空は少し霞んでスカイツリーは見えずイマイチな展望だった。
仕方がない。食事は諦めて戻る事にしよう。
しばらく舗装された林道を下る。

柚子畑へと進路を変える。

シャガ





この辺りは越生ではなく毛呂山町のようだ。しかし道標の数の多さがすごい。これでは逆に分りづらいのではないか(^_^;)
毛呂山町の道標はしっかりしている。

もうこの時間になるとハイカーと出会うことはない。



のんびりと下ると、立派なログハウスが見えた。ボランティアセンターとなっていた。前が広場になっていてる。緑の中で休むにはちょうどよい。
ここで食事休憩を取る。 今回は時短を狙って、戻し1分のこれにした。なかなか美味だったが、汁が辛くて飲み干すのが大変だった(笑)

時刻はすでに15時過ぎ。今日は暑い一日だったが、夏の午後のようなひんやりした空気が心地よい。汗もすっかり引いた。

林道に出るとじきに虚空蔵尊に到着した。 やはり長い石段を見上げるとげんなりする。 石段のところに縁起が掲げられてあった。それによると虚空蔵菩薩は知恵と慈悲が大空のように無限にある仏であり、この社が、能満、智満、福満という三体の虚空蔵尊を祀っていることから、三満山虚空蔵尊ということだ。

縁起を読むとつい興味を持ってしまう。折角だから寄ってみよう。 長い石段はちまちまと登っていると疲れるだけなので、一段飛ばしで上ってみたが、結局疲れることには変わりなかった。段数を数えてみると百八段あった。高尾山などと同じように煩悩の数に合わせたのだろうか。
長い石段を登りきると、一対の牛と虎が出迎えてくれる。虎は分かりにくいが、ここは丑寅年の守り本尊なので、このような狛犬になるようだ。横に沢山のダルマが奉納されていた。ダルマ市としても知られ、三月になるとダルマ市が開かれるようだ。

以上で見学終了。
歩き足りない気もするが、左回りで石段を下り帰路についた。 実は奥武蔵詳細登山地図には、近くに西山富士(盛限山)という山が記載されており、存在は知っていたが、さして興味は湧かなかった。しかし後から調べたところによると、山頂には人口のお鉢(火口)が造られ、木花開邪姫命が祀られており、富士講が盛んな山だったということだ。ついでに寄っておけばよかったと、少し悔いが残る。どうやらバクチ岩と共に課題を残してしまったようだ。また機会があれば歩いてみよう