カラマツの紅葉と間近に迫る浅間山を楽しみに黒斑山へ行ってきた
日 程
2016年10月16日(日) 天気:晴れ
山 名
黒斑山(2,404m)
コース
車坂峠駐車場(7:36)→トーミの頭(8:40)(8分休憩)→黒斑山(9:01)(5分休憩)→蛇骨岳(9:33)→Jバンド(10:08)(35分休憩)→前掛山登山口(11:10)→湯ノ平口(11:21)→草すべり分岐(11:59)→トーミの頭(12:03)→車坂峠駐車場(12:48)
コース図
駐車場
車坂峠駐車場
温泉他

山行記

inoue さんから黒斑山に行かないかとお誘いいただいた。
はて、黒斑山?
確か、黒斑山とは浅間山の外輪山だったよなぁ、という程度の知識しかなく、今まで登ってみたいとは考えたことがなかった。 それでもinoueさんチョイスの山で、過去にハズレはない。断る理由は何もなく自分では思いもつかない山に期待が膨らむ。
本当は日本百名山でもある浅間山に登ってみたいが、この山は世界でも有数の活火山として知られ、昨年の6月に噴火警戒レベル2に指定された。そのため、火口から概ね2km圏内は立ち入り禁止となっている。inoueさんからは目的の山だけ告げられてコースは聞いていない。おそらく車坂峠から黒斑山のピストンかなと思っていたら、外輪山から浅間山と黒斑山の間に位置するカルデラを周回するとおっしゃる。
そこは明らかに2km圏内ではと確認すると、小諸市のホームページに噴火警戒レベルが2の場合に立入を認める登山道として記載されていたので、問題はないようだ。とはいえ、火口から4km以内の警戒区域への立ち入りは、自己責任での入山になると注意書きがあったので、心して掛からなければならない。
浅間山に行くことが叶わない今、他の百名山に倣い外輪山の最高峰である黒斑山の頂に立つことをもって百名山をひとつ登ったことにしようと、inoueさんと取り決めた。
しかし、外輪山から見る浅間山は迫力満点。迫りくる威容に圧倒された。普段、目にする優しい印象の浅間山とは大違いだ。 断崖絶壁の外輪山、浅間山のカルデラなどが織りなす壮大で息を呑むような素晴らしい光景が広がっていた。まさか、こんな景観が待ち受けていたとは思いもしなかった。先週に引き続き、天候にも恵まれ、360度の大パノラマも満喫できたし、今回もinoueさんのおかげで満足な山行となった。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム


朝は5時に我が家に迎えていていただき、現地に向かう。上信越道で軽井沢手前に現れる妙義の荒々しい山並みにテンションも上がる。今日は助手席なので、表妙義、裏妙義の景観をじっくりと楽しませていただいた。 そして佐久に抜けると一気に視界が開ける。すると前方に、どこから見てもそれと分かる重厚な浅間山の山容が目に飛び込んできた。 今までは眺めるだけで、さほど気にも留めていなかったが、その山に向かうのは何だか不思議な気分だ。 写真中央左寄りの窪地が車坂峠で標高2,100mに位置する。 そこに車を駐車して歩き始める。 登り始めの標高といい、目的の山の標高といい、前回の天狗岳とほぼ同じ展開だ。

佐久北インターで下りて、車坂峠を目指してチェリーパークラインを登り進む。 標高約2,000mを越えたあたりで、開けた場所に出た。 ひとまず車を停めていただき外に出た。 空気がひんやりして少し肌寒いが気持ちのよい陽気。天候も申し分なく見晴らしも最高。 眼下に見える佐久の市街地の先には、八ヶ岳(右側の山塊)が見える。先週登った双耳峰の天狗岳がよく分かる。富士山もはっきりと臨めた。

横を見ると紅葉が始まりつつあるカラマツの森がいい感じだ。
車坂峠の駐車場に到着した。すでに満車状態。端の空いたスペースに車を停めて準備をしていると、観光バスがやってきた。
中から続々とハイカーが下りてくる。さすが紅葉の時季ならではの現象か。

山道も黄色に染まり始めて秋らしくなっている。
前方の一番高い所が黒斑山だろうか。しばらく登り進むと避難小屋に出た。これは噴火対策のものだろう。

外輪山の稜線に出ると前方にどっしりとした浅間山が現れた。前方のカルデラの先に聳える雄大な風景に目を奪われた。

南の風景。佐久市、小諸市の先に八ヶ岳から奥秩父の山並みがよく見える。そしても富士山も。

浅間山と外輪山の間に広がるカルデラ。左に見える外輪山の稜線上を歩き、突端からカルデラに下りて、カラマツの中を手前に戻るルートを歩く。

幾重にも連なる山並みの奥には2,000mを超える奥秩父の主脈が遠望できる。

西には、穂高連峰を含む南北に延びる北アルプスの山々が連なる。先週に引き続き槍ヶ岳や奥穂高岳がはっきりと認識できた。

富士山のアップ。富士山の手前の右側には瑞牆山、そして左側の高い山は金峰山だろう。ちょこんと突き出た五丈岩が見える。

西上州から秩父まで幾重にも連なる山並み。幻想的でいい感じだ。

北西に見えるのは、剣岳や白馬岳などだろうか。
トーミの頭に到着した。外輪山で一番高い黒斑山も目と鼻の先だ。

外輪山のアップ。すごい迫力。

日本とは思えない見慣れぬ光景に目を奪われっぱなし。この日の浅間山は噴煙が出ていないようだ。

黒斑山に到着。浅間山を眺めながら、少し休憩。

先ほどいたトーミの頭を振り返る。休んでいた時には気付かなかったが、あんな断崖絶壁だったとは。。

外輪山の稜線から剣が峰を振り返る。周囲は色づき始めたようだけど、時期が早いのか、緑も多く中途半端な感じもする。
気持ちの良い稜線を進むと蛇骨岳に到着した。

北の展望が開けた。田代湖の先に四阿山が見える。

草津白根山や苗場山、谷川岳が遠望できる。男体山や日光白根山など日光方面の山々も遠望出来た。
仙人岳を通過。結構、ハイカーが多い。

下に見えるのが、これから向かう浅間山のカルデラ。賽の河原と名付けられたところだ。

間近に見る浅間山は迫力十分。右側に見えるピークが前掛山。右下から左上に続く登山道が見える。
このように山頂部が丸裸の山は珍しい。他は富士山くらいしか知らない。
外輪山の折り返し点にあたるJバンドに到着した。見渡す限りの眺望を楽しみながら、食事休憩を取る。しばし贅沢な時間を過ごす。
浅間山のカルデラへ下りる。

先ほど歩いた稜線を見上げる。この辺りのカラマツも色づき始めている。
写真を撮るのに夢中で、inoueさんに置き去りにされているヤツ(^^;)

外輪山を見上げる。カラマツの黄色がいい感じ。

カラマツの紅葉。いいねぇ〜

こちらもいい感じ(笑)

ここは2km圏内ではあるが、歩行が許されている場所だ。
見上げる巨大な浅間山はカメラのファインダーに収まらない。右側にある巨大な噴石は、まるで隕石みたいだ。
足元には軽石が多い。外輪山と浅間山に囲まれたこの場所は独特な雰囲気が漂う。
前掛山に続く分岐。ここから先は立入禁止。その先へ進むと草すべりと浅間山荘を分かつ分岐に出た。ここは草すべりに向かう。

この斜面を登って外輪山の稜線に戻る。所々、ハイカーが見えるのでルートは分かる。かなり急な斜面だ。

まだ、緑も多いが薄く黄色に染まった浅間山はいい感じ。
草すべりと呼ばれる急斜面。その名のとおりの急な斜度だ。こんな箇所があるとは思わなかったので面を食らった。
登るにつれて斜度が上がる。転んだら下まで転げ落ちそうだ。しんどくて汗が止まらない。さすがに途中で暑くなってフリースは脱いだ。
相変わらず健脚のinoueさん、次から次へと抜きに掛かる。何とかくらいついていくと、標準コースタイムで1時間20分を40分で登っているし、早すぎ。。(汗)
外輪山の稜線に戻り、トーミの頭で休憩する。トーミの頭は先ほどよりも多くのハイカーで賑わっていた。
すでに12時だというのに、登てくるハイカーも多い。黒斑山のピストンなのだろう。すごい人気の山だ。しかし人気なのもよく分かる。
そして、余談だが今回新調したオスプレーのリュックはなかなか良い。

復路は車坂峠まで中コースを進む。
こちらのルートのほうが歩きやすい。直に車坂駐車場に到着した。

帰りに立ち寄った温泉から黒斑山と浅間山を望む。全開の紅葉にはまだ少し早かったようだが、天候にも恵まれて最高の一日を過ごすことが出来た。