巻機山のニッコウキスゲは良かったけれども。。
日 程
2016年7月10日(日) 天気:晴れ
山 名
巻機山
コース
桜坂駐車場着(7:30)→五合目(8:18)(3min休憩)→六合目(:)(min休憩)→前巻機山(10:19)(5min休憩)→巻機山(11:07)(45min休憩)→前巻機山(12:20)→五合目(13:44)(10min休憩)→桜坂駐車場着(14:30)
コース図
駐車場
桜坂駐車場
温泉他

山行記

今回はinoueさんと昨年の那須岳以来の山歩き。向かった先は日本百名山の巻機山。
先月、谷川近辺を歩いた際、ジャンクションピークから延びる稜線の先に雪を纏った巻機山の山容が印象に残っていた。
実はこの山は昨年の11月頃にinoueさんと歩く予定であったが果たせずにいた。そして今回は高山植物と多少の涼しさを期待して行ってみた。
朝5時に我が家に迎えに来ていただき、関越に乗って一路湯沢方面に向かう。天候は曇り空から次第に晴れ渡ってきた。今日も展望が期待出来そうだとほくそ笑んでいると、湯沢と六日町間は雨だと高速の案内板が示していた。まさかこんなに晴れているのにと、関越トンネルを抜けるとそこは雪国ではなく、かなり強い降雨に唖然とした。こんな雨の中を歩きたくないなと思いつつ、取り敢えず登山口に向かうが、塩沢石打インターから高速を出る頃には雨もすっかりと止み晴れ間も出ていた。 山歩きで現地に近づくと雨が止むというパターンは結構多く、これも自称晴れ男パワーのお陰かと、一人自己満足に浸る(笑)
それでもこの時季、山道はまともであるはずがない。案の定のドロ道に歩き出して早々に洗礼を受けてしまった(^^;
しかし山上は楽園のようだった。
麓は暑くて仕方がなかったが、山頂部では下界のような蒸し暑さはなく、時折吹く風も涼しくて過ごしやすかった。また展望も素晴らしかったが、ニッコウキスゲを始めとする高山植物も見応えがあって最高だった。
それと間近に谷川岳馬蹄形縦走路を見て、無意識のうちに忘れ去ろうとしていた辛い思い出が脳裏に蘇ってきた。やはり再チャレンジしなければならないのか。

紫色のログが私の辿ったルート



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

駐車場は先ほどまでの雨でびっしょりだが、ひとまず雨の心配はなさそう。 駐車場は結構空いていたが、歩きだす準備をしていると次から次へと車がやってくる。さすが日本百名山といったところか。
登山口にはやたらと注意の案内が多い。それによるとヌクビ沢と天狗尾根のコースはそれぞれ入山禁止とあった。

今回は谷コースを歩く気はなく、危険は避けましょうということで、井戸尾根コースのピストンとする。
しかし尾根ルートもなかなか手強かったというか、途中で非常に悲惨な目に遭ってしまった(^_^;)
歩き始めてすぐにクヌギ沢と尾根ルートの分岐に着いたが、右の井戸尾根コースへ向かう。
ここから井戸尾根コースが始まる。

山道ではinoueさんが先となり、軽快にぐんぐんと進んで行かれる。

こちらは歩き始めの30分は決まって息が切れるので、のんびりペースで進む。
やはり降雨の影響で尾根道はドロドロで滑りやすい。今日は大変な歩きになりそうな予感(笑)
鬱蒼とした樹林帯は日が当たらず、滑る足元に帰りが思いやられると、少々うんざり気味で歩いていた。
五合目にたどり着いた。ここは少し広く3名ほどのハイカーが休んでいた。上空はガスって巻機山方面は見えなかった。

五合目からは多少なだらかになったようだ。息もだいぶ落ち着いてきた。
さぁ、inoue さんに追いつけとばかりにペースを上げようとした矢先、バランスを失って思いっきり滑ってしまった。。。
そして右半身が泥の中に沈む。。。
ズボンの右足は裾からお尻まで、泥がべっとりと付着している。 リュックも右側に泥が。。。
一昨日購入したおろし立ての上着は泥ですっかりと色が変わってしまった。。。(^^;)
そして、首からぶら下げたカメラも泥に沈没。。。

あまりの出来事にしばし呆然。
子供の頃にもこんなに泥だらけになった事は記憶にないというほど、泥まみれになってしまった(笑)
へばり付いている泥だけでも落とさなければと、ドロドロになった軍手で、ズボンと上着の泥を落とすが、余計に酷くなってしまったようだ(^^;
それとカメラの泥を恐る々々落としたが、一応機能する事が確認できてほっとした。
何だか一気にテンションも下がり帰りたくなった。一人だったらそのまま下山していたかもしれないが、そういうわけにもいかない。じきに乾くだろうと取り直して先に進む。
しばらく進むと見晴らしの良さそうな場所に出た。すでにその場に到着されていたinoue さんは私の格好見てびっくりされていた(笑)
他にもハイカーが休まれていたが、思いっきりやりましたねとすっかり注目の的(^^;
ここからは割引岳が見えるのか、ガスって何も分からないが、こちらはそれどころではない。

相変わらずinoue さんのペースは早く、歩き始めてじきに姿が見えなくなる。さすがトレランをやられているだけのことはある。 それとも置いてけぼりにされるのは、こんな汚れた汚い奴とは、一緒に歩きたくないからだろうか。きっと後者に違いない(笑)
森林限界を超えたところが1,564m辺りだろうか。一気に視界が開けた。ここでリュックを外して腰を下ろす。

しかし暑い。 熱中症にならないように栄養補給と水分を意識して取る。そして日焼け止めも塗る。 おにぎりを食べながら休んでいると隣に若い山ガールがやって来られた。市内から来られた地元の方で、泥だらけの私を見てもさして驚かず、私なんかしょっちゅうですよと、何だか勇気づけられるお言葉。単純な私は俄然歩く気になった(笑)

ガスもなくなり青空が広がってきた。振り向くと谷川岳や大源太山がはっきりと認識できるようになった。

駐車場から1,000m程登ってきた。今まで歩きて来た井戸尾根を見下ろす。

しばらく急登が続くが、少しだけドロドロ道から解放された。ズボンの泥もだいぶ乾いてきた。

そして辺りにはニッコウキスゲがちらほらと散見されるようになった。

しばらく木段が続く。この期に及んでの木段は結構きつい。

急坂を登りつめると稜線に乗った。前方に尖った割引岳が見える。

この辺りはニッコウキスゲが結構咲いていた。 すでに標高は1,800mを越えている。日差しは強いが、時折吹く風が心地よい。

ハクサンシャクナゲも咲いていた。
ニセ巻機山でinoueさんがカメラを構えて待ち構えている。汚い姿を撮らないで!(笑)

inoueさんからいただいた写真に写っている汚いヤツ(笑)
とはいえだいぶ乾いて泥は落としているけど、意気消沈しているようにも見える?(笑)

右側に見える一番高いピークが巻機山。左側から稜線を歩いて向かう。

割引岳に向かいながら、一旦下る。
あちこちでイワイチョウやタテヤマリンドウが咲いており、気になってしょうがない。歩く速度が益々落ちていく。

昔、歩いた会津駒ケ岳にも似た雰囲気。山上の楽園。
まだ、ワタスゲは中途半端な状態だけど、これから増えるのだろう。

立派な巻機山避難小屋。
小屋の隣に、ハクサンシャクナゲが綺麗に咲いていた。

避難小屋で休む間もなく、先へ進む。
お花畑。