アカヤシオを見に西上州の毛無岩へ行ってきた
日 程
2016年4月30日(土) 天気:晴れ
山 名
毛無岩(1,300m)
コース
路肩スペース(7:27)→沢コース登山口(7:36)→造林小屋(8:17)→相沢越(9:09)(8min休憩)→毛無岩(9:51)(13min休憩)→毛無岩東のコル(10:19)→路肩スペース(11:50)
コース図
駐車場
路肩スペース
温泉他

山行記

ここ最近、日程を決めても、どの山へ行くかが、なかなか定まらない。行ってみたい山は腐るほどあるにも関わらず、前日の夜にならないと山が決まらないことが多い。
このGWは暦通りの予定。日曜日は予定があるので、土曜日に山へ行くことにしていたが、やはりすんなりと決まらない。この時期は標高2,000mを越すと残雪があるとか、一度登ったことがあるとか、要は言い訳ばかりでなのだ。今回もいくつか候補がある中で、前夜に決定したのは西上州の毛無岩だ。
西上州のバイブルともいわれる「藪岩魂」には、

隠れた岩峰でこの山頂の狭さ、突出感、不安定さ、切れ落ち度、危険度は西上州の岩山でもピカイチだ

と記載されており、以前から気になっていた。
藪岩魂で中級の山として紹介されているということは、一般的なガイドブックでは上級者ルートの部類に当たるのだろう。現に山と高原地図では全行程が破線ルートとなっており、南牧村の山歩き情報でも上級者コースとして紹介されている。
しかし気になっているのは、本書で紹介されているルートではない。過去の台風により道が崩壊しているという沢を登るルートである。
往路は沢を上り詰め、見晴らしの良い岩稜帯を歩き、尾根を下るという山歩きの楽しみが凝縮されたようなルートだ。
このルートは昨年歩く予定でいたが、壊滅してルートは復旧の見込みはなく、遭難の危険度が極めて高いとあり、躊躇してそのままになっていた。 それでも歩いている人は結構いるようなので、今回の山行に踏み切った。 それにGWの真っ只中でもこの山を訪れるハイカーは少ないだろうという読みも、毛無岩に決めた理由の一つである。
しかし駐車スペースは限られているため、早めに行こうと自宅を5時半過ぎに出た。現地まで1時間半程度で到着できるだろうから、7時頃から歩ければと現地へ向かう。久しぶりの関越の下り、早い時間とはいえGWでもあり、結構な台数の車が走っている。帰りは渋滞を覚悟していたが、午前中には下山し、途中で昼ごはんを食べに寄っても上り渋滞は始まっておらず、14時過ぎには帰宅していた。

さて、本日は快晴。空は澄み渡り、この日の山行も西上州の岩峰が連なる絶景が期待できそうだ。
上信越道に入ると前方の荒々しい岩峰群が見られるようになる。実は直前まで裏妙義にするか、毛無岩にするか迷っていた。しかし裏妙義はGWの人出でコース途中で渋滞が発生していそうな気がして止めた。
さて吉井ICの手前あたりから左手の山の上に聳える天守閣を見つけた。あれが吉井城だなぁ。先日メールでご連絡いただいた方が、オススメということでご紹介いただいた牛伏山のようだ。上信越道が開通して以来、何度となく通っているが、あんなところにお城があるなんて全く気付かなかった。天守閣の歴史的価値はないということだが展望は良さそうだ。機会があれば歩いてみたい。

さて山の景色を楽しみながら車を進めると、いつの間にか下仁田ICに近づいていた。慌ててICを下りて、南牧方面へ向かう。2年ぶりの県道93号線。周囲に見える目を瞠るような岩峰にテンションも上がってきた。前方には西上州のマンハッタンと呼ばれる翠岩と大岩が見えた。仲庭で右折すると、一際存在感を放つ岩峰が眼前に現れた。あれが毛無岩かと思ったが、後で調べたところ上州のドロミテの異名を持つ立岩という岩壁の山らしい。 次から次へと続く特徴的な岩峰に西上州にいることを実感する。

紫色のログが私の辿ったルート



昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

前方に見える立岩を毛無岩と勘違いして、あんなところを登るのかとビビりながら車を進めると、じきに道場集落に到着した。 車を停める場所がよく分からない。バス停手前の広いスペースに他県ナンバーの車が停まっていたので、その後ろに停めて歩き始める。沢に架かる鉄橋を渡る男女のハイカーが目に付いた。沢を渡るということは尾根コースを進むのだろう。
こちらは沢ルートなので右岸を真っ直ぐ進む。道場神社を通り過ぎると、少し広いスペースに2台の車が停まっていた。浄水施設の横を過ぎる。ここまで沢に下りる道が2箇所ほどあった。沢を何度か渡渉するはずなので、すでに沢に下りてなければならないのか、多少不安になるが、じきに未舗装路に変わる。
前方に群馬山遊会の登山口を示す標識を見つけた。その先は斜面を九十九折に踏み跡が続く。ルートは間違いないようだ。それに古い赤テープが続いている。とりあえず一安心。

しばらく進むと沢に出た。周囲を見渡すと、前方に赤テープと岩の上にケルンがあった。水量は多くない。岩を伝わりながら渡渉する。

序盤でへつるような箇所があった。トラロープが渡してあり足場に気をつければそれほど難しくない。この沢ルートでロープを見かけたのはここだけだった。

沢の右岸左岸を行ったり来たり。途中に現れる小滝を眺めながら進む。
じきに右岸尾根を九十九折りに上ると辺りは新緑に包まれ、山ツツジも目に付くようになる。

植林の中でヒトリシズカが群生している箇所があった。ここでしばし休憩する。

沢に下りてケルンを見ながら歩いていると、前方にまたもや山遊会の標識を見つけた。
ここは二股になっており、沢は左右に分かれる。ここは向かって右の沢が正解。右画像は左側の谷。こちらへ進んではだめ。

右へ方向転換して見上げると営林小屋があった。

次第に沢が荒れてきた。どうやらこの辺りが崩落地と思われる。確かにルートは分かりづらい。

斜面を巻いた方が楽かと両サイドを見上げるが、しんどそうなのでパス。ルーファンしながら沢を進むが、二股からは基本的に左岸側に踏み跡は続いている。

沢は次第に細くなってきた。また前方に標識を見つけた。
前方に巨大な岩壁が現れた。岸壁の上から細い滝となって流れ落ちている。ここはそのまま進むことはできない。 標識のところから上に向かって踏み跡が続いている。
ここは左岸側を高巻くしかない。植林帯を九十九折に登って岸壁の上に出る。
踏み跡も明瞭で斜面が幅広くなると周囲は明るい広葉樹林帯に変わる。足元にハシリドコロが群生している。

左上方にはイデミ峰がそびえ立つ。上部の方はほんのりピンクに染まっている。アカヤシオが咲いているようだ。
前方に稜線が見えるようになる。
のんびりと歩いてきた。またここまで急な斜面でもなくさほど疲れることなく相沢越と呼ばれるコルに着いた。これで沢ルートはお終い。ここまで誰とも会わなかった。 考えてみたらアクエリアスも一口しか飲んでいないし、多少お腹も空いたので休憩しよう。 休憩しながら周りを見渡すとミツバツツジが所々で咲いている。この稜線は風が強い。ここまでフリースを着ていたが、汗を掻くので、アウタージャケットに着替える。
帽子の紐を締め直して稜線上を毛無岩に向かう。するとじきに毛無岩とその巻道の分岐に出た。ここは当然毛無岩へ。徐々に高度を上げる。日の当たらない場所は霜がおりている箇所があった。

そして待ちに待ったアカヤシオとのご対面。
今シーズン初めてのアカヤシオ。やはり素晴らしい。
写真を撮るのに夢中になり、ペースはダウンし遅々として進まなくなる。そして周囲はいつの間にかアカヤシオに覆われている。まるでアカヤシオの回廊。
アカヤシオの回廊を上り詰めると毛無岩手前のピークに出た。前方から男女のハイカーさんがやって来られた。登山口手前の見かけた方のようだ。沢ルートを登ってこられたのかと尋ねられ、ルートの特に崩落地の様子を聞かれた。

上りと下りでは印象は変わるし、なんと答えたものか、返答に窮してしまった。 終始赤テープがあり、踏み跡も分かりやすく、沢を歩く箇所はケルンがあったり、思いの外歩きやすいと感じたが、あくまでも主観的な意見であり、感じ方は人それぞれなので、安易に答えられない。ただ一度歩くと要注意のポイントは印象に残るのでお伝えした。

さて、ピークを過ぎると、前方に頭をもたげた毛無岩がはっきりそれと認識出来た。

遠目から見る山頂手前のナイフリッジを登るのかとため息が洩れる。風も強いし緊張してきた。

山頂に動く人影が見える。

ズームで撮ってみた。あんな所に立つなんて怖すぎる(^_^;)

一旦ピークから下って毛無岩の山頂直下までやってきた。前方からハイカーさんがナイフリッジを下りてきた。先ほどの写真に写った方だ。 ナイフリッジですれ違うことは出来ないので、下で待つ。そして、本日のハイライト、ナイフリッジの登りが始まる。両サイドは切れ落ちている。特に右側の切落ち度が半端ではない。 周りを見てるとクラクラしそうなので、下は見ないようにする(^_^;)
登ることだけに集中しよう。
上り詰めると枯れ木に山名板が括り付けられていたが、山頂はやけに狭い。藪岩魂に記載の通りだ。